タイトル画像

2018年11月12日放送のレシピ

ホタテ貝のタルティーヌ

シェフ:ランベリー 岸本直人さん

材料

  • クレソン1束
  • たまねぎ4分の1個
  • フランスパン(バタール)2分の1個
  • オリーブオイル大さじ3
  • ホタテ(殻つき)3個
  • あら塩適量
  • にんにく1片
  • ミニトマト3個
  • 赤ワインビネガー適量
  • レモン2分の1個
  • 昆布茶適量

作り方

  1. クレソンは、シャキっとするように 氷水に浸しておく。
  2. たまねぎをみじん切りにして、ザルに入れ、水にさらす。
  3. フランスパン(バタール)は半分に切り さらに縦に1センチ幅に切る。
  4. フライパンにオリーブオイルを入れ ごく弱火で加熱し、皮をむいて4分の1に切ったにんにくを2つ加え、香りが出るまで、ゆっくり加熱する。
  5. にんにくの香りが立ってきたら、(3)のフランスパンをフライパンに入れ、きつね色になるまで、じっくりと両面を焼く。
  6. ホタテは、殻を開き、貝柱を殻から外す前に、まずひもの部分を外す。殻付きのまま水で洗ってから、貝柱を殻から外し、水けを拭いて、白い硬い部分を取り除く。(殻に付けたまま、ひもを引っ張ると取りやすい)
  7. (6)の貝柱は、8幅程度に4枚に切り、網を敷いたバットに並べて、片面にあら塩を少しふり、冷蔵庫で冷やしておく。
  8. (5)のフランスパンは、両面が焼けたら、網を敷いたバットに並べて、余分な油をきっておく。
  9. ミニトマトを5ミリ幅に輪切りにし、赤ワインビネガーを適量ふりかけておく。
  10. (8)のフランスパンの上に、(7)のホタテの貝柱、(9)のミニトマト、(1)の水をきったクレソンの順に乗せて、さらに(2)のたまねぎをひとつまみふりかけ、上からレモン適量を絞り、昆布茶を少々ふりかけたら、出来上がり。