クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2017年9月5日(火)
広がる“遺贈” 人生最後の社会貢献

広がる“遺贈” 人生最後の社会貢献

自分の財産を全て家族に残すのではなく、遺言を書いてユニセフやあしなが育英会などの公益団体に贈る“遺贈”を選ぶ人が増えている。少子化や未婚化で子がいない夫婦やおひとりさまが増え、国庫に返納したり疎遠な親族に譲ったりするぐらいなら、社会の役に立ちたいという思いが支えになっているのだ。犬好きの女性がコツコツ貯めた100万円を盲導犬協会に寄付するケースから、医師夫妻が6億円を教育財団に委ねるケースまで、金額の多寡や贈与先も様々。東日本大震災後の寄付意識の高まりや終活ブームも相まって、ついに日本にも寄付文化が根付くのではと期待が高まっている。一方で、遺贈に合意していない家族とトラブルになるなど、課題も浮かび上がっている。人生最後の社会貢献、“遺贈”。生きた証しを残し、自分らしく人生を締めくくるための方策を考える。

出演者

  • 鵜尾雅隆さん (全国レガシーギフト協会副理事長)
  • 樽本哲さん (弁護士)
  • 武田真一・鎌倉千秋 (キャスター)

広がる“遺贈” 人生最後の社会貢献

あなたの遺産、その一部を他人に寄付して社会貢献する「遺贈」という方法があるんです。今、そんな人生のしまい方が急増しています。

保育園の子どもたちが目を輝かせる絵本。これらは全て、ある女性の遺産によって購入されました。

この町で30年以上保育士として働いてきた、相川久枝さん。去年(2016年)8月、69歳で亡くなりました。相川さんは、コツコツとためた遺産3,400万円を、子どもたちのために使ってほしいと遺言書に書き残し、「遺贈」したのです。

同僚
「子どもと一緒になって笑ってる。そういう人でした。」


「自分のことより人のことみたいな。人のために。姉らしいな。」

「人生の最後に社会の役に立ちたい」「たとえ少額でも生きた証しを残したい」。こうした理由から、今、遺贈を選択する人が増え始めています。

遺贈を検討している女性
「最後にちょっとでも、ほんの少しでも社会貢献ができたらいいな。」

しかし、相続するつもりの親族と争いごとになるケースもあります。それをうまく避ける方法とは?
人生最後の社会貢献「遺贈」、一緒に考えてみませんか?

鎌倉:遺贈寄付、いわゆる「遺贈」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。遺言書などで自分の意思を示し、死後に遺産の一部、もしくは全部を応援するNPOや企業などに寄付することをいいます。遺贈を行うのに金額の制限はありません。数万円でも可能です。
国の調査では、遺贈される額は年間300億円ほど。遺贈の件数は、今急速に増えていまして、例えば、日本盲導犬協会に対しては、この3年で2倍に。国境なき医師団に対しては、この4年で2.5倍と広がっているんです。

贈り先の金額もさまざまですが、皆さんどんな思いを託して遺贈しているんでしょうか。

“遺贈” 人生最後の社会貢献 寄付で残す生きた証し

生きた証しを残したい。感謝の気持ちを伝えたい。遺贈には、故人のさまざまな思いが込められています。
札幌の定時制高校の教師だった男性。近所の動物園のチンパンジーが大好きで、毎日のように通っていました。男性は遺産を、動物園を運営する市に遺贈。チンパンジーが遊ぶ遊具などの購入費に使われました。
川崎で不動産業を営んでいたこの男性は、生涯独身で子どもがいませんでした。

遺贈先に選んだのは、親友が働く、地元の科学館。天体望遠鏡の購入費に充てられました。隔週で開かれる天体観測会は、市民の間で人気を呼んでいます。
故人の思いを家族がくみ取り、相続した遺産を寄付するケースもあります。
4年前、がんで亡くなった、加納典子さん。残された遺産は、同じがんで苦しむ患者のために遺贈されました。京都府の職員だった典子さんは、愛する京都の伝統文化を国内外に紹介する仕事に取り組んでいました。

