午後まりブログ

2014年5月 7日

2014年05月07日(水)『10秒の宇宙で繰り広げられるドラマ』

大型連休明けの午後のまりやーじゅ。オープニングトークの連休の過ごし方に関連して、「まっちゃんて、休みに海外のリゾートとかに行くイメージってないよね」と突っ込むと、「休みはもっぱら国内。山口の実家に変えるくらいかなぁ。やっぱり、あの番組がトラウマになってるんですかね…? 成田空港に行くとドキドキしちゃうんですよ(苦笑)。なんで芸能人はプライベートの時まで海外に行くの?と思っちゃう…」と意外な理由を明かしていました。

「らじる出会いマップ」は今回の更新で、石川県が100%を達成しました! これで100%を達成しているのは栃木県、群馬県、新潟県、富山県、愛知県、愛媛県と合わせて7県になりました!! 日本地図もだんだんと桜色に染まってきましたね~

残り1か所で100%達成するのが宮城県、残り2か所が山口、鳥取、岡山。あと3か所で100%達成するのが秋田、茨城、千葉、神奈川、福井、広島、長崎。4か所が岐阜、島根です。

この地図は、ごごまりのホームページ、トップページの左下にある「らじる出会いマップ」のリンク先から見ることができます。「あれ、私の町からはまだお便りが送られていないみたい!?」という方、どんどんお便りお寄せください。

 

トークゲストは今週のテーマ「旅のだいご味」にちなんで、駅で電車の発車を知らせるメロディ(駅メロ)を数多く手掛ける作曲家・編曲家の塩塚博さんでした。

JRのほか、京急、東京メトロ、関西の山陽電車など全国200以上の駅のホームに作品を提供している塩塚さんですが、音楽家としての原点は無類のクラシック音楽好きだった父親のおかげで母親の胎内にいるときからモーツアルトやバッハ、シューマンの音楽のシャワーを浴び続けたこと、小学生のときにスパイダースと巡り合い、惚れ込んだことにありました。

その流れで中学時代にはビートルズ、ストーンズ、レッド・ツェッペリン、クリームなどのロックアーティストに傾倒。高校生になると、ロックの源流であるブルースやソウル、ジャズにも興味が芽生え、将来はプロの音楽家になることを心に決めたといいます。幅広いジャンルの音楽を吸収したことが、今の創作活動の支えになっていることは言うまでもありません。

現在の駅メロの流れの発端となったのが、1989年にJR新宿駅と渋谷駅に導入された音楽。国鉄の分割・民営化を一つのきっかけに、新しい顧客サービスの一環として導入された駅メロは、今や私たちの日常生活に深く浸透し当たり前の存在になっています。

塩塚さんが駅メロを作曲するときに心掛けているのは「さりげない緊張感」と「心地よい違和感」。そのために用いるテクニックが「転調」と「偽終止」だそうで、スタジオに持ち込んだギターをつま弾きながら、その効用を解説してもらいました。DSCN4899.JPG「発車メロディは、爽やかに気持ち良く乗車してもらうための音楽ですが、だからといって、あまり気持ち良すぎて右から左へ流れてしまってはいけない。あくまで乗車を促す音楽なので、その中にちょっとした違和感や緊張感を盛り込んで、刺激や覚せい効果を狙っているんです。“あ、電車に乗らなきゃ”という気持ちになってもらうための僕なりの工夫です」。

駅メロの長さは10秒程度。短いながらも起承転結のある「一話完結性」を目指しているそうです。作曲する上での“コンマ○○秒”という制約も、「だからこそ、その中でどれだけのものを作れるか、俄然、燃えてくる」という塩塚さん。ここにもサラリーマンを経て音楽家として独立後、数多くのラジオジングル制作で培った経験が生かされています。

三重県四日市市のラジオネーム【ひでパパ】さんからは「あの短い曲の中に、たくさんのメッセージが込められているのですね~ “10秒の宇宙で繰り広げられるドラマ”といったところでしょうか!?」といった感想メールが届きましたが、「ご当地駅メロ」に企業な他業界などとの「タイアップ駅メロ」などビジネスの面からも今後まだまだ新しい可能性を秘めた駅メロの世界。鉄道を利用する皆さんの「安全」「快適」を前提としながらも、スシ、カラオケ、マンガ…に続くようなクールジャパンの一つとして海外の人にも親しんでもらえるような“エキメロ”文化になっていくのか。今後も駅メロから目が、いや、耳が離せませんよ~

 

今回の「脳内アーカイブス」は1983年から84年にかけて放送され驚異的人気を誇ったテレビ小説「おしん」を取り上げました。当初は、お昼の放送と同じ時間帯に民放で放送されていた「おゆう」を見ていた松村少年が、父親のススメで「おしん」に転向したエピソードや、その人気ぶりを象徴する、当時の中曽根康弘首相の発した例え表現「おしん、康弘、隆の里」、はたまたドラマのナレーションを担当していた奈良岡朋子さんが、どうしても出演したいと脚本の橋田壽賀子に頼み込み、最終回の浜辺のシーンで犬を連れて散歩する人として出演したというエピソードまで、今回も珍情報満載でした。

  • 投稿者:番組スタッフ
  • |19時05分|
  • カテゴリ:

2014年05月07日(水)ごごまりスタジアム

DJのヨシノビズムさんが野球関連の音楽を紹介DSCN4913.JPG

本日はデュエットソングを特集!DSCN4907.JPG

『白いボール』 (王貞治&本間千代子)

『夜明けまでヨコハマ』 (平松政次&加川有希)

『愛を知り、愛に生き』 (若菜嘉晴&秋本圭子)

『巣鴨で逢いましょう』 (角盈男&須賀ゆう子)

『そんなふたりのラブソング』 (落合博満&落合信子)

『魅惑のドレス』 (小早川 毅彦&高橋亜貴子)

『男と女のカットバセ!」 (ジュンとナナ) (ジュン=三沢淳)

『東京恋物語』 (池山隆寛&服部浩子)

DSCN4911.JPG

みなさんいかがでしたか?

来月もお楽しみに

  • 投稿者:番組スタッフ
  • |17時23分|
  • カテゴリ:

2014年05月07日(水)発車しま~す

作曲家・編曲家の塩塚博さんDSCN4893.JPG

発車&駅メロを数多く手がけている鉄のミュージシャン!

  • 投稿者:番組スタッフ
  • |13時38分|
  • カテゴリ:

2014年05月07日(水)旅のだいご味

大型連休明け がんばりまーす!DSCN4884.JPG

みなさんの旅の思い出メール待ってます

 

10ミニッツはEn女医会の久保田明子さんDSCN4883.JPG

「白内障」について教えていただきます

目を守るにはサングラスも必要ですDSCN4887.JPGDSCN4888.JPGDSCN4891.JPG

  • 投稿者:番組スタッフ
  • |12時52分|
  • カテゴリ:

このページのトップへ