クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2018年1月30日(火)
韓国から世界デビュー!? スター☆新時代

韓国から世界デビュー!? スター☆新時代

日本の若者がスターを目指して韓国へ…そんな新しい潮流が生まれている。先駆けは、去年末に紅白歌合戦に出場した「TWICE」。メンバー9人のうち3人が日本、1人が台湾出身の多国籍グループだ。テレビよりSNSでのプロモーションを重視し、女子中高生がネットで拡散して爆発的人気が出た。他にも男性グループ「BTS(防弾少年団)」はYouTubeやTwitterを駆使して、全米チャートで7位にランクイン、世界中にその名がとどろく。いま日本国内のダンススクールには韓国でのデビューを夢見る中高生が殺到、日夜厳しい訓練を積む。韓国の音楽シーンの何が若者をひきつけるのか?アイドルの卵に密着し、その最前線を追う。

出演者

  • 古家正亨さん (韓国大衆文化ジャーナリスト)
  • 武田真一・田中泉 (キャスター)

韓国から世界デビュー!? スター☆新時代

ご存じですか、このポーズ?

個性的なダンスで若者の心をつかみ、韓国から6年ぶりに紅白出場を果たした、TWICE。

こちらは全米ヒットチャートの上位に食い込み、世界中に熱狂的なファンを持つ、BTS。

今、韓国の若手スターたちが世界の音楽市場を席けんしています。そして日本の若者たちも、韓国から世界に羽ばたきたいと、続々と海を渡っています。

「これが本当にやりたいことだ。」

「歌とダンスが上手で尊敬していて、自分もなりたい。」

若者たちを引き付ける韓国の世界戦略とは?その秘密に迫ります。

紅白でも注目TWICE 人気の秘密を徹底分析

今月(1月)半ばに始まった、TWICEの初めての日本ツアー。チケットが即日完売する人気です。

でも、つい最近まで知らなかったという方もいますよね。実は、テレビ出演は数えるほどしかありません。日本でTWICEが広く知られるようになったきっかけは、インターネットの動画サイトです。振り付けの中の泣き顔を示す、TTポーズが大流行。中高生がまねをして踊り、さらにその動画がアップされて拡散。人気が爆発しました。
国境を越えたTWICEの人気の秘密とは何か。その1つは、韓国人だけでなく、日本や台湾の出身者も在籍する、多国籍グループであることです。今回の日本ツアーでは、日本人メンバーが進行役を務めました。

TWICE ミナ(日本)
「今回のツアーでは、初披露の曲もあるんですけど、どうですか?ジョンヨンちゃん。」

TWICE ジョンヨン(韓国)
「みなさんがいるから大丈夫ですね。」

「誰のファンなの?」

TWICEのファン
「モモのファンです。KーPOPっていうと、韓国だけのイメージがあるけど、日本人も入っているから、すごく親近感がわくなって思います。」

TWICEのファン
「日本メンバーがいたら、韓国メンバーに日本語教えて、しゃべってくれるところとかが、めっちゃかわいい。」

TWICEの生みの親である事務所代表のパクさんが、多国籍であることのメリットを語ってくれました。

JYPエンターテインメント 代表兼プロデューサー パク・ジニョンさん
「ファンがスターと結びつきを感じる一番のきっかけは、親近感です。特に3人の日本人メンバーとは、同じ言語、文化を共有できるわけですから、親近感はさらに増すはずです。」

アジアを飛び出し、世界での活躍を目指すTWICE。人気を支えるもう1つの秘密は、インターネットを駆使したPR戦略です。来月(2月)リリース予定の新曲のミュージックビデオは、アニメとの本格的なコラボを試みた野心作。新曲発売の1か月前に、フルバージョンを無料で先行公開。すでに世界中で2,000万回以上再生されています。監督には「ラブライブ!」などのヒットアニメを手がけた、京極尚彦さんを起用。国境を越えたファン獲得戦略です。

TWICEのビデオを制作した監督 京極尚彦さん
「日本の人たちはアニメにすごく慣れているとは思う。でもPV(プロモーションビデオ)でやるのは、探してみたけど意外とない。そこは結構、インパクトあるんじゃないかな。」

JYPエンターテインメント 代表兼プロデューサー パク・ジニョンさん
「(TWICEは)アメリカやヨーロッパへも広がるでしょう。どんなコンテンツを作るにせよ。インターネットで世界中に伝え、反応を観察します。そして最も反応のあった国や地域へ進出するのです。」

