クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

福島第一原発事故

48件
特集ダイジェストで取り上げた「福島第一原発事故」に関する記事一覧です。

一覧

2020年3月26日(木) 放送

除染廃棄物めぐり 深まる苦悩

桑子 「今週、福島に到着し、多くの人の出迎えを受けた聖火。 きょうは本来は聖火リレースタートの日でした。 『復興五輪』を掲げて来年行われる東京オリンピック・パラリンピックは震災から10年の、まさに節目...
ニュースウオッチ9

2020年3月11日(水) 放送

原発事故 避難者の心に何が? 9年目の大規模調査

福島第一原発の事故から9年。避難を続ける人たちの心が今なお深刻な傷を抱えたままである実態が、去年行われた大規模な調査から浮き彫りになった。調査の対象となったのは、福島県浪江町の帰還困難区域・津島地区の
クローズアップ現代+

2,000人のアンケートから浮かび上がる被災者の意識 “被災者”という意識 いまだ消えず

有馬 「今回、NHKは、被災地にどんな課題が残されているのかを探ろうとアンケート調査を行いました。 被災者およそ2,000人に『住まい』や『家計』など12の項目について、復旧・復興を実感できていますか...
ニュースウオッチ9

2020年3月10日(火) 放送

タンクの水の処分 揺れる漁業

桑子 「東京電力福島第一原発で、世界最悪レベルの原発事故が発生してから、あす(11日)で9年です。 今も廃炉に向けた作業が続いています。」 有馬 「ことし(2020年)、喫緊の課題とされるのが、敷地の...
ニュースウオッチ9

2020年3月5日(木) 放送

“ふるさとの姿 取り戻したい”

ふるさとへの道をさえぎっていたゲートが9年ぶりに開かれました。 福島第一原発が立地する大熊町と双葉町で一部の避難指示が解除。 自由に立ち入ることができるようになりました。 双葉町 伊澤史朗町長 「復興...
ニュースウオッチ9

2020年3月1日(日) 放送

映画「Fukushima 50」 福島第一原発事故に向き合う

東日本大震災では、福島第一原発の3つの原子炉がメルトダウンし、史上最悪レベルの原発事故となりました。現場では、今も40年はかかるとされる廃炉へ向けた作業が行われています。 事故から9年...
おはよう日本

2020年1月9日(木) 放送

「排気筒」解体 多くの困難に直面

桑子 「東京オリンピック・パラリンピックイヤーの今年(2020年)。 日本は『復興五輪』を掲げ、震災と原発事故から復興している姿を世界に発信しようとしています。」 有馬 「そのシンボルの1つと言えるの...
ニュースウオッチ9

2019年9月19日(木) 放送

原発事故 無罪判決 遺族の思い かなわず

有馬 「東京電力の旧経営陣の刑事責任が問われた裁判。 勝俣元会長に、無罪。 武黒元副社長に、無罪。 そして、武藤元副社長にも、無罪。 3人全員に『無罪』が言い渡されました。」 星 「今回の裁判は、『強...
ニュースウオッチ9

2019年3月7日(木) 放送

今も10万か所以上 除染ごみがなくならない

福島県には、原発事故から8年が経つ今も民家の軒先や駐車場などに、緑色のシートに覆われた除染ごみが「現場保管」されている。当初は速やかに対処するとしていたが、10万か所以上残ったままなのだ。さらに国の方
クローズアップ現代+

2018年3月8日(木) 放送

大震災をつづった子どもたち それぞれの7年

東日本大震災。あまりの衝撃に多くの人が言葉を失っていた震災直後に、自分の体験や気持ちを、作文につづった子どもたちがいた。「はじめて見た物は、たくさんの死たい」「夢だったらいいなー」「前みたいにもどって
クローズアップ現代+

2018年3月6日(火) 放送

原発事故 “英雄たち”はいま 被ばく調査拒否の実態

7年前、世界最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。汚染が広がる恐れもあるなか、極めて高い放射線量のもと、収束作業にあたった原発作業員たちがいた。「フクシマ50」とも呼ばれた彼らのよう
クローズアップ現代+

2017年12月4日(月) 放送

中国“再エネ”が日本を飲み込む!?