夫 伸晃さん
「とても柔らかい感じで、おっとりした感じなんですけれども、結構、芯が強い、しっかりした妻だったと思います。」

母親としても、一人娘を育て上げた典子さん。しかし47歳の時、鼻の神経に腫瘍ができるがんが発覚しました。やがて、がんは顎や首にも転移。8回も手術を行う、過酷な闘病生活を送りました。典子さんのがんは患者数が少なく、周りに同じがんを患う人はいませんでした。そのため典子さんは、孤独を感じていたといいます。

夫 伸晃さん
「入院したときに、このノートを持っていって。」

典子さんは日記に、同じがんを患った人同士で悩みを話し合える会があればいいと書いていました。

夫 伸晃さん
「自分と同じように苦しんでいる人の気持ちが、少しでも軽くなる。」

しかし、その願いはかなうことなく、典子さんは52歳の若さで亡くなりました。典子さんの死後、夫の伸晃さんは、その願いを遺贈によって実現させました。

「たまたま、がんであると分かって、どうしよう、どうしようと思って。抗がん剤するときに(髪の)色、全部抜けるかもしれない。」

伸晃さんは、典子さんの遺産の一部60万円を、地元の財団に遺贈。それを元に、同じがんを患う患者の会や、働くがん患者の会が設立されたのです。

患者会の参加者
「加納さんのおかげで(患者会が)出来て、本当にありがたいです。」

患者会の参加者
「同じ境遇の人と話をするほうが、『そっか私だけじゃないんだ』って、『頑張ろう』って思えたりするので。」

夫 伸晃さん
「自分は残念だったけれども、いま皆さん方が、そういう気持ちにならなくて、互いに支え合っていくことができる。(妻は)喜んでいると思います。」

遺贈への関心が高まる中、今全国各地で無料の相談窓口が開設されています。この日相談に訪れたのは、定年を間近に控えた、中学校教師の中村由紀さん。

中村由紀さん
「ちょっと昔に大病をしていますので、先がどれくらいかも分からないし。」

家族に遺産は残しつつも、社会貢献として100万円ほどを遺贈したいといいます。しかし中村さんは、せっかく遺贈をしても、それを大切に使ってもらえるか、不安を感じていました。

中村由紀さん
「時々、寄付をしていて、怪しげなところもいっぱいあったんですよ。あとからダイレクトメールが来たりとか。」

全国レガシーギフト協会 理事 樽本哲弁護士
「働いているスタッフのみなさんが遺贈を受けることとか、頂いたお金を使うことに対して、どういう意識を持っているか、一回現場は見られたほうがいいと思います。」

遺贈先を決める際は、実際に自分の目で活動内容を確認しておくことが重要だといいます。
アドバイスを受けた中村さん。早速、介助犬を育成する団体を見学することにしました。

この団体は、活動資金の9割を寄付に頼りながら、体に障害がある人の生活を支えるために、年間20頭の介助犬を育てています。
スタッフから遺贈の使い道について、詳しい説明がありました。3,000円でも、介助犬のシャンプー代になるなど、少額でも役に立つことが分かりました。さらに、まとまった金額を遺贈すると、感謝を示すプレートが飾られるといいます。

中村由紀さん
「今まで漠然だったのが、こういうこともしたいという自分の思いがもっと深まって、自分としては、どこに寄付していこうかなと考える一歩となりました。」

“遺贈” 人生最後の社会貢献 寄付で残す生きた証し

ゲスト 鵜尾雅隆さん(全国レガシーギフト協会副理事長)

鎌倉:遺贈寄付は、全国各地で地域への貢献や未来への投資となっています。
千葉県松戸市に残る、この1ヘクタールの森は、地元の男性の遺族が自然保護団体に遺贈したものです。

