みんなでプラス メニューへ移動 メインコンテンツへ移動

みんなでプラス

「更年期の症状がつらいのに仕事を休めない」「更年期で使える休暇がない」―。「#みんなの更年期」取材班に多く寄せられてきた声です。労働団体の連合東京がこの春アンケート調査を行ったところ、更年期症状がある人の4割が通院や薬を服用しながら働き続けている実態が見えてきました。団体では、更年期の症状を抱えながら仕事を両立するためにどんな制度が必要なのか検討していきたいとしています。 (報道局社会番組部 ディレクター 市野凜)

コメント募集中
ちゃちょ
魚は、健康食です。20年で3割の漁獲高になって、3割の100万トンも廃棄されているなんて知らなかった。未利用魚のオンライン産直サービスで、皆が喜べるよう、捌きかたや作り方の番組や本を出してほしい。
みい☆
統合失調症は100人に1人って!多い!とても身近。それだけ多く苦しんでることをどれくらいの人たちに伝わっているのだろう。 私には知的障がいの息子(成人)がいる。先が見えない、私達だけの力ではどうにもならない。辛くて辛くて…助けがほしくて手をのばしてもつかまるところが見当たらない。それどころか世間は冷たくて恐ろしくて…ひきこもるしかなくなる。 親が動けなくなってしまったらどうなるのか。とにかく親が学び続けていくしかないと。自己満足かもしれないが、社会に訴えるにも知識がなければ負けてしまう。どうか皆さんの苦しみは1人だけと思わずに!共に生きているから。

ただいま私たちが取材中! あなたも参加しませんか?

「みんなでプラス」はこれからの社会を考える上で避けて通れないテーマについて、継続的に情報発信し、課題解決につなげていくためのサイトです。皆さんから寄せられた声を取材につなげ、一人ひとりが声を上げれば世の中は変えられると思える社会の実現を目指します。関心のあるテーマの記事のコメント欄から、体験談や質問、感想などをお寄せください。あなたの参加をお待ちしています。(コメントは編集部で内容を確認の上、掲載させていただきます)