クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

ミサイル

43件
特集ダイジェストで取り上げた「ミサイル」に関する記事一覧です。

一覧

2018年7月4日(水) 放送

揺れるミサイル防衛 “イージス・アショア”

去年、北朝鮮の弾道ミサイル発射が相次いだことを受け、日本がアメリカから導入を決めたミサイル防衛システム「イージス・アショア」。イージス艦の機能を地上に移した最新の施設で、2基で日本全土をカバーできると
クローズアップ現代+

2018年6月13日(水) 放送

元交渉当事者に問う 米朝会談後の世界

史上初の米朝首脳会談は世界に、そして日本に何をもたらすのか。番組ではかつて6か国協議で北朝鮮と交渉した元外交官が生出演し、会談結果を徹底検証。核・ミサイル・拉致などの問題で何が合意され、何が課題として
クローズアップ現代+

2018年6月12日(火) 放送

日本の中の“38度線” ~在日コリアン 2ヶ月の記録~

史上初の米朝首脳会談。ことし4月、南北首脳会談も行われ、分断されてきた朝鮮半島が融和へ向けて、大きな転換点を迎えている。それを在日社会の人たちはどう受け止めているのか。南北首脳会談の直前から、愛知県の
クローズアップ現代+

2018年4月24日(火) 放送

杉山駐米大使に聞く~北朝鮮問題や通商問題の行方は?

酒井 「先月(3月)新たに就任した杉山駐米大使に、生中継でインタビューします。」 先週、2日間にわたって行われた日米首脳会談。 史上初めての米朝首脳会談を前に、北朝鮮問題に多くの時間を割きました。 そ...
国際報道

2018年4月23日(月) 放送

核実験など中止を表明 北朝鮮に各国は…

核実験とICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験の中止を表明した北朝鮮。
ニュースチェック11

2018年4月20日(金) 放送

どうなる米朝首脳会談 北朝鮮と水面下で接触の米政府元高官に聞く

酒井 「特集は、米朝首脳会談を前にした、トランプ政権の対応についてです。」 トランプ大統領が明らかにして、世界を驚かせたCIA=中央情報局のポンペイオ長官の極秘の訪朝。 アメリカ トランプ大統領 「非...
国際報道

2018年3月7日(水) 放送

当事者が語るアメリカ・北朝鮮の「水面下の接触」

増井 「韓国と北朝鮮が首脳会談の開催で合意したことなどを受けて、アメリカと北朝鮮の対話が行われるのか、今後の動きに国際社会の関心が集まっています。 これまで、正式な外交ルートでの交渉が行われない中で、...
国際報道

2018年2月26日(月) 放送

平和の祭典の裏で… ~“ほほえみ外交”めぐる攻防~

ピョンチャンオリンピックをきっかけに北朝鮮情勢がめまぐるしく動き出している。南北合同チームの結成やキム・ヨジョン氏の派遣で融和ムードを演出した北朝鮮の“ほほえみ外交”。一方、警戒を強める日米は、韓国と
クローズアップ現代+

2018年1月31日(水) 放送

トランプ大統領はどこへ? 今後1年の施政方針示す演説を読み解く

増井 「アメリカのトランプ大統領が、今後1年の内政・外交の施政方針を示す一般教書演説を行いました。」 花澤 「融和的な姿勢を示す一方、今年(2018年)11月に行われる中間選挙に向け、支持者へのアピー...
国際報道

2018年1月19日(金) 放送

トランプ政権1年(2)経済・外交・移民政策は?

