クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

人工知能

24件
特集ダイジェストで取り上げた「人工知能」に関する記事一覧です。

一覧

2019年7月14日(日) 放送

中国のAI開発 急成長の秘密は?

開発競争が激化する「AI=人工知能」。 今月(7月)、経済産業省が発表した各国のAI関連の特許出願数です。 多くの世界的IT企業を抱えるアメリカを猛追している国が、中国です。 出願数は、ここ5年で7倍...
おはよう日本

2019年6月25日(火) 放送

「夫婦の会話」を科学する ~不満解消の秘訣は!?~

「もっと相手と話をしたい」「どんなことを話せばいいのか」…番組で夫婦の会話についての悩みを募集したところ、数多く寄せられた切実な声。どうすれば、悩みを解決できるのか?脳科学、言語学、AIなどの知見を生
クローズアップ現代+

2019年5月7日(火) 放送

テクノロジーと人類の未来

高瀬 「令和という新しい時代に、私たちはどう生きていけばいいのか。 次世代を担う、各界のトップランナーに聞くインタビューシリーズ『令和に生きる』。 初回の今日(7日)は、この人が生出演です。」
おはよう日本

2019年4月25日(木) 放送

“AIに負けない”人材を育成せよ ~企業・教育 最前線~

「自分たちの仕事がAIに奪われる」。いま企業の間で、AIに負けない組織、人材を作ろうという改革が進んでいる。都内のホテルでは、チェックインなどで機械化を進める一方、従業員が地域の商店街などで人脈を築き
クローズアップ現代+

2019年3月6日(水) 放送

車いすの天才ホーキング博士の遺言

「人類は宇宙に移住すべき」「人工知能が人類を滅ぼすかもしれない」。車いすの天才物理学者ホーキング博士が残した「遺言」が世界で大きな反響を呼んでいる。全身の筋肉が動かなくなる難病を患いながら、宇宙の起源
クローズアップ現代+

2019年2月12日(火) 放送

個人情報格付け社会 ~恋も金回りもスコア次第!?~

学歴や職業、購買履歴に交友関係…こうした個人情報をAIが解析、点数化し一人ひとりを「格付け」するシステムが世界に広まっている。中国では格付けスコアを基準に結婚相手を探す人や、家賃が当面無料になる恩恵を
クローズアップ現代+

2019年2月6日(水) 放送

AI人材獲得競争

酒井 「AIを扱う高度な人材、獲得をめぐる競争です。」 自動運転やロボットなどに使われる人工知能、AI。 その人材をめぐって世界で争奪戦が起きています。 自動車部品メーカー 人事担当者 「人材獲得競争...
国際報道

2019年1月28日(月) 放送

AI時代に必要とされる「人文系」

塩﨑 「特集・ワールドEYES(アイズ)。 けさは、歴史や宗教、哲学、文学など、いわゆる『人文系の学問』についてお伝えします。 藤田さん、今、自分が学生だとして、人文系の学問を学びたいと思いますか?」...
キャッチ!世界のトップニュース

2018年11月27日(火) 放送

AI・ビッグデータを活用『精密農業』

高瀬 「最新技術が、担い手不足や安い外国産との競争にさらされている日本の農業を変えるかもしれません。」 和久田 「そのキーワードは『精密農業』です。 AIやビッグデータなどを活用して、収穫量を上げると...
おはよう日本

2018年11月20日(火) 放送

“AI=人工知能”で判定へ

桑子 「2020年、東京オリンピックで体操競技の採点方法が変わるかもしれません。 こちら、見ていただきたいんですが、白井選手の跳馬の演技。 有馬さん、よく見てくださいね。 このあと何回ひねるでしょうか...
ニュースウオッチ9

2018年11月1日(木) 放送

“推進”か“規制”か「AI兵器」議論の行方は

酒井 「続いて特集はAI=人工知能の軍事利用を巡る問題。 人類にとっての味方か、それとも敵か、意見は大きく割れています。」
国際報道

2018年10月31日(水) 放送

AIがうまい米を作った!~“農業革命”最前線~

今年、全国屈指の米所新潟で米作りに“革命”を起こすプロジェクトが始動した。田植えから稲刈りまで、1年を通じ収集したビックデータをAIに解析させ、最上級のブランド米を作る挑戦だ。経験や勘がモノをいう米作
クローズアップ現代+

