前のページへ戻る

キミもレスキュー隊に入隊

音楽を作る・つける

前準備

スクラッチサイトにアクセスして、サインインしよう。
(まだ自分のアカウントを作っていない人は、「スクラッチのはじめ方」にしたがってアカウントを作ってね)
why_programming_2のスタジオ(※NHKサイトをはなれます)を見てみよう。

why_programming_2のスタジオで、プロジェクト「2_1_音楽」を選び、「中を見る」、次に「リミックス」をおして、自分のアカウントにコピーしてね。
(コピーの仕方は「自分の作品を作ろう!リミックス(改造)をする」も読んでね)

ラム

音楽を作る

ALT

「ステージ」の上の緑の旗をクリックして、プログラムを実行!
キラキラ星劇場が始まったわ。でも、音楽も動きもなんか変!プログラムを直していきましょう。
まずは音楽からよ。

ラム

ALT

左下にあるステージのアイコンをクリックして。
右のスクリプトエリアに、ブロックがならんでいるでしょう。
これは音楽を演奏しているプログラム。ステージもプログラムが置けるのよ。
キャラクターに関係なく、最初から続けて実行したいプログラムはステージに置くといいわね。

ラム

音程を決める

ALT

「○○▼の音符を○拍鳴らす」というブロックで、音程と長さを決めて命令しているの。
上から順番に楽器をえんそうするのと同じように音が鳴っていくのよ。

ラム

ALT

60の右にある▼をクリックすると、ピアノのような絵が出てくるでしょう?
「60」という数字は、「真ん中のド」の音程を示していて、けんばんひとつ分ずつ音程が高くなると数字もひとつずつ大きくなるの。
ド   60
レ   62
ミ   64
ファ  65
ソ   67
ラ   69
シ   71
ド   72

ラム

ALT

鳴らしたいメロディーは
ド(60) ド(60) ソ(67) ソ(67)
ラ(69) ラ(69) ソ(67)
1拍休む
ファ(65) ファ(65) ミ(64) ミ(64)
レ(62) レ(62) ド(60)
1拍休む
よ。本当は「ミ」だから「64」になってなきゃいけないのに、違う数字になってるところがあるわ。
探して直してね。

ラム

では、緑の旗をクリックして、プログラムを実行!
正しいメロディーになったかしら?

ラム

ばんそうデータと合わせよう

ALT

画面真ん中の上の方にある「音」タブをクリック。
「キラキラオーケストラ」という ばんそうの音データが入っていることを確かめて。

ラム

ALT

次に「音」から「スクリプト」のタブに切りかえて、ブロックリストの中で、紫色の「音」をクリック。
「キラキラオーケストラ▼の音を鳴らす」というブロックをスクリプトエリアに置こう。
緑の旗でスタートするように「旗マークがクリックされたとき」をその上につける。

ラム

さあ、緑の旗をクリックして、プログラムを実行!
うまくメロディーとばんそうが合ってるかしら?
「テンポを135 BPMにする」というブロックも置いてあるでしょう?この数字を大きくするとメロディーが速くなるし、小さくするとおそくなるの。ばんそうとテンポがずれるようならこの数字を調整してみて。

ラム

アニメーションを音楽と合わせよう

ALT

音楽はカッコよくなったわね。次はダンスをよくしていきましょう。
「スプライトリスト」の「星」を選んで、右側のスクリプトエリアでプログラムを確かめて。

ラム

「ずっと」「次のコスチュームにする」をくり返しているわよね。
これは音楽に関係なくどんどん次の絵に切りかえているから、速すぎるのよ。

ラム

ALT

では、「次のコスチュームにする」の下に「0.25拍休む」ブロックを入れて、数字を「1」拍休むにしてみて。動きを拍子と合わせるために、この「○拍休む」を使うといいのよ。

ラム

では、プログラムを実行して確かめよう。
お見事!星の動きと音楽のテンポが合ったわね。

ラム

今回のまとめ

  • スクラッチでは、ステージにもプログラムが置ける
  • 「○○▼の音符を○拍鳴らす」ブロックで音程と長さを指定すると、音楽がえんそうできる
  • 「○拍休む」ブロックを使うと、命令のタイミングを音楽と合わせられる

今回のリミックス

「楽器を4▼にする」ブロックで、4番のギターが指定されている。これをちがう楽器にして、ふんいきを変えてみよう。