地域の森を守り、活用してほしいという男性の願いから、森では今、子どもたちの自然教室などが開かれています。
また、夫を難病で亡くした女性は、夫と同じ病気に苦しむ人たちに希望を与えたいと、京都のIPS細胞研究所に遺贈しました。寄付金1,000万円は、研究資金などに役立てられています。
こちらは、実際に遺贈が行われるまでの流れです。

まず、遺贈する相手先を決めた後、遺言書を作成し、亡くなった後は遺言に沿って、遺族や遺言執行者となった弁護士や司法書士などが遺贈を行います。
では、遺贈先として、どんな団体があるんでしょうか。
関心はあるけれども、どこに贈ればいいのか分からないという方に向けては、無料で相談できる窓口もあります。希望に合わせて遺贈先の団体を紹介してくれます。
一方で、多くのNPOや慈善団体も、遺贈の受け皿になろうと体制づくりを進めています。
こちらは今、全国で開催されている遺贈セミナーです。

活動資金の多くを寄付に頼るNPOや慈善団体のスタッフが、遺贈先に選んでもらうために、効果的な情報公開のしかたや遺贈を受け入れる際の注意点などを学んでいます。

遺贈を考える人たちをサポートしている鵜尾さん。
遺産を寄付するというと、一部の資産家の方だけの話なのかなというふうに思っていたが、こんなに裾野が広がっている。これは、なぜ?

鵜尾さん:私たちも「いぞう寄付の窓口」という相談窓口でたくさんのご相談を受けてるんですが、見ていますと、終活の一環で自分たちの人生の集大成として、どんな社会貢献をするかということを考える方がすごく増えておられるなと思います。これは1つには、お子さんがいらっしゃらないとか、そういうことで、このままでは国にそのまま遺産が行ってしまう中で、どう生かすかという方が増えておられることもあるんですが、それ以上に、例えば東日本大震災の時には7割ぐらいの方が、被災者のために寄付をされたと。実はその後も、ある調査では、約7割ぐらいの方が社会のために役立ちたいとおっしゃっていて、その中で、何か自分のできることはないだろうかと考える方が今、増えてきておられると思います。ただ、生きているうちは、老後どのぐらいお金が要るか分かりませんから心配ですけど、亡くなる時だったら、それを生かして社会貢献しようということが出てきている感じがしますね。

この遺贈の広がりは、どのぐらい日本社会を変える力になる?

鵜尾さん:実は今、相続というものが1年間に起こっているのが、大体40兆〜50兆円というふうな推計があります。われわれの調査でも、そのうち、シニアの方で2割ぐらいの方がその一部なりを社会貢献といいますか、寄付とかしてもいいんじゃないかと考えておられるという。
(相当な額になる可能性はある?)
しかし実際にそれができている方は0.1%もいらっしゃらない状況ですから、そこが1つの可能性と課題ということもあるかもしれません。

遺贈した場合の相続税は、どうなる?

鵜尾さん:遺言を書いて遺贈寄付をして頂きますと、そのお子さんに残る相続財産から控除になりますし、相続をされてから10か月以内にそうしたNPO団体等に寄付をされた場合も相続財産から控除になるというふうになっていますので、税金上のメリットというのもございます。

もちろん税金という形で社会に貢献するというのもいいんですけれども、遺贈で個人の思いを生かすことができるというメリットもありそうですね。

鵜尾さん:税金との1つの違いは、先ほどのVTRにありましたように、自分たちの思いを子どもであったり、動物であったりということに生かせるということだと思うんですが、同時に、意思のある思いのある寄付というのが、受け取った側にとっても非常に大きな意味があると。これは、たとえ少額で10万、20万であっても、人生の集大成に寄付先として選んで頂いたということが、受け取ったNPOにとっても、すごく頑張って、これをしっかり生かしていこうとなっていくことがあると思いますね。