「化石燃料と原発」のイメージが強かった中国。そのエネルギー事情に地殻変動が起きている。大気汚染が国内で限界に達し、次の主力と考えていた原発も日本での事故を受け世論から不安の声が上がり新規建設が年々厳し
クローズアップ現代+

2017年10月30日(月) 放送

“プルトニウム大国”日本 ~世界で広がる懸念~

核兵器の材料になることから国際的に厳しく管理されているプルトニウム。日本は、原発で使い終わった核燃料からプルトニウムを取り出し、資源として再利用する「核燃料サイクル」を核兵器保有国以外で唯一、推進して
クローズアップ現代+

2017年10月3日(火) 放送

全国最大の“原発訴訟” 責任は誰に?

来週、全国最大の原発訴訟に判決が下される。ふるさとが帰還困難区域となった人、県外に自主避難した人など、立場を越えて団結したおよそ4000人の原告が、国や東京電力の“責任”を問う注目の裁判。最大の争点は
クローズアップ現代+

2017年6月20日(火) 放送

プルトニウム被ばく事故 ~ずさんな管理はなぜ?~

日本原子力研究開発機構の施設で、放射性物質を入れた袋が破裂して作業員が被ばくした事故。袋から飛散したのは原発や原子爆弾にも使われるプルトニウムだった。なぜ事故は起きたのか。取材を進めると、原子力の研究
クローズアップ現代+

2017年6月6日(火) 放送

原発事故から6年 未知の放射性粒子に迫る

福島第一原発事故の際、過去の事故では見つかっていないタイプの放射性粒子が放出されていたことが明らかになった。大きさは1/1000ミリ以下から0.5ミリほど。微細なガラス玉に放射性セシウムが閉じ込められ
クローズアップ現代+

2017年5月24日(水) 放送

「安全なのに売れない」~福島“風評被害“はいま~

原発事故から6年が過ぎた福島。かつては東北有数の米どころだったが、生産量は事故前の4分の3に減少。大きな要因のひとつとされるのが風評被害だ。福島県産の米はすべて放射性物質に関する検査を実施していて、2
クローズアップ現代+

2017年5月17日(水) 放送

原発周辺の町 あふれる野生動物 ~避難指示解除で何が~

巨大イノシシやアライグマ、そしてキツネ。福島第一原発事故に伴う避難指示解除から1か月あまり、帰還した住民を待ち受けていたのは、住宅街に住み着いた野生動物たちだった。住民帰還を進めたい自治体は新たな対策
クローズアップ現代+

2017年3月9日(木) 放送

震災6年 汐凪(ゆうな)を捜して ~津波と原発事故 ある被災者の6年~

東日本大震災から5年9か月たった去年12月11日、福島第一原発のある大熊町で最後の行方不明者となっていた木村汐凪ちゃん(当時小学1年生)の遺骨が見つかった。汐凪ちゃんの父、木村紀夫さんは、父と妻も津波
クローズアップ現代+

2017年3月8日(水) 放送

震災6年 埋もれていた子どもたちの声 ~“原発避難いじめ”の実態

同級生に150万円もの金を支払わされていたという横浜の中学生。名前に「菌」をつけて呼ばれていた新潟の小学生。原発事故で避難する子どもへのいじめが各地で相次いでいる。“原発避難いじめ”の全体像がわかる統
クローズアップ現代+

2016年3月8日(火) 放送

シリーズ東日本大震災 浪江町民 それぞれの選択

原発事故によって、全住民が避難を強いられている福島県浪江町。番組では震災直後から、町の復興をめざす商工会メンバーらを取材。5年間、折に触れてその姿を記録し続けてきた。「全町民帰還」を掲げ結束した1年目
クローズアップ現代+

2015年7月22日(水) 放送

もう一度咲かせたい 福島のバラ

福島県双葉町に、イギリスのウィリアム王子など世界中の人たちが強い関心を示し、復活を切望するバラ園がある。7000株ものバラが咲き乱れ、“日本で最も個性的で美しい”と称賛された「双葉ばら園」だ。地元の岡
クローズアップ現代+

2015年3月11日(水) 放送

“帰りたい… 帰れない…” 

「すぐに故郷に帰れる」と信じて避難生活を始めて4年目。未だ避難を続けている人は23万人余り、そのうち福島県の避難者は半数を超える。震災1年目には「故郷に帰りたい」と希望していた人が4割ほどだったが、今
クローズアップ現代+

