クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

キャスター

  • 武田真一
    武田真一 close

    武田真一

    熊本県出身。1990年NHK入局。熊本放送局・松山放送局・東京アナウンス室・沖縄放送局を経て、東京アナウンス室。

    10代の頃にパンクに目覚め、髪を立て学園祭でギターをかき鳴らしていた過去を持つ。現在も、クサクサするとセックス・ピストルズやザ・フーを大爆音で聞き、ストレスを発散している。

    武田真一
  • 鎌倉千秋
    鎌倉千秋 close

    鎌倉千秋

    静岡県出身。2001年NHK入局。沖縄放送局・東京アナウンス室・中国への海外派遣研修を経て、東京アナウンス室。

    音楽が大好きで、カラオケは何時間でもいける。初任地時代に番組のテーマ曲を作曲した経験もあり、いまでも密かに曲を作りためている。

    鎌倉千秋
  • 田中泉
    田中泉 close

    田中泉

    東京都出身。2010年NHK入局。富山放送局・大阪放送局を経て、東京アナウンス室。

    おいしい店を探すことへの情熱は並々ならぬものがあり、某レストラン検索アプリで行きたい店として登録している店は2000件超・記録済みの“行ったことのある店”も900件を超える。

    田中泉

番組紹介

イギリスのEU離脱や、トランプ大統領の誕生に世界が揺れた2016年、世界最大の英語辞典が選んだ「今年の単語」は「ポスト・トゥルース」でした。客観的事実より、虚偽であっても感情に訴える情報のほうが影響力を持つ。スマホひとつで誰もが発信者になれる一方、フェイクニュースが飛び交い、情報の真偽を見極めることが日に日に難しくなっていく。私たちはそんな時代を生きています。今こそ、「クロ現+」が追求してきたジャーナリズムの真価が問われていると考えています。
2017年、「クロ現+」は武田真一キャスターを新たに迎えました。長年ニュースを担ってきた蓄積を土台に、ますます多様で複雑になる現代のテーマに斬り込んでいきます。政治、経済、社会、国際、文化、科学、スポーツ、芸能…取り上げる題材に聖域はありません。その拠り所になるのは地道な取材に基づくファクト。取材チームには鎌倉千秋キャスターと田中泉キャスターが加わり、より納得感のある情報プレゼンテーション役を担います。
番組がめざすのは、不確実な情報の海を進む現代人のための羅針盤。25分というテレビ番組としてはけして長くない時間の中で、可能な限り問題意識を突き詰め、フェアに提示していきたいと思っています。それが様々な議論のきっかけとなり、社会の矛盾や不正義を見つめ直すことにつながれば…そんな思いで「クロ現+」は25年目の航海に漕ぎ出します。

クローズアップ現代+
編集長  吉野真史
編集次長 内藤誠吾
(平成29年3月)

ナレーター

クローズアップ現代+は、二人の人気声優にナレーションを担当して頂いています。
『巨人の星』の星飛雄馬役や『機動戦士ガンダム』のアムロ・レイ役で知られる古谷徹さん、『GO!プリンセスプリキュア』のキュア・マーメイド役はじめ数々の作品で活躍中、「ますみん」こと浅野真澄さんです。

  • 古谷徹
    古谷徹 close

    古谷徹

    23年間も続く伝統ある報道情報番組に参加することができ非常に光栄です。
    現代社会が抱える様々な問題を深く掘り下げて報道するこの番組は元々大好きでよく観ていました。
    これまでの先輩ナレーターが築き上げた知性的で真摯な語りを引き継ぎつつ、自分ならではの優しく心地いい語りを目指したいと思います。
    アニメ作品などで僕が演じてきたキャラクターを好きな若いファンの皆さんが僕がナレーションをすることで、この番組を観て、より社会問題に興味を持ってくだされば嬉しいです。

    古谷徹
  • 浅野真澄
    浅野真澄 close

    浅野真澄

    もともと大好きだった番組に、こうして関わることができる喜びを、今、しみじみと感じています。
    多様なテーマが毎回本当に興味深く、私自身、番組を通して知ったことは数えきれません。多岐にわたる内容を、ナレーターとしてどう伝えていくのか。
    私なりにそのことを模索しつつ、先代の方々が紡いだ歴史を受け止めつつ、大切に語っていきたいと思います。

    浅野真澄