花澤 「これまでの政策を次々と覆そうとするトランプ大統領の政権運営には賛否両論が巻き起こっています。 今日(19日)は、トランプ政権の経済・外交・移民政策について、この1年の総括と課題を特集します。」...
国際報道

2018年1月17日(水) 放送

ICAN事務局長 核廃絶へ 日本へのメッセージ

有馬 「核兵器禁止条約の採択に貢献し、ノーベル平和賞を受賞したICAN・核兵器廃絶国際キャンペーン。 その事務局長、ベアトリス・フィンさんにインタビューしてきました。 被爆国への初めての訪問で、何を感...
ニュースウオッチ9

2018年1月4日(木) 放送

海外メディア初 緊迫の南北最前線

桑子 「2日付けの韓国の新聞、『朝鮮日報』です。 北朝鮮のキム委員長の右手には核のボタン、左手にはオリンピックのマークが描かれています。」 有馬 「この風刺画、キム委員長の元日の演説を描いたものです。...
ニュースウオッチ9

2017年12月13日(水) 放送

ムン大統領が初訪中~中韓関係は立て直せるか

増井 「韓国のムン・ジェイン大統領が、今日(13日)から中国を訪問しています。 ムン大統領にとっては、就任後、初の中国訪問です。」 花澤 「中国と韓国は最近まで蜜月関係にありました。 ところが韓国への...
国際報道

2017年10月26日(木) 放送

イアン・ブレマー氏に聞く “大国なき世界”日本は

有馬 「混とんとした世界の行方をどう見るのか、今日(26日)注目するのはこの人。 世界的に知られる国際政治学者イアン・ブレマー氏です。 世界が直面する、数々のリスクを予測してきました。」
ニュースウオッチ9

2017年9月22日(金) 放送

キム委員長声明発表 その意図は

北朝鮮はけさ(22日)、キム・ジョンウン朝鮮労働党委員長の声明を発表しました。
ニュースチェック11

2017年9月15日(金) 放送

北朝鮮が弾道ミサイルを発射 グアム島射程を誇示か

北朝鮮がまた、日本の上空を通過する弾道ミサイル1発を発射しました。今回は、飛行距離がおよそ3,700キロだったと推定されています。
ニュースチェック11

2017年9月13日(水) 放送

対北朝鮮“強硬”へ転換 韓国ムン政権 岐路に

増井 「北朝鮮を巡る情勢は、韓国のムン・ジェイン政権を大きく揺るがしています。」 韓国 ムン・ジェイン大統領 「国際社会と力を合わせて強い懲罰の方法を検討し、北に核・ミサイル開発をあきらめさせる。」 ...
国際報道

2017年9月11日(月) 放送

北朝鮮への制裁決議案 採決へ

6回目の核実験を強行した北朝鮮。その北朝鮮への新たな制裁決議案が国連安全保障理事会で明日(12日)朝、採決されます。
ニュースチェック11

2017年9月4日(月) 放送

北朝鮮“水爆実験”の衝撃 危機の行方は

6回目の核実験を行った北朝鮮。水爆実験と称する核開発は、どこまで進んでいるのか。そして、ミサイル発射を続ける北朝鮮の挑発行動。国際社会は、どう対応していくかが問われている。対話か圧力か、実効性ある制裁
クローズアップ現代+

北朝鮮が核実験 国際社会の対応は

花澤 「弾道ミサイルの発射に続いて核実験を強行した北朝鮮。 挑発を続ける北朝鮮に対して、アメリカは軍事的な対応も排除しない姿勢を打ち出しています。 今日(4日)は、北朝鮮情勢に詳しい東京国際大学教授の...
国際報道

2017年9月1日(金) 放送

“Jアラート 改善を”

桑子 「今日(1日)は防災の日ですが、今年(2017年)は少し様子が違いました。 自然災害だけでなく、ミサイルの発射を想定した避難訓練も行われたんですね。」 一橋 「避難のきっかけになるのが『Jアラー...
ニュースウオッチ9

2017年8月31日(木) 放送

北朝鮮ミサイル発射 危機の行方は

繰り返される北朝鮮の軍事的挑発に国際社会の緊張が高まっている。29日、北朝鮮は事前の通告なしに日本の上空を通過する弾道ミサイルを発射。技術力を誇示し、世界に衝撃を与えた。日本政府は「これまでにない重大
クローズアップ現代+

