2018年4月23日観光列車「ながら」の新型車両が運行開始!

はじめまして!浅野夏実です。
今月から夕方の新番組「まるっと!ぎふ」を担当しています。
キャスター1年目、この番組も1年目ということで、フレッシュに楽しく情報をお届けしたいと思っています。
よろしくお願いします。


さて、今月18日に、長良川鉄道が運行している観光列車「ながら」に新型車両が追加されました。
その名も「川風号」!

川風号 車両

これまではシニア層を中心に人気を集めていましたが、家族連れや若い人たちにも楽しんでもらいたいと運行がスタートしました。
運行を前に、一足先に私も試乗させていただきました!


まず、乗った瞬間に驚いたのが、アットホームな内装。

	川風号

工業デザイナーの水戸岡鋭治さんがデザインしました。
天井や床には岐阜県産の木材がふんだんに使われていたり、沿線の工芸品が飾られていたりと、その優しい空間に心がほっとしました。


そして、沿線の山や川の幸がぎゅっと詰められたお弁当。

	川風号 弁当

彩り豊かなおかずに、ふたを開けた瞬間つい笑みがこぼれてしまいました。
アジメドジョウの生姜煮やなまずの昆布締めなど、
ここでしか食べられないものばかり。
たまご焼きにはコラーゲンが使われているなど、一品一品にシェフの工夫が感じられ、
とてもおいしくいただきました。


最後は、なんと言っても車窓からの絶景!

	川風号 景色

太陽の光をたっぷりと受けてキラキラと輝く長良川を見て、海育ちの私は、川ってこんなにきれいなのか! と興奮してしまいました。
景色のよいところでは、徐行してくれるので、のんびり車窓の風景を楽しむことができますよ。


約1時間の列車の旅で、岐阜の魅力を存分に満喫することができました。
季節ごとに違った景色や旬の食が楽しめるそうなので、次は家族と行きたいです。
みなさんも川風号とともに、特別な旅を味わってみてはいかがでしょうか。


(運行区間:関駅から郡上八幡駅。料金大人6000円、小人5000円。
詳しくは長良川鉄道ホームページまで。)

▲ ページの先頭へ