クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu

アメリカ大統領選

25件
特集ダイジェストで取り上げた「アメリカ大統領選」に関する記事一覧です。

一覧

2020年8月7日(金) 放送

米大統領選まで3か月 トランプ大統領に“逆風”選挙の行方は

11月のアメリカ大統領選挙まで約3か月。新型コロナウイルスや人種問題などで、再選をねらうトランプ大統領に逆風が吹いている。アメリカの政治情報サイト「リアルクリアポリティクス」によると、今月(8月)2日...
国際報道

2020年7月27日(月) 放送

「差別」か「歴史」か。「南部連合」シンボル巡り高まる議論

5月に黒人男性ジョージ・フロイドさんが白人警察官に首を押さえつけられ死亡した事件をきっかけに、人種差別への抗議が続いているアメリカ。いま、各地で「南部連合」のシンボルを撤去する動きが起きている。「南部...
国際報道

2020年7月8日(水) 放送

イージス・アショア 配備計画断念 日米関係への影響

北朝鮮のミサイル攻撃に対応するため、日本がアメリカからの導入を決めていた新型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」。 先月(6月)、突然、配備計画が断念されました。 河野防衛相 「こうした事態に至...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年6月22日(月) 放送

影響力増すソーシャルメディア

「BLACK LIVES MATTER!」 (黒人の命も大切だ!) アメリカから世界へ瞬く間に広がった人種差別への抗議デモ。 そのうねりを作り出したのが、ツイッターなどのソーシャルメディアです。 瞬...
キャッチ!世界のトップニュース

2020年6月10日(水) 放送

アメリカで勃発!“郵便投票騒動”

先月(5月)26日に投稿されたトランプ大統領のツイッターが波紋を呼んでいる。アメリカでは、新型コロナウイルスの感染予防という観点から、11月に行われる大統領選挙について、郵送での投票を認める動きが広が...
国際報道

2020年4月24日(金) 放送

新型コロナ対策巡り深まる“アメリカ分断”

新型コロナウイルスの感染拡大をどう抑えるか、同時に経済をどう再生させるか、難しい状況が続いているアメリカ。トランプ大統領は、先月(3月)国家非常事態宣言を出したほか、大規模な経済対策を次々と発表するな...
国際報道

2020年3月25日(水) 放送

“スマホ投票”アメリカ大統領選挙の切り札に?

アメリカでは、選挙となると投票所の前に長蛇の列ができる。列ができるだけなら大した問題ではないが、実は、長時間待たされるのを嫌って投票に行かない人も多いといわれている。そこで、こうした待ち時間を減らして...
国際報道

2020年3月24日(火) 放送

アメリカ大統領選挙 中東和平への影響は

アメリカ大統領選挙の行方は、国際社会が直面する様々な課題に影響を与える。なかでも中東和平は、アメリカの政権交代に大きく左右されてきた。現在の共和党・トランプ政権は、極めてイスラエル寄りだ。国際社会と連...
国際報道

2020年3月4日(水) 放送

米大統領選 民主党候補者選び ブルームバーグ氏の戦略

アメリカ大統領選挙に向けた野党・民主党の候補者選び。選挙戦で撤退した中道派のブティジェッジ前サウスベンド市長やクロブシャー上院議員の支持も得たバイデン前副大統領が、序盤の出遅れを取り戻し勢いに乗ってい...
国際報道

2020年2月6日(木) 放送

“強いトランプ” 舞台裏の戦略~どうなる米大統領選~

2月3日のアイオワ州の党員集会で始まる大統領を決める長き戦い。トランプ政権の発足から3年あまり、アメリカ社会では分断が固定化し、それが大統領選挙に大きく影響しようとしている。トランプ大統領誕生以降のア
クローズアップ現代+

2020年2月5日(水) 放送

好景気の影に…急増するホームレス

底堅い消費や低い失業率が続き、「絶好調」のようにみえるアメリカ経済だが、その影で深刻な問題になっているのが、路上生活者、いわゆるホームレスの問題だ。アメリカ政府が今月(2月)発表した統計では、ホームレ...
国際報道

トランプ大統領「一般教書演説」 再選に執念

有馬 「トランプ大統領は『一般教書演説』を行いました。 この1年の施政方針を示すスピーチ、みずからの再選に執念を燃やす内容となりました。」
ニュースウオッチ9

2020年2月4日(火) 放送

アイオワ党員集会 ”結果がわからない” 現地で何が?