2014年6月2日(月) 放送

いま福島を描くこと 

原発事故による健康影響の描写が議論をよんだ漫画「美味しんぼ」。波紋がひろがる中で、“福島”を描くことを模索し続ける漫画家たちがいる。直後から現地にも入り、事故後の社会を描写してきたしりあがり寿さん。福
クローズアップ現代+

2014年5月29日(木) 放送

原発事故の"指定廃棄物" 行き場はどこへ

原発事故で放出され、12都県に広がった放射性物質を含んだ大量の「指定廃棄物」。国の責任の下、「各都県内」で処理を進める原則が決定されたが、最終処分場の候補地選びは難航を続けてきた。栃木と茨城では国の指
クローズアップ現代+

2014年3月5日(水) 放送

原発事故にどう備えるか 

東京電力福島第一原発事故から3年。福島県では、事故直後の避難やその後の不自由な生活で体調を崩し亡くなった人が1600人を超え、地震や津波による直接死を上回った。再び原発事故が起きた時、住民を安全に避難
クローズアップ現代+

2014年2月26日(水) 放送

”よりどころ”はどこに? 

福島原発事故から3年。避難住民は、ふるさとへの帰還か、町外への移住かの大きな決断の正念場を迎えている。背景にあるのは、昨年末に国が打ち出した避難者支援と賠償の方針だ。これまで前提としてきた「全員帰還」
クローズアップ現代+

2014年1月22日(水) 放送

故郷はどうなる

福島第一原発の事故を受けて、福島県内で行われている除染で出た土などの放射性廃棄物をどこに置くのか。大きな「決断」を被災地に迫る要請が昨年末、国から出された。「中間貯蔵施設」の建設要請だ。国は地元が受け
クローズアップ現代+

2013年9月11日(水) 放送

最新報告 “汚染水クライシス”

原発事故から2年半。福島第一原発は、いま、メルトダウン以来“最大の危機”を迎えている。1日300トンもの汚染水の海への流出、タンクからの高濃度汚染水の漏えい…。相次ぐ事態に国内だけでなく国際的な批判が
クローズアップ現代+

2013年7月11日(木) 放送

激増する野生動物 

東京電力福島第一原発事故から2年余り。人が全く住まない空間が生まれた結果、周辺地域では人が手入れしていた田んぼや畑は草が生い茂り、ネズミやイノシシなど野生動物が急増している。家屋や農作物への被害は深刻
クローズアップ現代+

2013年4月23日(火) 放送

あふれる汚染水 

今月、相次いで起きた東京電力・福島第一原発の汚染水漏えい。新たに造られた地下貯水槽から高濃度の汚染水が漏出し、移送する先のタンクが足りなくなる懸念が生じている深刻な事態に直面している。原因を探ると、福
クローズアップ現代+

2013年1月30日(水) 放送

原発事故 進まない“不動産賠償”

福島第一原発の事故による史上最大規模の損害賠償。その遅れから多くの被害者が新たな生活に踏み出せずにいる。最大の理由は土地や住宅など不動産賠償が始まらないことだ。今月、「福島復興本社」を立ち上げた東京電
クローズアップ現代+

2013年1月7日(月) 放送

エネルギー大変革

2013年は、日本のみならず世界的にも“エネルギー”が最大の関心事になる。福島第1原発の事故によって原子力への信頼は揺らぎ、各国は原発政策を見直し始めている。一方、新たなエネルギー源として脚光を浴びる
クローズアップ現代+

2012年12月13日(木) 放送

東京電力 瀬戸際の内部改革

「福島第一原発の事故は想定を超える巨大津波が原因で、自らの責任はないー」これまで公式見解ではそう言い続けてきた東京電力。しかし、いま自らの責任を検証する取り組みが内部で進められている。社長直轄の「原子
クローズアップ現代+

2012年11月5日(月) 放送

原発作業員が去っていく  

史上最悪レベルの事故を起こした東京電力福島第一原子力発電所。廃炉を終えるまでには40年もの歳月が必要とされている。いま、この現場で働く作業員をめぐって深刻な事態が起きている。国や企業の定める放射線の被
クローズアップ現代+

