放送予定
メニュー
毎週 月-木曜 放送 総合 午後7時30分-午後7時56分 [再放送] 毎週火-金曜 総合 午前0時10分-午前0時36分(月-木曜深夜)

放送予定

No.3491
2014年4月28日(月)放送
新型出生前検査 導入から1年 ~命をめぐる決断 どう支えるか~
閉じる
 
 
出演者 齋藤 有紀子 さん(北里大学准教授)
ジャンル 自然・科学医療・福祉
妊婦の血液を採取するだけで、胎児に異常があるかどうか調べられる新型出生前検査。昨年4月の導入から1年。従来の方法に比べ、流産のリスクがなく精度も高いため、当初予想をはるかに上回る8000人近くが受診した。しかし、課題も浮かび上がってきている。検査の運用に法的な基準がなく、妊婦や家族への検査結果の説明やカウンセリングが病院任せになっている。妊婦の中には聞きたいことも聞けぬまま出産、中絶の決断をしなければならず、悩む人も少なくない。一方ドイツでは、国をあげた議論の末、検査の運用やカウンセリングについて法整備し、支援体制を整えている。新たな検査方法が次々と開発される出生前検査。日本はどう向き合い、どんな支援が必要なのか考える。
▲このページトップに戻る