クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2017年4月27日(木)
プライバシーか?セキュリティーか? ~スノーデン“日本ファイル”の衝撃~

プライバシーか?セキュリティーか? ~スノーデン“日本ファイル”の衝撃~

4年前、アメリカのCIA=中央情報局のスノーデン元職員が持ち出した、NSA(国家安全保障局)の機密文書。今月24日、未公開だった文書の中に、安全保障の分野を中心に日本に関わる情報があることが明らかになった。NSAが「XKEYSCORE」(エックスキースコア)という、ネット上の電子メールや通話記録などを検索できる監視システムを日本側に提供したという記述もある。番組では、関係者や専門家を取材。さらにはロシアに亡命したスノーデン元被告へのインタビューも交え、セキュリティーとプライバシーをどう両立できるのか考える。

出演者

  • 池上彰さん (ジャーナリスト)
  • 土屋大洋さん (慶應義塾大学大学院教授)
  • 武田真一・田中泉 (キャスター)

新たなスノーデン極秘文書 亡命中の本人に直撃

月曜日に公開された、日本に関するスノーデンファイル。
アメリカが作った大量監視プログラムは、本当に日本に提供されたのでしょうか。

カメラの前に現れたのは、ロシアに亡命中のエドワード・スノーデンCIA元職員です。

かつて、日本で諜報活動に携わったこともあるというスノーデン元職員。
スパイのGoogleとも呼ばれる特殊なプログラムの存在について語り出しました。
4年前、スノーデン元職員が暴露したアメリカ国家安全保障局の極秘文書、スノーデンファイル。
今回、日本に関する13のファイルの存在が明らかになりました。
アメリカが同盟国の日本を監視していたという記述。
そして、アメリカが開発した大量監視プログラム「XKEYSCORE(エックスキースコア)」が日本に提供されたと記した文書もありました。

スノーデンファイルがもたらす新たな衝撃。
極秘資料から、セキュリティーとプライバシーの問題について考えます。

“大量監視プログラム”を日本に提供?

月曜日に公開された、日本に関するスノーデンファイルは全部で13。
公開したのは、調査報道を専門とする、アメリカのNPOのインターセプトです。
今回、私たちは共同で取材を進めまして、月曜日の番組では、アメリカが諜報活動に日本を利用していたとするファイル、アメリカが日本を監視対象にしていたとされるファイルについて報じました。
今夜は、アメリカが開発した大量監視プログラムを日本に提供していたと記されたファイルについて見ていきます。

田中:スノーデンファイル、最初に公開されたのは2013年です。
アメリカの諜報活動に国内外で批判が高まり、オバマ政権は、一部行き過ぎた面はあったと認めました。
スノーデン元職員の告発については見方が分かれていまして、当時、アメリカでの世論調査では、内部告発者として肯定的に評価する人が55%、裏切り者とする人が34%という結果でした。
そもそもスノーデン元職員は、なぜ告発に踏み切ったのか。
私たちは、ロシアに亡命中のスノーデン元職員に独占インタビューしました。

新たなスノーデン極秘文書 亡命中の本人に直撃

人目を避けるように、指定のホテルに姿を現した男性。
エドワード・スノーデンCIA元職員、33歳。

アメリカの諜報活動の実態を暴露したことから指名手配され、現在はロシアで亡命生活を続けています。

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「亡命生活を送っているので、(アメリカの)家に帰ることができませんが、自分のしたことに満足しています。」

スノーデン元職員が最初に世界の注目を集めたのは4年前。
アメリカ、NSA=国家安全保障局の監視活動の実態を示す極秘文書を暴露し、衝撃を与えました。
なぜ、スノーデン元職員は内部告発に至ったのか?
これは、現在公開中のスノーデン元職員の半生を描いた映画です。

“請願書に署名を。”

“結構です。”

“賛成できない?”

“自分の国を非難したくない。”

かつては愛国心にあふれた青年だったといいます。
2001年の同時多発テロ以後、国の安全が脅かされていると危機感を抱き、軍に志願します。

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「私は政府を信頼し、自分を愛国主義者だと考えていました。」

その後、プログラミングなどの技術を生かし、CIAやNSAで諜報活動に従事します。
しかし、そこで目の当たりにしたのは、テロ対策を理由に監視が肥大化していく実態だったといいます。

“政府は誰を調べてる?”

“世界中すべての人間さ。”

NSAは、「Collect it all(コレクト・イット・オール)」という世界中のあらゆる情報を集める方針を掲げ、テロ対策に乗り出します。
NSAの狙いは、メタデータと呼ばれる情報。
電話やメールの発信日時や番号アドレス、ATMの利用情報など、膨大な情報を集め、テロリストのネットワークをあぶり出そうというものでした。
ロシアに亡命中のスノーデン元職員。
世界の電話や通信のほとんどは、海底の光ファイバーケーブルを通って、アメリカを経由すると説明します。
NSAは、世界中のおよそ500か所に傍受を行う拠点を設け、データを根こそぎ収集。
さらに、大手インターネット企業などからもデータを入手。
そのシステムは、「プリズム」と呼ばれていたといいます。

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「アメリカは国と国とをつなぐインターネットで、世界中の人々のコミュニケーションを傍受しています。」

しかし、こうした大量監視プログラムは、一般人の情報を丸裸にするものでした。
メールの内容やチャット、画像SNSでのやりとり。

“何見てるんだ。”

“いや、生活さ。
パリからの映像だ。”

“生活だって?”

