クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

高齢社会

52件
特集ダイジェストで取り上げた「高齢社会」に関する記事一覧です。

一覧

2019年10月3日(木) 放送

相次ぐ老人ホーム閉鎖 “終(つい)の住みか”で何が?

利用料が比較的安いことなどからニーズが急増している「住宅型有料老人ホーム」。しかし、昨年度、倒産などの理由で廃止届を出した件数が、全国で少なくとも355に上ることが分かった。 突然閉鎖が決まり、入居
クローズアップ現代+

2019年8月27日(火) 放送

「財政検証」結果公表

桑子 「私たちの老後の資金となる年金は、どれくらいもらえるのでしょうか。 きょう(27日)、将来受け取る年金の具体的な見通しが公表されました。 少子高齢化が進むなかで、経済が成長してもおよそ30年後に...
ニュースウオッチ9

2019年6月20日(木) 放送

“高齢者の足”電動アシスト自転車

街中では親御さんが小さい子どもを乗せて走っているのを電動アシスト自転車ですが、実はいま高齢者の『足』としても注目されているんです。 というのも、いま、高齢ドライバーによる車の事故が相次いでいますよね。...
おはよう日本

2019年6月6日(木) 放送

人生100年時代 “脱おっさん”で生き残れ

人生100年時代、“おっさん”がもう一度“会社で輝こう”という動きが広がっている。これまでの「定年まで我慢」が通用しない時代になったというのだ。“脱おっさん”に必要な5つの力、そして、ちょっとしたこと
クローズアップ現代+

2019年5月21日(火) 放送

刑務所が“ついの住みか”に!? ~おひとりさまが危ない~

ひとり暮らしの高齢者が増え続ける中、貧困・孤立・認知症などを抱え、万引きなどの犯罪を繰り返し、刑務所が居場所になってしまう人が目立って増えている。とりわけ、男性よりも寿命が長く、ひとり暮らしの数も男性
クローズアップ現代+

2019年5月17日(金) 放送

高齢者運転 “第3の道”の模索

桑子 「東京・池袋で先月(4月)19日、乗用車が暴走し歩行者などが次々とはねられた事故。 この事故のあと、運転免許証を返納する動きが相次いでいます。 ただ、移動手段がなくなるため簡単には返納に踏み切れ...
ニュースウオッチ9

2019年4月22日(月) 放送

“高齢化社会”の中で… 暮らし続けられる地域のために

桑子 「700万人。 何の数字かといいますと…。 今から6年後、2025年の認知症の高齢者の数の推計なんです。 実に5人に1人という割合です。」 有馬 「誰もが認知症になる時代になる、ということなんで...
ニュースウオッチ9

2019年2月19日(火) 放送

薬を多く服用 副作用の危険

高瀬 「薬をたくさん服用することで、思わぬ副作用を引き起こす危険性についてです。」 和久田 「副作用による症状を『認知症』だと勘違いされるケースもあり、厚生労働省が注意を呼びかけています。」
おはよう日本

2019年1月15日(火) 放送

ペットと高齢者 一緒に暮らし続けるために

高瀬 「ペットと暮らす高齢者が直面する問題についてです。」 和久田 「自身の体が思うように動かなくなると、ペットの世話をするのが難しくなります。 その結果、保健所に送るなど、不本意なかたちで手放さざる...
おはよう日本

2018年12月10日(月) 放送

平成30年の歩み『家族の変化』

平成と共にニュースを伝えてきた、おはよう日本。 私たちは、この時代に得たことを、次にどうつなげていけばいいのでしょうか。 高瀬 「平成も残り5か月を切ったんですね。」 和久田 「平成最後の年末も迫って...
おはよう日本

2018年10月22日(月) 放送

いくつまで働きますか?

有馬 「希望すれば70歳まで働き続けられる。 そんな制度の検討に、政府が本腰を入れ始めました。」 上原 「企業に勤める人は、いまは希望すれば65歳まで、雇用されることになっていますが、これを70歳まで...
ニュースウオッチ9

2018年1月16日(火) 放送

現金が捨てられる!? ~“忘れもの”急増の謎~

巨額の現金が“忘れもの”として見つかる事態が多発している。群馬で4200万円、石川で2000万円、富山で1700万円。いずれもゴミ集積場や廃棄物処分場で発見された。警察庁の調べでも現金拾得物は過去最高
クローズアップ現代+

2017年7月19日(水) 放送

介護保険の大改革 住民力で費用を抑制!?

