放送予定
メニュー
毎週 月-木曜 放送 総合 午後7時30分-午後7時56分 [再放送] 毎週火-金曜 総合 午前0時10分-午前0時36分(月-木曜深夜)

放送予定

No.3626
2015年3月4日(水)放送
預金が消える ~ネット決済の新たなリスク~
閉じる
 
 
出演者 森井 昌克 さん(神戸大学大学院教授)
ジャンル 経済社会問題事件・事故
ATMや銀行窓口に行かなくてもいつでも振り込みや残高照会などができるインターネットバンキング。手数料が安いこともあって利用者が増え続ける中、知らない間に預金が何者かに送金され奪われる被害が相次いでいる。去年1年間の被害額は過去最悪の29億円とわずか2年で60倍に急増。安全であるはずの預金が脅かされる事態に、警察は危機感を強めている。一方、2千万円の被害を受けた中小企業が補償を求めて銀行を訴えるケースも出てきている。金融機関の間では被害の拡大を防ごうとさまざまな模索が始まっているが、利便性と安全性の両立は容易ではない。被害をどのように防ぎ、預金を守るのか。高度化するサイバー犯罪が社会に突きつける新たな課題に迫る。
No.3627
2015年3月5日(木)放送
子どもの心が“折れて”いく ~震災4年 被災地からの報告~
閉じる
 
 
出演者 本間 博彰 さん(宮城県こども総合センター所長 児童精神科)
ジャンル 災害教育
関連タグ 学校ストレス心の傷復興支援
震災直後、深刻な被害を受けた被災地の子どもたちに急増したPTSDなどの心の病。時間の経過とともにそうした症状は改善傾向にあったが、4年経った今、別の形で異変を訴えるケースが出てきている。その背景にあるのが、子どもたちの「頑張り疲れ」。家族を心配させたくないと、自らの心の傷を封印し、頑張ってきた子どもたちの心が限界に達しはじめているのだ。また、震災の恐怖を言葉にできなかった幼い世代の子どもたちが、はき出せなかった思いを抱え込んだまま、精神状態が不安定になったり、不登校になったりするケースも相次いでいる。震災から4年を経て現れはじめた新たなSOS。専門家は「震災による“余波”の影響が出始めた」と指摘する。NHKが被災地の小中学校に行ったアンケートでも、今後こうした問題がさらに深刻化するのではないかと懸念する声が相次いでいる。いま、被災地の子どもたちの心に何が起きているのか伝え、社会がどう支えていけばいいのか考える。
▲このページトップに戻る