アメリカで人気爆発! BTS 防弾少年団

KーPOPグループの中で最も先進的なSNS戦略で知られるのがBTS(防弾少年団)。

一糸乱れぬ激しいダンスが特徴の7人組ヒップホップグループです。去年(2017年)5月には、ビルボード・ミュージックアワードでトップ・ソーシャル・アーティスト賞を受賞。6年連続トップだった、ジャスティン・ビーバーを抑えての快挙でした。BTSは、ツイッターのリツイート数のギネス記録も持っています。メンバーのプライベートなつぶやきは、思わずシェアしたくなる魅力的なものばかり。アメリカをはじめ、南米や中東など、SNS上で反応がいい国には、たとえ遠くてもすぐさま足を運びます。SNSのファンと、じかに交流を深めることで、世界中で熱狂的な支持を得ることに成功したのです。

全米音楽チャートに君臨 韓国の世界戦略

ゲスト 古家正亨さん(韓国大衆文化ジャーナリスト)

田中:世界の音楽市場に広がるKーPOPの人気を裏付けるデータがこちら、ソーシャル50です。

これは、アメリカ最大の音楽チャート、ビルボードが、アーティストのSNSでの人気、例えばフォロワー数や、動画再生回数などを調査したランキングなんです。その最新結果で、1位はBTS。なんと28週連続、通算でも58週にわたって、1位の座に輝いています。さらに上位50位の中には、韓国のグループが、ほかに6つもランクイン。あのTWICEも入っています。ちなみに、日本のアーティストは入っていません。

韓国アイドルやK−POPに詳しい、ジャーナリストの古家正亨さん。
成功の鍵はSNSということだが、どういうふうに使われている?

古家さん:SNSと動画投稿サイトの活用ですよね。簡単に言えば、アーティストがとにかくファンとのコミュニケーションを取るために、積極的にSNSを活用しているということと、動画投稿サイトにとにかくあらゆるコンテンツを出し惜しみなく、どんどん広げていく。それがやはり、世界に通用するコンテンツと相まって、多くのファンを獲得するに至っているのかなという感じがします。

反応がいい所には、積極的に出ていくということだが、言語や文化の壁はないのか?

古家さん:スマホの普及によって、言語の壁というのはなくなってしまったのかなという感じがします。われわれ、僕40代ですけども、昔、FMラジオでかかる洋楽を必死に聴いて、意味も分からずCDを買いに行くっていうのが1つの流行だったと思いますけれども、同じような感覚で今、KーPOPを言葉の壁を関係なく、聴いてるような感じがしますね。しかも、見る音楽という価値観で聴いてる人が多いんじゃないのかなという感じがするんですよね。聴く音楽の時代だとKーPOPは、もしかするとここまで成功しなかったかもしれません。

そして、TWICEのほかにも、韓国人以外のメンバーを受け入れているグループというのが、こんなにもあるんです。例えば、アメリカ出身のメンバーもいる「GOT7」、中国出身のメンバーがいる「SEVENTEEN」。
多国籍化がこれほど進んでいるのは、なぜ?

古家さん:積極的な海外進出のためっていうよりも、実は2000年代の初めから韓国の芸能事務所は、世界各地でオーディションをやっているんですね。その目的というのは、韓国人に限らず才能のある人を世界中から集めてグループを作ろうという目的があったわけなんです。ですから、その国のメンバーを入れることによって、その国への進出ということもあるかもしれませんけれども、それ以上に、クオリティーの高いグループを作ろうというのが背景にあると思います。

そもそも、韓国の音楽業界は、なぜ世界を目指さなければいけない?

古家さん:市場規模が日本に比べると20分の1ぐらいというふうにいわれていますけれども、それ以上に、韓国の隣に、アメリカに次ぐ世界第2位の音楽市場である日本があったからっていうことが、すごく大きいと思うんですね。チャレンジしやすいですし、しかも、冬のソナタというドラマをきっかけに、韓国のエンターテインメントに対して、比較的受け入れやすい環境のあった日本で成功することで、それを足がかりに世界へというのはあったと思います。

田中:このように、多国籍化が進むKーPOPグループにあって、最近、存在感を増しているのが日本人です。日本人が3人所属するTWICEだけでなく、「CROSSGENE」のタクヤ、「D.HOLIC」のレナ、「NCT127」のユウタなど、現在10人以上が活躍しています。世界での活躍を夢見て、韓国を目指す日本の若者たちに密着しました。