今年4月、介護保険の大改革が始まった。キーワードは「自立」と「住民力」。対象となるのは、介護保険の入り口、利用者のおよそ3割を占める「要支援1・2」の人たちだ。これまで介護士やヘルパーなど専門職が行っ
クローズアップ現代+

2017年6月13日(火) 放送

おひとりさま上等!“没イチ”という生き方

配偶者を亡くし単身となった人たちが自らを“バツイチ”ならぬ“没イチ”と呼ぶ動きが広がっている。死別の悲しみから一歩踏み出し、新たな生き方を切り開いて行こうというのだ。こうした動きに企業も注目。“おひと
クローズアップ現代+

2017年4月17日(月) 放送

“嫁”に家を奪われる!? 中国421社会の衝撃

中国が「一人っ子政策」を見直して1年余。30年以上続いた政策は、高齢化を加速させた。高齢者人口は世界最多の2.2億人。2050年には5億人に迫る。中国の人口構成を象徴する言葉が「421社会」(1人の子
クローズアップ現代+

2017年3月16日(木) 放送

“老人ホーム”が空いている!?

介護施設不足が問題とされてきた日本。しかし、今月発表された調査で「特別養護老人ホーム」に“空き”があることが明らかになった。さらに、施設不足の受け皿として期待されるのが「サービス付き高齢者住宅(通称・
クローズアップ現代+

2016年6月23日(木) 放送

また歩けた!認知症も改善! 期待の介護ロボット

寝たきりの男性が歩行支援ロボットでリハビリすると歩けるように!認知症の患者もコミュニケーションロボットを使って脳機能が回復!開発が進む介護ロボットは超高齢社会の切り札として期待されている。しかし、その
クローズアップ現代+

2016年6月20日(月) 放送

ふるさとの親どう支える? ~広がる“呼び寄せ高齢者”~

両親を故郷に残している皆さん、知っていますか?「呼び寄せ高齢者」という言葉を。遠く離れた子供に呼び寄せられ、見知らぬ土地へ移住する高齢者のことです。 いま全国各地から、75歳以上の高齢者が首都圏にお
クローズアップ現代+

2016年5月24日(火) 放送

おひとりさまピンチ! 身元保証人がいない

ある公益法人の破綻が波紋を呼んでいる。日本ライフ協会。“おひとりさま”から150万円ほどを預かり、アパートや介護施設、病院に入る際の身元保証や死後の葬儀の支援などを請け負っていた。しかし、預託金を流用
クローズアップ現代+

2016年2月15日(月) 放送

高齢者の“大移住”が始まる!?~検証・日本版CCRC~

国はいま、地方創生のため、都会の元気な高齢者が移り住む“街”を、地方に整備する計画を進めている。「生涯活躍のまち」と名付けられたこの構想。地方の活性化に貢献するだけでなく、都会の医療介護サービス不足の
クローズアップ現代+

2015年12月9日(水) 放送

“移住1%戦略”は地方を救えるか

「もし毎年1%の人を呼び込めれば、町の人口減や高齢化は食い止められる」とする“理論”が注目を集めている。典型的な中山間地である島根県邑南(おおなん)町などで実践が始まっている「1%戦略」だ。年に数世帯
クローズアップ現代+

2015年12月1日(火) 放送

家族はいるけれど ~急増“日中独居”高齢者~

家族がいるにもかかわらず、誰にも看取られずに一人亡くなる高齢者が急増している。東京都監察医務院の調べでは、家族と同居しているにも関わらず“孤独死”と同じように孤立状態で亡くなった件数は、年間およそ2千
クローズアップ現代+

2015年6月16日(火) 放送

そのパソコン遺(のこ)して死ねますか?~デジタル時代の新たな“遺品”~

写真や動画などの日常の記録から、株取り引きなどの資産運用まで、生活のあらゆる場面に浸透するパソコン。死後、その管理をどうするのかが、いま問われ始めている。写真や日記など、パソコンに遺された膨大な“故人
クローズアップ現代+

2015年6月3日(水) 放送

老いて 恋して 結ばれて ~超高齢社会の“男と女”~

世界に先駆けて超高齢社会に突入した日本。長い老後を誰とどう過ごすのか。いま、シニア世代の“婚活”が活発化している。65歳以上で結婚する人は1990年以降、4倍増加。結婚相談所には、初婚や再婚を希望する
クローズアップ現代+

2015年5月27日(水) 放送

ほかに行き場がなかった~川崎 簡易宿泊所火災の深層~

今月17日、川崎市にある簡易宿泊所で火災が発生、2棟が全焼し10人が死亡した。宿泊者の多くは高齢者で、生活保護を受けていた。焼け出された人の多くは、火災の後、別の簡易宿泊所に移ったが、「行くところがな
クローズアップ現代+

2015年1月20日(火) 放送

“無届け介護ハウス”