スノーデン元職員は、諜報活動に当たる職員の一部が、興味本位で監視プログラムを不正に使用していた実態に衝撃を受けたといいます。

“監視対象に集中しろよ。”

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「なぜ私たちは、テロリストよりも、はるかに多くの自国民を盗聴しているのか?
『間違いだ、こんなことのために志願したのではない』。
プライバシーがなければ、自由も存在しないのです。」

スノーデン元職員は、そうした実態を告発するために、NSAの活動を示す極秘ファイルを暴露したというのです。
一連のスノーデン・ファイルの報道によって、ピューリッツァー賞を受賞したジャーナリストのグレン・グリーンウォルドさんです。

スノーデン・ファイルは、国家による大量監視システムを白日の下にさらし、一般市民が直面する課題を明らかにしたと指摘します。

ジャーナリスト グレン・グリーンウォルドさん
「これは単にプライバシーに関する議論ではありません。
民主主義、アメリカの役割、企業のあり方、インターネットの価値や役割。
そして市民の知る権利に関する議論なのです。」

まだ未公開のものが多く存在するとされるスノーデン・ファイル。
今回、新たに公開されたのは、日本に関する13のファイルでした。
かつて、日本の横田基地で2年間諜報活動に当たった経験があるスノーデン元職員。
日本に対して、ひと言言いたいと切り出しました。

「日本語はわかりますか?」

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「(日本語を)勉強しました。
でも上手じゃありません。
日本は他国に比べ、市民のプライバシーや自由を大切にする素晴らしい国です。
しかし、それが変わりつつあるようです。
世界の『報道の自由度ランキング』では、日本は順位を下げているようですから。
真実を知る手段がなければ、民主主義は死んでしまいます。
知る権利が保証されて、初めて自由で開かれた社会といえるのです。」

新たなスノーデン極秘文書 告発の背景は

ゲスト 池上彰さん(ジャーナリスト)

スノーデン元職員の告発の意味、意義をどういうふうに感じる?

池上さん:アメリカの情報機関というのは、実にいろんな情報を集めているんだろうなとは、昔から言われていたわけですが、これほどまでにいろんなことを集めているのか、あらゆるすべてのことを集めようとしている。
そして、それはインターネットが広がったデジタル社会だからこそできることなんだ、事態はここまで来ていたのかということが大変衝撃でしたね。

スノーデン元職員は「日本はプライバシーを大事にする、すばらしい国だ」というメッセージも発していたが、こういったメッセージをどのように受け止める?

池上さん:こういう内部告発者の存在があって、初めて行き過ぎた権力の行動というのを白日のもとにさらすということができるわけですね。
内部告発によって事態が明らかになるという例でいいますと、最近はパナマ文書もありましたね。
パナマ文書が内部告発され、それを世界中のジャーナリストが取材することによって、いわゆる金持ちがどうやって税逃れをしているかということが分かった。
つまり私たち、ジャーナリズムがここから先はやらなければいけないんだよという、私たちに対する課題を投げかけたんじゃないかというふうに受け止めましたね。

田中:今回、明らかになった日本に関するスノーデンファイルには、アメリカが開発した大量監視プログラムを、日本に提供していたという記述がありました。
それが、こちら。
「XKEYSCORE」という名前が記されています。

先ほどのVTRでは、大手IT企業から大量に情報を収集する、「プリズム」というプログラムが出てきましたが、NSAには、このほかにも、海底ケーブルから情報を抜き取るプログラムなど、情報を収集する仕組みを多数持っていると見られています。
XKEYSCOREは、こうして集められた膨大なデータを検索し、必要な情報を得ることができる、強力なスパイツールだといわれています。

スノーデン極秘文書 “大量監視プログラム”は日本に?

アメリカのNSAが独自に開発した「XKEYSCORE」という名のプログラム。
このXKEYSCOREを使った不正が、スノーデン元職員の告発のきっかけの1つとされています。
XKEYSCOREは、大量の情報を検索する、“スパイのGoogle”とも呼ばれるプログラムです。
XKEYSCOREを使って、個人の名前やキーワードを検索すると、関連するメールや電話の会話、ネットの閲覧履歴など、検索者の望むあらゆるデータを見ることができるといいます。
さらに個人のパソコンやスマートフォンにアクセスし、遠隔操作でカメラを起動し、盗撮や盗聴をすることも可能だといいます。
今回公開されたスノーデン・ファイル。
2013年の文書にNSAが日本に対して、このXKEYSCOREを提供していたという記述がありました。