アイドル夢見る日本の若者 世界めざし韓国へ

大阪にあるKーPOP専門のダンススタジオです。

生徒の多くは10代の女性で、韓国デビューを目指す人もいます。生徒数は2年前から急増し、400人を超えています。

KーPOP ダンススタジオ 社長 ジョン・ヨンスさん
「TWICEですね。」

きっかけは、卒業生のミナさんがTWICEのメンバーに選ばれたこと。最近では、韓国の芸能事務所からスカウトがたびたび訪れるようになっています。

KーPOP ダンススタジオ 社長 ジョン・ヨンスさん
「TWICEがすごくうまくいったんで、他の事務所もTWICEみたいに日本人メンバーを入れてグループを作りたいという傾向になってきて、何人かは目をつけられて、声をかけられている子はいます。」

講師は、KARAや2PMも指導していたプロダンサー。レッスンに妥協はありません。

講師
「ダメだよ。死ぬほど練習して、体で覚えてからやる。」

重視しているのは、ライブで2時間近く歌い踊り続けられる基礎体力。体幹を鍛える訓練など、体を徹底的に作り上げます。
去年7月からこのスタジオに通う、高校2年生の福井菜々子さん。

幼いころからのアイドル好きが高じて、去年から本格的なレッスンを始めました。

福井菜々子さん
「部活ですね、本当に。もう、しんどいです。」

小学生のころは、日本のアイドルグループに入りたかったという菜々子さん。中学の時に、母親と行ったK−POPのライブに衝撃を受けました。自分も韓国でデビューして、世界を目指したいと考えるようになったのです。

福井菜々子さん
「すごいクオリティの高さ。いろんな国でも認められる音楽で(世界に)出て行ったりしてるから、そこはすごい尊敬するし、憧れています。」

「日本の(芸能)事務所に声をかけられたら?」

福井菜々子さん
「もう韓国の方に行きたいっていう気持ちがあったんで、もうそこはないですね。」

母親と2人暮らしの菜々子さん。大きな岐路に立たされていました。先月(12月)韓国の芸能事務所からスカウトされ、韓国に来てみないかと誘われたのです。

母 美奈子さん
「実際に行ってデビューできるのかみたいな、そっちの不安もあるし、デビューして売れるのかっていうのもあるし、途中であきらめて帰ってくるんじゃないか。」

「お母さんと離れるけど?」

福井菜々子さん
「寂しいですけど、でも早く行きたいです。」

今月12日、菜々子さんは母親と共に韓国を訪れました。

芸能事務所にスカウトされてから1か月。正式な契約を決心したのです。

福井菜々子さん
「実感がまだないです。」

事務所は、去年設立されたばかり。社長は、大手事務所で東方神起や少女時代を手がけた後、独立した人物です。菜々子さんに、なみなみならぬ期待をかけています。

n.CH エンターテインメント 代表 ジョン・チャンファンさん
「実物の方が映像で見たときより魅力的ですね。外国に来て、はじめは言葉も通じなくて不便でしょうが、すべてを乗り越えれば、他の人より何倍も価値のある成功が待っています。」

「ここがレッスン場です。」

韓国では、通常デビューするまでは練習生として事務所に所属し、レッスン漬けの日々を送ります。

「このサラダは毎晩のメニューです。これと肉類です。体重は週に一度、はかります。木曜にはかって、金曜には全社員に知らされます。」

福井菜々子さん
「とりあえず、痩せなあかん事には変わりない。」

今回、同時にスカウトされた韓国人のメンバーと初顔合わせ。

いずれグループを組むことになる仲間です。ほかのメンバーは、3週間前からすでにダンスの練習を始めていました。

「このレッスンを一緒にやるんだけど、出来る?」

福井菜々子さん
「やりたいです。」

韓国で最初のレッスンは、ボイストレーニング。これまでダンスしか学んでこなかった菜々子さん。初めての経験です。

「今の声は、自分で聞いて小さいと思わない?なぜ小さいか分かる?自信がないからだよ。」

人前で歌った経験がほとんどないため、思いどおりに声が出ません。

「涙ぐんでいるけど?緊張してる?緊張しているから?泣いても大丈夫だよ。」

初日から、デビューを目指す厳しさを思い知らされました。

福井菜々子さん
「集中して、一個一個学んで、自信を持って舞台に立てるように、練習をもっとしていこうと思います。」

菜々子さんより一足先に韓国に渡り、デビューを果たした若者もいます。
高田健太さん。

2年前、単身韓国へやって来ました。

高田健太さん
「こうやって韓国ではアイドルの誕生日にファンの人たちがお金を出しあって、広告を作ってくれるんです。」

所属しているのは、期間限定で結成された6人組のグループ、JBJ。

デビューからまだ3か月ですが、ファンを増やすため、多くの国でライブを行っています。

高田健太さん
「タイ、シンガポール、台湾、香港、フィリピン、日本。香港に行って帰ってきて、あさってフィリピンに行きます。」

しかし、グループは春には解散する予定。その先は、まだ決まっていません。世界へ羽ばたく夢が実現するまで、健太さんは挑戦を続けます。

高田健太さん
「僕は『休みはいりません』って言いました、マネージャーに。自分が望んでいたことだし、これがやりたくて来ているし、あきらめなければ、絶対に幸せだと思いますし、気持ちひとつです。」

アイドル夢見る日本の若者 世界めざし韓国へ

とかく内向きといわれることが多い日本の若者ですけど、「休みはいりません」と、ちょっと心配になるぐらい頑張っていますよね。
こうした例は増えている?