2017年11月30日(木) 放送

ロボット大国・日本の逆襲 ~起死回生をかけた闘い~

ITでアメリカ企業に圧倒され、モノ作りでもアジアの製造業に主役の座を奪われた日本。しかし今、人工知能の劇的な進化で熱を帯びるロボットが、日本産業活性化の切り札になるのではと期待されている。今月、ソニー
クローズアップ現代+

2017年10月26日(木) 放送

お金が“タダ”でもらえる!? ~世界が注目・ベーシックインカム~

人工知能(AI)の急速な発達により、2人に1人の職が代替されると予測される将来、人々の所得をどう保障するか。いま世界では”すべての個人に、無条件で毎月一定のカネを直接配る”「ベーシックインカム」の導入
クローズアップ現代+

2017年2月1日(水) 放送

ドイツに学ぶ『働き方改革』

日本社会に大きな衝撃を与えた大手広告会社「電通」の過労死の問題。 このニュースは海を越え、ヨーロッパでも大きく取り上げられました。 この問題と無縁とされているのが“労働先進国”のドイツ。  男性 「私...
国際報道

2017年1月4日(水) 放送

“幸福”を探して 人類250万年の旅 ~リーダーたちも注目!世界的ベストセラー~

いま、一冊の書が世界のリーダーや著名人に評価されている。オバマ大統領やビル・ゲイツ氏、FBのザッカーバーグ氏、日本でもジャーナリストの池上彰氏らが注目する、その本の名は『サピエンス全史』。人類250万
クローズアップ現代+

2016年9月7日(水) 放送

逆転ホームランなるか? 日本の“新・ものづくり”革命

「今、日本にこそチャンスがある」30代から40代のベンチャー企業の経営者たちが、揃って口にする。製造業とITが融合した「IoT」の領域では、日本から独創的で先進的な製品が次々と発表され、世界を驚かせて
クローズアップ現代+

2016年7月12日(火) 放送

進化する人工知能 ついに芸術まで!?

ついに人工知能が芸術の世界にも進出!巨匠・レンブラントの筆致を見事なまでに再現した肖像画。わずか1秒で作られる交響曲。SFの名手・星新一から「らしさ」を学んだ小説は、文学賞の1次選考を通過した。しかし
クローズアップ現代+

2016年5月31日(火) 放送

あなたの脳を改造する!? 超・映像体験(バーチャルリアリティー)

スマホの次はこれがくる!世界中から巨額マネーが舞い込むバーチャルリアリティー。 特殊なゴーグルをつけることで、作り物の世界を現実だと錯覚させる驚異の技術だ。 どうやって脳は騙されるのか?番組では、
クローズアップ現代+

2016年3月15日(火) 放送

“仕事がない世界”がやってくる!?

20年以内に、日本の労働人口の49%の仕事が、機械に置き換えられる!?(シンクタンク試算)。人工知能やロボットによって、従来の仕事がなくなる懸念が世界的に高まっている。ITを通じてホテルの代わりに一般
クローズアップ現代+

2016年2月8日(月) 放送

ITが変える“お金の未来” ~フィンテック革命の衝撃~

今、フィンテックと呼ばれるIT技術を駆使した新たな金融サービスが次々と生まれている。指紋だけで支払いが出来る「手ぶら決済」、人工知能による資産運用「ロボ・アドバイザー」など、金融をより便利で身近に変え
クローズアップ現代+

2015年3月3日(火) 放送

人間は不要に? “人工知能社会”の行方

人工知能によって、6割以上の雇用が奪われるのではないか-今年1月に開かれたダボス会議で世界のリーダーの関心を集めたのは、いま急速に実用化が進む人工知能の、社会的なインパクトだった。開発の先頭を走るアメ
クローズアップ現代+

2013年10月23日(水) 放送

ここまできた自動運転 

人がハンドルやアクセルを操作しなくてもクルマが自動で運転する「自動運転車」。不注意による事故の減少や渋滞の緩和につながると期待され、今月14日から東京で始まるITS(高度道路交通システム)世界会議で、
クローズアップ現代+

2012年2月8日(水) 放送

人間 VS コンピューター

先月中旬、将棋界に激震が走った。コンピューター将棋ソフト「ボンクラーズ」が、元名人・米長邦雄永世棋聖を破ったのだ。あらかじめ「定跡」が打ち込まれた過去のソフトとは違い、ボンクラーズは5万局の棋譜を教科
クローズアップ現代+

注目のトピックス