ドラマロケ地「奥飛騨温泉郷と神岡町」の魅力

旅館「飛騨宝人」の社長 森田哲治が語る「奥飛騨温泉郷」の魅力

奥飛騨温泉郷は、岐阜県高山市の山間部に点在する温泉地です。平湯・福地・新平湯・栃尾・新穂高の五つもの温泉地があります。奥飛騨温泉郷全体では大分県の別府、湯布院に次いで湯量が多いんですよ。
露天風呂もたくさんありますし、なんといっても北アルプスの美しく雄大な自然が魅力です。

奥飛騨温泉郷の泉質は透明で癖のない単純泉や炭酸水素塩泉が主体ですが、温泉地や宿によって泉質が少しずつ違うので、何度訪れていただいても飽きることはありません。入り比べてご自分の好きな温泉を見つけていただきたいですね。

平湯温泉

武田信玄の家臣が発見したと伝えられ、最も長い歴史を誇ります。

福地温泉

伝統的な建築の宿も多く、静かに楽しめます。

栃尾温泉

民宿を中心に家庭的な宿があり、
親しみやすい雰囲気を楽しめます。

新平湯温泉

平湯温泉に次ぐ規模を誇ります。
奥飛騨随一の名水「タルマ水」が湧き出ています。

新穂高温泉

山々が間近に迫る温泉郷最奥の温泉。
北アルプス登山の玄関口です。

木工所の所長・奥飛騨の宝を見つけるアイデアマン 小谷良夫が語る「神岡町」の魅力

神岡は豊かな湧水に恵まれる水がきれいなところです。
過去、鉱山の街として栄えていた趣きが今も残っています。
昭和の懐かしい雰囲気を街のいたるところに感じることが
できるので、のんびり街歩きをしてみると楽しいですよ。

神岡トンチャン
飛騨神岡ラーメン

グルメもあります。なかでも人気なのが、
「神岡トンチャン」「飛騨神岡ラーメン」です。

「神岡トンチャン」は神岡で古くから鉱山の労働者に親しまれてきたソウルフード。
牛のホルモンを唐辛子やにんにくが入ったみそベースのタレで味付けし、キャベツや玉ねぎなどの野菜と一緒に鉄板で焼いたスタミナ料理です。タレがやみつきになります。
「トンチャン」なので豚と思われるかもしれませんが、牛のホルモンです。しかも飛騨産の牛ですよ。

「飛騨神岡ラーメン」は牛骨スープを使っているしょうゆ味のラーメン。「ラーメン」というよりも「中華そば」という言葉が合いますね。昔ながらの中華そばです。薄口しょうゆを使っていて、シンプルであっさりとして、美味しいですよ。

TOPへ戻る
※NHKサイトを離れます