今、全国で、行政に届け出されていない老人ホームが急増している。去年10月の時点で確認されているだけでも、全国で911、前年の2.3倍に上っている。「施設」と「在宅」を大きな柱に制度が設計されてきた介護
クローズアップ現代+

2014年12月4日(木) 放送

犯罪を繰り返す高齢者 

全国の刑務所で入所受刑者の高齢化が加速している。65歳以上の受刑者は20年前の5倍、2200人に上っている。そのうちの7割が何らかの病気にかかっており、柔らかい食事の提供など介護施設のような対応が必要
クローズアップ現代+

2014年12月1日(月) 放送

長寿の鍵は“口”にあり~口腔ケア最前線~

“毎日朝晩歯を磨く”、“口の中を清潔に保つ”こうした基本的な口のケアが、糖尿病、腎臓病、心筋梗塞、さらには認知症など全身の疾病に深く関係していることが、最新の研究で明らかになってきた。また、ガンなどの
クローズアップ現代+

2014年11月19日(水) 放送

“最期のとき”を決められない

一人暮らしの高齢者が増加する中、医療現場では、本人やその家族の意思が確認できず、延命医療をどこでやめるのか判断できないケースが相次いでいる。こうしたなか、すでに学会レベルではガイドラインが策定されてお
クローズアップ現代+

2014年11月10日(月) 放送

“多重介護”担い手たちの悲鳴

「実の親と義理の親」、「親と配偶者」など、1人で複数の家族を介護する“多重介護”。要介護者の増加と介護期間の長期化、そして少子化による介護者の減少を背景に急速に広がっている。しかし、要介護度が「2」以
クローズアップ現代+

2014年10月15日(水) 放送

“百寿者” 知られざる世界 

日本人の平均寿命は延び続け、今年、男性もついに80歳の大台に乗った。世界最高齢は男女ともに日本人。さらに100歳以上の人=「百寿者」の数はこの半世紀で300倍に激増し、5万人を突破した。多くの人が百寿
クローズアップ現代+

2014年8月26日(火) 放送

突然バスが暴走 

走行中にバスの運転手が突然意識を失う事故が相次いでいる。取材から見えてきたのは、平均年齢50歳近くと他の産業と比べて極端に進む“運転手の超高齢化”と“健康リスクの増大”、それに若者の車離れなどに伴う“
クローズアップ現代+

2014年7月8日(火) 放送

運転し続けたい

交通事故の総件数が9年連続で減少する中、65歳以上の高齢ドライバーが起こす事故はここ15年で倍増と、増え続けている。大きな要因が「実際の運転能力と自己認識のズレ」だ。加齢とともに視野や動体視力などの認
クローズアップ現代+

2014年5月12日(月) 放送

介護からの“卒業式”

今や国民の4人に1人が高齢者。介護保険の給付は10兆円に迫り、団塊世代が75歳を迎える2025年には20兆円に達するとされる。膨れあがる給付を抑制しようと国は制度改革に着手。自己負担分の引き上げや一部
クローズアップ現代+

2013年12月10日(火) 放送

団塊パワーを活用せよ

団塊の世代が65歳を越え始めた。日本がいま迎えつつある超高齢社会、会社をリタイアしたとはいえ、気力も体力も充分の団塊世代は地域コミュニティ活性化の中核に期待される戦力だ。しかし、会社人間だった人ほどう
クローズアップ現代+

2013年11月13日(水) 放送

急増!老後マネーを狙う投資詐欺

オレオレ詐欺の対策が進み、いったん減少した詐欺が再び急増している。その多くが特殊詐欺と呼ばれる新型の詐欺だ。IPS細胞、シェールガス開発、東京五輪関連など話題のニュースを引き合いに、巧妙な手口で投資を
クローズアップ現代+

2013年11月12日(火) 放送

高齢者こそ肉を?! 

飽食の時代と言われて久しい今、実は日本国民の栄養状態は終戦直後よりも悪化している。特に、栄養不足が即切実な健康問題に直結する高齢者。その状況が深刻だとして、厚生労働省は今年、13年ぶりに健康づくりの指
クローズアップ現代+

2013年10月21日(月) 放送

わが町を身の丈に 

急速な高齢化が進む都市。人口減での空き家の増加や、税収減少下での施設維持コストなどの問題に直面している。いま各地で、拡大し過ぎた都市の機能を住民の「身の丈」に合わせて中心部に集約しようというコンパクト
クローズアップ現代+

2013年10月10日(木) 放送

人生後半こそ輝け!