ただ、遺贈する時に気を付けなければならないこともあります。遺産を相続する権利のある家族とのトラブルをどう防ぐかという点です。

“遺贈” 人生最期の社会貢献 家族とのトラブル回避法

遺贈について、どう思うか。高齢者の意見を聞くと、やはり家族とのトラブルを心配する声が多く聞かれました。

「私んとこも、それ(遺贈)を考えているんだけど、(子どもから)意見なんか聞いてない。」

「相続する人があるんだったらね、(遺贈すると)相続人が怒っちゃうかもしれない。」

家族とトラブルにならないように遺贈を行うには、どうすればいいのか。遺贈の仲介などをサポートしている日本財団によると、トラブルを未然に防ぐ、いくつかのポイントがあるといいます。
この日訪ねたのは、山形に住む84歳の男性です。男性には3人の子どもがいますが、遺産の一部を遺贈したいといいます。男性が遺贈を決めたのは、認知症で老人ホームに入所している妻への思いからでした。

遺贈を決めた男性(84)
「鳥海山の頂上の山小屋で結婚式をしたんですよ、50年前。」

50年苦楽を共にしてきた妻。その妻をかいがいしく世話してくれる介護施設の活動のために、遺産の一部を使ってほしいと思うようになりました。男性はすでに遺言書を作成しています。自分の意思を遺言書で明確に示すことは、トラブルを防ぐ第一歩となります。さらに男性は、3人の子どもにも遺産を相続させると書いています。妻や子どもなど、法律で定められた相続人には、遺産の一定額を受け取る権利があります。それを考慮した上で、遺贈する金額を決めることが、トラブル防止のためには重要です。

日本財団 遺贈寄付担当 青木将美さん
「遺言書、書かれてるじゃないですか。具体的な内容とか、お嬢さんたちに細かくお話とか。」

しかし男性はまだ、3人の子どもと遺贈について、しっかり話し合っていませんでした。

遺贈を決めた男性(84)
「(子どもたちに)財産残してもあまりねと思うよ、私の考えはね。子ども一人ひとりからは、意見は聞いていませんけどもね。」

日本財団の担当者は、元気なうちに家族と話し合っておかないと、たとえ遺言書を残しても、そのとおりに実行できない場合もあるとアドバイスしました。

日本財団 遺贈寄付担当 青木将美さん
「相続人の方が、必ずしも納得されないこともありますから、そういったところで、遺言自体、執行できないと、もしできなくなってしまうと、せっかくの遺言者の意思が反映できないっていうようなことにもなりかねないです。」

この日、老人ホームに入所している男性の妻が一時帰宅しました。男性は、車椅子のまま乗り降りできる、こうした福祉車両の整備や購入に、遺産を使ってほしいと希望しています。

男性の娘
「冷やっこい?おいしい?おいしいか?」

妻の帰宅に合わせて、近くに住む娘も帰ってきました。

遺贈を決めた男性(84)
「母さんこれ、どこだか分かるか?誰だか分かるか?」

男性の妻
「きれいだな。」

遺贈を決めた男性(84)
「きれいだよ。ラブレターと一緒、あの世に持っていこうと思って。」

男性は、妻への思いから介護施設に遺贈することを娘に伝え、理解を求めました。

遺贈を決めた男性(84)
「『争続』そうが争いの続ね。そういう形になってもらいたくない、一番の念頭にあります。お願いするしかないわけだね。」

父の思いを聞いた娘は、遺贈を前向きに受け止めることにしました。

男性の娘
「私たちにはそれなりのものを頂けるわけだし、あとは母のこともあるし、福祉に使ってもらえるなら、一番いい使い方なんじゃないかなって。いつまでも体調に気をつけて、長生きしてほしいと思っています。」

“遺贈” 人生最期の社会貢献 家族とのトラブル回避法

ゲスト 樽本哲さん(弁護士)

鎌倉:せっかくの遺贈が家族とのトラブルにならないために、どんなことに気を付ければいいのか、遺贈に詳しい弁護士の樽本哲さんです。
トラブルを防ぐポイント、まずは「遺言書にひと言添える」。これは、どういうことですか?

