放送予定
メニュー
毎週 月-木曜 放送 総合 午後7時30分-午後7時56分 [再放送] 毎週火-金曜 総合 午前0時10分-午前0時36分(月-木曜深夜)

放送予定

No.3537
2014年7月30日(水)放送
命を奪う危険ドラッグ
閉じる
 
 
出演者 和田 清 さん(国立精神・神経医療研究センター 薬物依存研究部長)
ジャンル 社会問題事件・事故
関連タグ 犯罪薬物交通事故
先月24日に池袋の繁華街で8人が死傷。今月5日には北区で3人が怪我…。今、危険ドラッグを使用した結果、車を暴走させ、市民を巻き込む事故が急増している。去年、国は危険ドラッグ規制の決め手として、有害な薬物1300種類以上に広く法の網をかける「包括規制」を始めた。しかし、その効果はあまり出ていないばかりか、皮肉にも、規制が強化されることで、さらに複雑な構造を持つ危険なドラッグが次々と開発されているのが現実だ。中毒者の治療にあたる医師は、「未知の化学物質が次々と生まれ、もはや対応できない」と危機感を募らせている。番組は、新たなフェーズに入った危険ドラッグまん延の実態を描くとともに、国がさらなる規制強化に乗り出そうとしている中、どんな対策が求められるかを考える。
No.3538
2014年7月31日(木)放送
男はつらいよ 2014
閉じる
 
 
出演者 伊藤 公雄 さん(京都大学大学院教授)赤坂 真理 さん(作家)
男性の幸福度は、女性よりも低く、特に、妻が主婦の場合、幸福度の差が大きい―。先月、国が発表した「平成26年版男女共同参画白書」。平成13年の発行以来初めて「男性」をテーマにした特集が組まれ、様々なデータをもとに男性の幸福度を分析している。また、各国国民の意識を調べ比較している国際調査で、日本の男性の幸福度は先進国の中で低いレベルにあることが明らかになっている。この調査でも際立っているのが「幸福度の男女差」。その差は、イラクやエジプトなど、男性が戦争や内戦で死と向き合う危険な状況にある国々よりも大きくなっている。いま、なぜ日本の男性は生きづらさを抱えているのか。取材を進めて見えてきたのは、社会の急激な構造変化の中で、古くからある「求められる男性像」と「現実」とのギャップに苦悩する男性たちの姿である。番組では、男の生きづらさを描いて人気を呼ぶ「舞台」に引きよられる人々や、男性専用の悩み相談所に集う人々など、様々な現場をルポ。現代ニッポンで男の幸せとは何かを見つめていく。
▲このページトップに戻る