世界記録は出たのか!?今月、驚異の身体能力を持つ“スーパー高齢者”が集う世界競技大会・ゴールドマスターズが日本(京都)で開催された。45歳以上、上は100歳を超えるお年寄りたちが世界中から参加。日本人
クローズアップ現代+

2013年9月25日(水) 放送

安住の地はどこに

今、安価に入居できる介護施設や高齢者用住宅の慢性的な不足から、都市の高齢者が地方で介護を受ける状況が増えている。特養の待機者が2千人に迫る杉並区では、静岡県の南伊豆町に保養型特養の建設を計画。厚労省で
クローズアップ現代+

2013年6月10日(月) 放送

老いてこそ挑め 

史上初めて80歳でエベレスト登頂に成功した冒険家の三浦雄一郎さん。ヒマラヤに出発する直前、三浦さんの身体能力を長年調べてきた体育大学が行った検査で、老化の常識を覆す結果が出ていた。登山で最も重要な脚力
クローズアップ現代+

2013年4月11日(木) 放送

“偽装質屋”狙われる高齢者たち

100円ショップで買った腕時計やベルトを質草に、10万円もの金を貸し付ける“偽装質屋”が各地に広がっている。実質的な担保は年金。年96%という超高金利だが、小口の貸し出しを繰り返すことで、高い利息を払
クローズアップ現代+

2013年4月3日(水) 放送

“凛(りん)とした最期”を迎えたい

医療によりただ命を長らえるのでなく、自分らしい生き方を守りながら最期を迎えたい。いわゆる「平穏死」や「自然死」を扱った本がベストセラーとなるなど大きな関心を集める中、高齢者たち自身が自分の死に方・医療
クローズアップ現代+

2013年3月5日(火) 放送

沖縄 長寿崩壊の危機 

2月末、沖縄を舞台に衝撃的なデータが発表される。長寿日本一を誇ってきた沖縄の女性が3位に転落、10年前に陥落した男性は、30位にまで下落することが分かった。長寿崩壊の原因は、寿命の伸びの鈍化だ。世代別
クローズアップ現代+

2012年11月26日(月) 放送

会社員人生は65歳まで

「高年齢者雇用安定法」が改正され、来春から企業は希望する社員全員を60歳定年後も65歳まで雇用することが義務づけられる。年金の支給開始年齢の引き上げでできる収入の空白期間を埋めようとする国の施策への対
クローズアップ現代+

2012年11月22日(木) 放送

“帰れない”認知症高齢者 

介護が必要な認知症の高齢者が300万人を超える中、精神科病院への入院が急増している。その数は全国で5万2000人、12年前の2倍近くになっている。暴力や暴言、妄想などの症状が悪化し、家族や介護施設のス
クローズアップ現代+

2012年11月15日(木) 放送

“おしゃべり”で老化を防げ!

国民的人気者だった双子姉妹「きんさんぎんさん」。その蟹江ぎんさんの4人の娘たちに注目が集まっている。長女・年子さん(98)、三女・千多代さん(94)、四女・百合子さん(91)、五女・美根代さん(89)
クローズアップ現代+

2012年5月29日(火) 放送

もう病院で死ねない ~医療費抑制の波紋~

団塊世代の高齢化が始まった日本。現在、死亡する人の数は年間120万人だが、18年後の2030年には160万人へと急増。「多死」の時代が到来する。こうした中、国は「社会保障と税の一体改革」で「施設から在
クローズアップ現代+

2012年3月14日(水) 放送

90歳が変える未来のテクノロジー

90歳前後のお年寄りから、彼らの子どもの頃から働き盛りだった1960年代の暮らしぶりを聞き取る調査を、東北大学が行っている。その頃の日本は、家庭のエネルギー消費量が現在のおよそ5分の1から3分の1以下
クローズアップ現代+

2012年2月9日(木) 放送

豪雪から高齢者を救え

猛威を振るう豪雪。積雪量は平年の2~3倍、死者は80人以上に上り(8日現在)、今週再び寒気が襲来した。死者の大半は高齢者で、1週間以上にわたる雪かきで疲れ果て、除雪中に事故にあう姿が浮かび上がってきた
クローズアップ現代+

2012年1月31日(火) 放送

あなたの自宅をホスピスに

団塊の世代の高齢化が始まり急速に多死社会を迎える日本。人生の最期をどう迎えるか。在宅医療の普及を進めてきた国は、いま「地域包括ケア」実現に力を入れる。医師と訪問看護、介護などが緊密に連携し終末期の患者
クローズアップ現代+

2012年1月12日(木) 放送

“無縁老人”をどう支えるのか

去年11月、東京・新宿の路地裏にある木造アパートが火災で全焼。住人のうち、5人の高齢者が焼死。しかし、遺骨を引き取る人も現れないまま、山梨の無縁墓地へ葬られていった。そのアパートは「福祉アパート」とい
クローズアップ現代+

注目のトピックス