樽本さん:遺言書に、自分がなぜ遺産の一部を寄付しようと思ったか、その気持ちを家族へのメッセージとして書くことができます。これを「付言事項」といいます。これがあることによって、遺贈を知った家族が、なぜその遺贈をしたのかという気持ちが分かって、心情的に納得できるということがあります。

鎌倉:ないと問題になりますか?

樽本さん:ない場合は、なぜ遺贈したのかということを疑って、もしかしたら、だまされているんじゃないかと心配してしまう可能性がありますね。

鎌倉:付言事項に思いを残すと。
続いて「遺留分に配慮する」。これは、どういうことですか?

樽本さん:「遺留分」といいますのは、法律で認められた相続人の遺産に対する取り分の事をいいます。これを侵害するような遺贈をしてしまうと、後に家族とトラブルになってしまうことがあるんですね。

鎌倉:例えば、こういった家族構成の場合はどうなるでしょう?

樽本さん:4人家族でいる場合は、配偶者が4分の1。お子さんたちがそれぞれ8分の1の遺留分を持っています。

鎌倉:こういった家族の権利にも配慮することが大事だということですね。
そして、現金ではなくて、不動産を遺贈する時にはどんなことを気を付ければいいですか?

樽本さん:不動産は、遺贈を受ける民間非営利団体が、もらっても自分の団体に活動で使えない場合があるんですね。管理も大変ですし、処分にも困る。そういうことがありますので、事前に遺言書で、不動産の遺贈をする場合には必ず受け取ってもらえるかどうか確認をして頂きたいと思います。

鎌倉:それが受け取るかどうか分からない場合はどうすればいいんでしょうか?

樽本さん:それは、遺言の中で、不動産を売却した残ったお金を寄付したいということをしっかりと書いて頂ければいいと思います。

鎌倉:それも、やはり遺言書にしっかり書いておくことが、トラブルを避けることにつながると。

樽本さん:そのとおりです。

鎌倉:以上、遺贈のアドバイスでした。

この遺贈を広く普及させていくためには何が必要?

鵜尾さん:やはり誰でも気軽に安心して相談できる、しかも無料で中立的な相談窓口というのが身近にあるということがすごく大事だと思うんですね。そういったところで、さっきのトラブルを回避するようなアドバイスもそうですし、同時に最適な、自分に合った安心できる寄付先の紹介を頂くみたいな、こういうことが大事だと思いますね。

受け取る側はどうなのか?

鵜尾さん:受け取る側も、しっかりとした研修を受けて、自分たちで仕組みを作る準備をするという、そうしたことも大事ですので、私たちも今「全国レガシーギフト協会」として、そうした全国のNPOの準備を整える検証をしたりというのも今、進めています。

この遺贈の意義、私たちはどう考えていけばいい?

鵜尾さん:私は、遺贈寄付というのは、まさに次世代への心の贈り物だと思うんですね。
これは、例えばお子さんとか、お孫さんたちにとっては、自分たちのおじいちゃん、おばあちゃんがそういうことをしたということが1つ誇りになって、人生の中で大変な時でも、どこか自分たちを支える支えになっていくことがあったり、あるいは地域の子どもたちが、さっきの子ども図書館のようなものを見て、地域のおじいちゃん、おばあちゃん、こういうことしてくれているんだと感謝をする、そうした世代を超えた助け合いみたいなことが、日本でどんどん定着していく、そういう意義があるような気がしますね。

世代間、あるいは社会の中の結び付き、絆というのを強める効果もあるかもしれませんね。
この「遺贈」、自分が去っていく社会に願いを託すことだと思いました。願いがこもったお金は、人や社会を動かします。人生最後の贈り物で、少しでも社会をよくすることができるのであれば、すてきなことだと思います。