古家さん:実は2000年代前半から、本当に数多くの日本人が、韓国の歌手とかアイドル目指して、実際にデビューもして頑張ってきたんですね。ところが、当時は韓国、就労規制等々があって、なかなか外国人のメンバーが成功を収めることが物理的にできなかったという背景があって、でも、そういった先輩たちがいるからこその、今、みんな活躍できている状況があるっていうことを、まず分かってほしいっていうのがあります。それから何と言っても世界的に注目されている韓国のアイドルなので、韓国のアイドルになることで、世界で活躍できる、世界が近いっていう、1つのゲートウエーが彼らにとって、今、韓国のアイドルだっていうことだと思うんですね。
(ただ、やはり厳しい?)
厳しいですね。100組以上アイドルが今いるっていわれている中で、テレビで活躍できるのは、本当に上位数十組といわれていますから、その中に入るのも大変ですし、デビューするのも大変ですから、みんな頑張っていると思います。

田中:韓国では、スターの国際展開を進めるため、海外のプロデュース戦略を貪欲に吸収しています。例えば、韓国で最近急増している、公開オーディション番組。視聴者投票でデビューするアイドルをふるいにかけていく仕組みで、アメリカのリアリティーショーのノウハウを取り入れるなどしています。中には、スマホのアプリでリアルタイムに投票できるよう、進化した番組もあるんです。また、人気オーディション番組の1つは、去年の11月、日本の秋元康氏さんに声をかけ、「PRODUCE48」という国際コラボ企画を立ち上げました。AKB48のように、ファンと共に育てる育成型アイドルを目指す予定です。

秋元さんのノウハウも取り入れようとしているということだが、AKB48のような育てるアイドルは、韓国には今までなかった?

古家さん:今まで韓国のアイドルって、どちらかというと、完成型アイドルを各芸能事務所がお金を費やして届けるっていうところが、1つの魅力だったと思うんですけれども、今回、このPRODUCE101という番組で、本当に各芸能事務所の練習生たちがふるいにかけられて、視聴者投票の中でデビューするという、まさに育成型アイドルのノウハウを取り入れてやったところ、大成功しまして、昨年、大ブームになっちゃったんですね。なので、今後、こういった日本のノウハウも取り入れながら、独自の発展を遂げていくと思うんですけど、これまでの完成型一辺倒だった韓国アイドルの今後のデビューのさせ方は、少し大きな転換点に来ているのかなという気はしますね。
(韓国のアイドルも、これからますます多様化して、なおかつ世界に打って出る?)
オーディション番組のおかげで、より日本人、外国人のメンバーが参加しやすい環境が生まれているというのもあると思います。

日本から世界を目指すには?

古家さん:ただ、韓国のアーティストや音楽関係者にこの話をすると、口をそろえて、日本の音楽市場の多様性は本当羨ましいって言うんですね。ロック、ジャズ、ダンス、クラシック、アニメに、サントラ、そしてアイドルと、それぞれの市場がしっかり確立されていて、そして聴く人もリスナーも多いと。韓国の音楽界っていうのは、実はアイドル市場が今、大多数を占めてしまっていて、ちょっと偏り過ぎている、大きくなり過ぎてしまった。そこは日本から学ぶべきところが非常に多いし、日本ももしかすると、そういった日本の音楽市場の良さを生かして、世界へとアプローチする、いくらでもそういった世界への可能性っていうのはあると思うんですよね。

日本のエンターテインメントのレベルは高い?

古家さん:当然だと思います。ただ、韓国の世界での成功例っていうのは、ある種、ノウハウは十分に吸収して、それを日本なりに発展させて取り入れていくことが、世界への近道になるのかという気は、個人的にはします。

世界へ進出する新しい道を開いた韓国の音楽業界。そこに挑戦する日本の若者たちの姿。国境にこだわらない柔軟さと、たくましさを感じました。これから、どんなアーティストが世界に飛び出してくるのか、楽しみです。