2017年8月29日(火) 放送

北朝鮮が事前予告なく弾道ミサイル発射

29日朝、北朝鮮が事前の予告なく弾道ミサイルを発射しました。北海道の上空を通過し、日本列島に緊張が走りました。
ニュースチェック11

北朝鮮ミサイル発射 列島震撼(しんかん)“緊迫の12分”

桑子 「早朝、日本列島に緊張が走りました。」一橋 「北朝鮮が、事前の通告を行わないまま弾道ミサイルを発射。 日本の上空を通過するという異例の事態です。」桑子 「日本政府がJアラート=全国瞬時警報システ...
ニュースウオッチ9

2017年8月23日(水) 放送

北朝鮮 新型ミサイル開発示唆か

北朝鮮の国営メディアが今日(23日)伝えた、弾道ミサイルの開発を行っている研究所の写真に、「水中戦略弾道ミサイル『北極星3』」と書かれたパネルが写り込んでおり、固体燃料を使った新型のSLBM=潜水艦発...
ニュースチェック11

2017年8月21日(月) 放送

米韓合同軍事演習開始に北朝鮮は

今日(21日)、朝鮮半島の有事を想定したアメリカ軍と韓国軍による定例の合同軍事演習が、韓国で始まりました。
ニュースチェック11

米韓合同軍事演習開始で緊迫の朝鮮半島情勢は

増井 「今日(21日)から、アメリカ軍と韓国軍による合同軍事演習が始まりました。」花澤 「北朝鮮は強く反発しており、再び緊張が高まることが懸念されています。 今日は現地からの中継や、専門家の解説から、...
国際報道

2017年8月18日(金) 放送

北朝鮮ミサイルにどう対応 備えは

桑子 「『世界最強』の力を誇る、アメリカ軍。 その制服組のトップ、ダンフォード統合参謀本部議長が日本を訪れました。」 有馬 「自衛隊トップの河野統合幕僚長、そして、安倍総理大臣と会談したダンフォード議...
ニュースウオッチ9

2017年8月10日(木) 放送

北朝鮮ミサイル発射計画の衝撃

北朝鮮は、昨日(9日)発表した、アメリカのグアム島周辺に向けた弾道ミサイルの発射計画について、「日本の上空を通過させ、グアム島周辺の海上に落とす」と具体的な飛行ルートを予告した上で、計画を今月(8月)...
ニュースチェック11

くろげん+ 夏休み課外授業 親子でまなぼう!“戦争とテロ”

世界では、きょうも「戦争」や「テロ」が満ちあふれている。だけど、どこか遠い話に聞こえているかもしれません。そこで、今回は「夏休み課外授業」と題して、親子で考える「戦争・テロ」の特別番組を組みました。
クローズアップ現代+

2017年8月7日(月) 放送

北朝鮮どう動く 密着取材から見えたのは…

有馬 「北朝鮮の暴走をストップできるのか。 注目の国際会議がフィリピン・マニラで開かれました。」 桑子 「集まったのは、日本、アメリカ、中国など、この問題のカギを握る国々。 そして、当の北朝鮮も顔を揃...
ニュースウオッチ9

2017年7月31日(月) 放送

北朝鮮“ICBM発射成功” 増大する脅威

北朝鮮は、今月(7月)28日、2回目となるICBM=大陸間弾道ミサイルの発射実験に成功したと発表しました。
ニュースチェック11

2017年7月20日(木) 放送

トランプ大統領 就任半年 世界はどこへ

花澤 「今日20日で、アメリカのトランプ政権は発足から半年を迎えます。 今日は、外交評論家の岡本行夫さんと、異色のリーダーが世界にどのように影響を与え、今後どこへ向かうのか、時間の許す限り、徹底的に展...
国際報道