桑子 「11月のアメリカ大統領選挙に向け、民主党の候補者選びの初戦となったアイオワ州の党員集会。 その結果は、その後の選挙戦を占うものとして世界が注目しています。」 有馬 「注目しているんですが、現...
ニュースウオッチ9

2020年1月22日(水) 放送

トランプ大統領 岩盤支持層にほころび

桑子 「トランプ大統領、相変わらず強気ですね。」 有馬 「実際には罷免されないと見ているんでしょうね。 ただ大統領選挙に影響がないのかというとそうとも言い切れない。 ここに、揺らぎが見えるんです。」 ...
ニュースウオッチ9

2020年1月8日(水) 放送

トランプ大統領 再選に向け狙うは若者と黒人

今年(2020年)は、4年に1度のアメリカ大統領選の年。再選を目指すトランプ大統領だが、ウクライナ疑惑を巡った弾劾裁判が近く議会上院で始まる見通しで、威信は大きく揺らぎかねない事態になっている。そうし...
国際報道

2019年12月26日(木) 放送

アメリカ大統領選 意外な焦点“電子たばこ”

来年、行われるアメリカ大統領選挙。いま焦点があたっているのが、外交や経済政策ではなく国内の極めてニッチな問題を投票の決め手にする人たち、「シングルイシューボーターズ」の存在だ。2016年の大統領選挙で...
国際報道

2019年11月1日(金) 放送

米大統領選挙 混迷極める民主党候補者選び

2020年のアメリカ大統領選挙まで1年あまり。与党・共和党は、トランプ大統領が再選を目指す。対する野党・民主党の候補者指名争いは、まれに見る乱戦。いまも18人の候補者が、我こそはと主張を掲げている。そ...
国際報道

2017年11月6日(月) 放送

徹底ルポ “トランプのアメリカ”でいま何が

5日からアメリカのトランプ大統領が初来日し、安倍総理大臣と首脳会談。日米関係が緊密化する中、見過ごせないのが「予測不能」と言われる政権の行方だ。「アメリカ第一主義」を掲げ、当選してからまもなく1年。過
クローズアップ現代+

2017年7月11日(火) 放送

シリーズ トランプのアメリカを行く “ロシア疑惑” 情報戦の深層

トランプ大統領の就任から半年。アメリカは“ロシア疑惑”に揺れ続けている。最近では、大統領選挙にロシアが干渉していたとする政府機関の調査が次々と明るみになった。選挙期間中、ロシアのハッカー集団は全米20
クローズアップ現代+

2016年11月9日(水) 放送

“トランプ新大統領”の衝撃 ~大胆予測 世界は!?日本は!?~

クリントン氏か、トランプ氏か。接戦の繰り広げられるアメリカ大統領選は、いよいよ日本時間9日の午後にも勝敗が明らかになる見通しだ。新大統領のもとで外交や経済政策はどう変わるのか。そして、それは日本にどん
クローズアップ現代+

2016年6月14日(火) 放送

緊急報告 アメリカ銃乱射事件

アメリカ・フロリダ州のナイトクラブで起きた銃乱射事件は、これまで49人が死亡し史上最悪の惨劇となった。犯人と過激派組織ISとの関連は?なぜ同性愛者が集う場所が標的になったのか?謎は深まるばかりだ。大統
クローズアップ現代+

2016年4月27日(水) 放送

ドナルド・トランプという男 ~密着・大統領選 揺れるアメリカ~

過激な発言を繰り返しながら、共和党の大統領の候補者選びでトップを走るトランプ氏。その発言の背景にはいったいどんな思惑があるのか?今回NHKは、側近やビジネスパートナー、かつてのライバルなど、トランプ氏
クローズアップ現代+

2016年2月25日(木) 放送

大統領選挙に“異変”あり ~アメリカ社会に渦巻く不満~

4年に1度、アメリカのリーダーを決める大統領選。異例の混戦となっている最大の要因は、共和党で支持率トップを走る不動産王、ドナルド・トランプ氏の存在だ。政治経験は全くなく、オバマ政権を「弱腰」と真っ向か
クローズアップ現代+

2012年10月31日(水) 放送

“分断”されたアメリカはどこへ

再選を目指すオバマ大統領と、共和党のロムニー氏の激しい戦いが続くアメリカの大統領選挙。「公平」な社会の実現を掲げ、巨額の財政支出を伴う政策を推し進めてきたオバマ大統領に対し、ロムニー候補は、「自由」な
クローズアップ現代+

2012年6月5日(火) 放送

“自由”か“公平”か アメリカの選択

失業率が8%を超え、国民の6人に1人が貧困レベルに達し、先の見えない壁に突き当たるアメリカ。格差是正を政府が主導して“平等”な社会を目指すのか、それとも徹底した“自由”競争の追求か。現職のオバマ大統領
クローズアップ現代+

注目のトピックス