2012年9月11日(火) 放送

原発避難解除はいつ 

福島第一原発の事故から一年半、被災自治体の復興が壁に直面している。高線量で居住困難となるエリア(双葉町、浪江町等)では、「仮の町」への移住を掲げるが、いつになるか見通しは立たず、低線量で帰還可能とされ
クローズアップ現代+

2012年6月20日(水) 放送

“里山”汚染メカニズムを解明せよ

原発事故から2度目の田植えを迎えた福島。この春、農家たちが特に不安を抱いていたのは、周囲の山林から水田に入り込む水による汚染。水による汚染は防ぎようがないと、今年の稲作りを断念した集落も出る一方、山か
クローズアップ現代+

2012年6月18日(月) 放送

原発運転再開“政治決断”を

“安全に絶対はない”という教訓を残した福島第一原発事故から1年3か月余り。政府は関西電力大飯原発3・4号機の運転再開を決定した。電力不足への懸念の一方で安全への不安…国論を二分する中での判断となった。
クローズアップ現代+

2012年4月25日(水) 放送

始まった住民帰還 ~福島・川内村の模索~

原発事故後、役場ごと避難していた福島県川内村。今月から役場や学校、診療所などを村に戻し、住民に帰村を促す“全村帰還”に取り組んでいる。遠藤雄幸村長の「必ず故郷を取り戻す」との決意のもと、避難区域の自治
クローズアップ現代+

2012年4月10日(火) 放送

広がる放射能“独自基準”

4月、一般食品に含まれる放射性セシウムの基準値が「1kgあたり100ベクレル」となった。国はこれまで暫定基準値「500ベクレル」でも健康に影響はないとしてきたが「より一層の安全・安心の確保のため」とし
クローズアップ現代+

2012年4月5日(木) 放送

どうする原発 運転再開

東京電力福島第一原発事故を受けて、政府が原発の安全性を確かめるために導入した「ストレステスト」。3月23日、原子力安全委員会が関西電力大飯原発3、4号機の結果について、事実上容認した。今後、政府が地元
クローズアップ現代+

2012年2月29日(水) 放送

“原発情報”クライシス ~日本は何を問われたか~

福島第一原発事故からまもなく1年。外交の研究者や元検事総長など民間の専門家集団からなる「民間事故調」は、独自の事故調査報告書を2月末に公表する。報告書は、政権中枢の政治家に加え、海外の要人など300人
クローズアップ現代+

2012年2月7日(火) 放送

動き出した電力ビジネス

震災での原発事故、春からの電気料金値上げなどを受け、電力会社ではないPPS(特定規模電気事業者)に企業や自治体から問い合わせが急増している。2000年の電力の一部自由化を受け、ガス会社や商社などが出資
クローズアップ現代+

2012年1月23日(月) 放送

原発賠償 遠い生活再建

東京電力福島第一原発事故の損害賠償。手続きの開始から4か月、被害者からは東京電力の賠償が十分ではなく、生活再建ができないという声が高まっている。「土地や自宅の賠償が保留され新しい家が買えない」「働くと
クローズアップ現代+

2011年12月12日(月) 放送

知られざる“都市濃縮”

東日本大震災から9か月。いま首都圏各地で、高い放射線量が計測される「新たなホットスポット」が次々に見つかっている。茨城県では、避難の目安、毎時3.8マイクロシーベルトに匹敵する場所が見つかり、住民の間
クローズアップ現代+

2011年12月1日(木) 放送

救えたはずの命 ~“寝たきり避難”の課題~

10月中旬に撮影された福島第一原発から5キロにある病院の映像。病院の外に大量のベッドが放置されている様子が映し出されている。運びだされたのは、自力で動くことのできない高齢者たち。この病院では、200人
クローズアップ現代+

2011年11月8日(火) 放送

放射性物質を減らせ

福島県内の農家たちが、国や自治体に頼らず、自ら放射能汚染の測定と農地の除染に取り組み、農業再生を図ろうと立ち上がった。カリウムやゼオライト、ホタテ貝の粉末など「除染」に効果があるとされる五種類の試験資
クローズアップ現代+

2011年10月31日(月) 放送

どうなる福島のコメ

今月中旬、全部で1700か所に及ぶ放射能検査を終え、「安全宣言」が出された福島のコメ。しかし、県内のコメ仲買業者の倉庫には、売り先の決まらない新米が次々と運び込まれ、山積みにされている。例年なら収穫前
クローズアップ現代+

注目のトピックス