2017年6月22日(木) 放送

岐路に立つ防衛政策 ~“敵基地攻撃” “防衛費”は~

核・ミサイル開発を加速させる北朝鮮や、海洋進出を強める中国など、安全保障環境が大きく変化する中、自民党の安全保障調査会は20日、敵の基地を攻撃する能力の保有や、防衛費の確保について踏み込んだ内容を記し
クローズアップ現代+

2017年5月19日(金) 放送

最終目標“ICBM” 開発はどこまで…

4月、ピョンヤンで開かれた、キム・イルソン主席の生誕105年を祝う軍事パレード。ある新型兵器の登場に、世界中が息をのみました。 「ひときわ巨大なミサイルが登場しました。 ICBMと見られます。」北朝鮮...
おはよう日本

2017年4月25日(火) 放送

緊迫する朝鮮半島 米・中・朝の思惑は?

ミサイル開発を進め「挑発するなら即時攻撃しせん滅させる」とアメリカへの対決姿勢を鮮明にする北朝鮮。一方、空母を朝鮮半島に向かわせ「いかなる攻撃に対しても圧倒的な反撃を行う」とけん制するトランプ政権。中
クローズアップ現代+

2017年4月10日(月) 放送

シリア攻撃 広がる衝撃 ~アメリカの真意はどこに~

早朝、シリアの空軍基地に向けて発射された、59発の巡航ミサイルー アサド政権が化学兵器を使用したと断定し、単独での武力行使を行ったアメリカのトランプ政権。ロシアが「侵略行為で、国際法違反だ」と強く反
クローズアップ現代+

2017年3月18日(土) 放送

THAADめぐり韓国に圧力かける中国

近田 「かつて『蜜月』といわれた中国と韓国。 その中国が今、韓国を激しく非難しています。」小郷 「韓国が配備を決めた、アメリカの迎撃ミサイルシステム『THAAD(サード)』のレーダーが、中国軍の監視に...
おはよう日本

2017年3月15日(水) 放送

北朝鮮 高まる脅威 ~化学兵器と闇のビジネスに迫る~

今月に入り4発のミサイルを日本海に発射した北朝鮮。威嚇のエスカレートが止まらない。キム・ジョンナム氏殺害事件で使用されたVXなど、化学兵器の開発も進め、いまや世界有数の保有国になったと指摘されている。
クローズアップ現代+

2016年9月28日(水) 放送

“軍事”と大学 ~岐路に立つ日本の科学者たち~

装備のハイテク化が急速に進む自衛隊。そうした中、防衛省は民間技術を防衛装備品に活用する「デュアルユース」を推し進めている。大学や企業に研究助成するための予算を、来年度は110億円要求。今年度の18倍だ
クローズアップ現代+

2016年5月10日(火) 放送

北朝鮮 秘密資金を追え

36年ぶりに党大会を開き、国威発揚を図る北朝鮮。核実験やミサイル発射など挑発的な言動を繰り返し、国際社会から厳しい制裁を受けている今、北朝鮮で何が起きているのか? 中国との国境地帯で人・もの・カネの動
クローズアップ現代+

2013年4月15日(月) 放送

北朝鮮 相次ぐ挑発の謎

かつてないほど強硬な言動でアメリカや韓国を威嚇し、緊張を高める北朝鮮。キム・ジョンウン体制がスタートした直後の去年2月、北朝鮮とアメリカは、食糧支援と引き替えにウラン濃縮活動の停止と核施設の査察の受け
クローズアップ現代+

2012年4月12日(木) 放送

“ミサイル”発射 北朝鮮で何が

4月中旬に“人工衛星を打ち上げる”と予告している北朝鮮。事実上の長距離弾道ミサイルの発射であると各国が反発を強めるなか、打ち上げを強行する姿勢を崩していない。食糧支援と引き換えにウラン濃縮を一時凍結す
クローズアップ現代+

注目のトピックス