放送予定
メニュー
毎週 月-木曜 放送 総合 午後7時30分-午後7時56分 [再放送] 毎週火-金曜 総合 午前1時00分-午前1時26分(月-木曜深夜)

放送予定

No.3701
2015年9月7日(月)放送
サンマ争奪戦 日本近海に何が
閉じる
 
 
出演者 宮原 正典 さん(国立研究開発法人 水産総合研究センター理事長)
ジャンル 経済国際生活・食糧
関連タグ 外交漁業危機台湾中国ロシア食品消費資源争奪戦
秋の味覚・サンマに異変が起きている。ここ数年不漁が続き、去年の漁獲量は7年前の6割ほどにとどまっている。要因の一つが海外の船によるサンマ漁だ。どこの国にも属さない"公海"で中国や台湾などの漁船が日本近海に来る前のサンマを"先獲り"しているのだ。さらに今、公海だけでなく、日本の排他的経済水域でも密漁が増えることが懸念されている。このままでは資源の枯渇につながりかねないと、9月3日に東京で「北太平洋漁業委員会」の初会合が開催。サンマ漁を規制するための初めての国際的なルール作りが始まる。日本は将来にわたってサンマを確保できるのか。日本近海で繰り広げられる熾烈な争奪戦の現場と交渉の舞台裏に密着する。
No.3702
2015年9月8日(火)放送
サメに凶暴バチ! 温暖化で危険生物があなたに迫る?
閉じる
 
 
出演者 五箇 公一 さん(国立環境研究所 主席研究員)
ジャンル 社会問題自然・科学環境
関連タグ 生きもの生態系理系遊び温暖化漁業沖縄
記録的な猛暑となったこの夏、各地で巨大なサメの報告が相次いだ。南洋系の大型種による死亡事故は世界で増加し、異例の対応が続いている。気候変動の専門家によると、熱帯太平洋の海面水温の上昇が転換点を迎え、温暖化の影響が今後加速するという。生物相への影響は大きく、猛毒のヒョウモンダコ、SFTSを引き起こすマダニ、デング熱を媒介するヒトスジシマカの分布域拡大が続き、環境省も対策に本腰を入れ始めた。なかでも、中国南部原産のどう猛なスズメバチが対馬に侵入し、生態系を破壊した例では、全力で九州本土への侵入を阻止しようとしている。しかし限られた人員、手立ての中で課題も見えてきた。気候変動とグローバル化がもたらす脅威に、私たちはどう向き合うのかを考える。
▲このページトップに戻る