“日本の情報機関のサイバーセキュリティ技術は初期段階にある。
NSAでは、日本の諜報活動を支援するために、XKEYSCOREなど、アメリカの諜報プログラムを提供していた。”

XKEYSCOREの日本への提供はあったのか。
かつて、日本の情報機関とNSAとのパイプを務めたこともあるというスノーデン元職員に問いました。

「日本政府はこのことを知っているのですか?
それとも知らないのですか?」

CIA元職員 エドワード・スノーデン
「自分はそうした情報を暴露できる立場ではありませんし、こうした情報を発信することは、ジャーナリスト次第だと思います。
ただ私から言えることは、それが非常に素晴らしい質問だということです。」

NSAの別の元職員から証言を得ることができました。
NSAの機密を暴露し、逮捕された経験を持つ、トーマス・ドレイクさん。
XKEYSCOREが使用されていたとされる時期、NSAに幹部として在籍していました。

さまざまな監視プログラムの開発に携わったというドレイクさん。
XKEYSCOREについて聞きました。

「これらのプログラムはNSAが日本に提供していたのか?」

NSA 元上級分析官 トーマス・ドレイクさん
「日本用に特別に組み替えたバージョンを提供していたはずです。
通常こうしたプログラムで得た情報は、収集し分析し共有されるものです。
日本が得る情報をアメリカも得るという関係は、同盟国の中で日本の立場がワンランク上がったことを意味しているのです。」

NSAの情報収集の在り方に疑問を持ち、告発した経験を持つ、ウィリアム・ビニーさん。

NSAに在籍していた2001年まで、技術部門のトップを務めていました。
XKEYSCOREには、光と影があると語りました。

NSA 技術部 元幹部 ウィリアム・ビニーさん
「我々の諜報クラブにようこそ。
XKEYSCOREは自国の脅威となるターゲットに関わる情報をデータベースから何でも引き出してこられます。
毎年何十億ドルもかけて作られたもので、このアクセスは日本にとって利益になるはずです。」

一方、使い道を誤れば、際限のない監視につながると危険性を指摘します。

NSA 技術部 元幹部 ウィリアム・ビニーさん
「これは民主主義を破壊しかねない“ウイルス”とも言えます。
悪人か善人か、若者か年寄りかに関係なく、全てのデータを集めています。
もう誰にもプライバシーはないということです。」

果たして日本側は、XKEYSCOREを受け取っていたのか。
防衛省に、スノーデン・ファイルの記述について確認したところ、いかなる性格の文書であるか承知していないため、コメントは差し控えますという回答が寄せられました。

スノーデン極秘文書 “大量監視プログラム”は日本に?

田中:XKEYSCOREが実際に日本側に提供されたり、使われていたりする事実は、これまでの取材では確認できていません。
XKEYSCOREが、提供されているという記述をどう見るか。
憲法学者の宮下紘さんに聞きました。

“大量監視プログラム” 日本に提供されたとすれば…

中央大学 総合政策学部 宮下紘准教授
「このような仕組み(XKEYSCORE)はアメリカ国内でも批判があるが、プライバシー権の侵害であって、通信の秘密の侵害である。
当然、日本でも同じようなことが行われるとすれば、憲法が保障する通信の秘密やプライバシー権の侵害となりえる。
私たちの日常生活に関わる問題である。
私たちの問題として、日本国民の問題として、日本の国会においても民主的な議論が必要である。」

スノーデン極秘文書 日本の情報収集活動は?

田中:NSAの日本側のカウンターパートに当たるのが、防衛省情報本部電波部です。
かつて、その部長を務めたことのある、茂田忠良さんにも取材しました。
XKEYSCOREが日本に提供されたかどうかについては、コメントする立場にはないとした上で、インターネットなどで行う情報収集活動の必要性については、次のように話しました。

防衛庁 情報本部 電波部 元部長 茂田忠良さん
「日本は戦後、重武装でない国家で基本的に平和国家できている。
軽武装で平和国家だといったら、平和になるかといったら、決してそんなことはない。
やはり、世界の情勢がある。
だからそこ、情報、インテリジェンスの能力は逆に高くなくてはいけない。
自前の情報組織を作って、自分で情報を収集して、自分で国際情勢を判断できるようにならなきゃいけない。」

スノーデン極秘文書 日本の情報収集活動は?

ゲスト 土屋大洋さん(慶應義塾大学大学院教授)

各国の情報機関について詳しい、土屋大洋さんにも加わっていただきます。
アメリカのように通信を傍受して、大量の情報を収集するということは、日本では行われていない?

土屋さん:インテリジェンス機関といわれている組織が、情報を集めていく方法というのは、人間によるもの、画像を解析するもの、それから今回のように、信号を解析するものというのがあるんですね。
もともと、このシグナル・インテリジェンス=シギントというのは、無線の通信、アナログの無線の通信を傍受するというところから始まっているわけです。
先ほどの茂田さんは、電波部というふうに言ってましたけれども、それは伝統的にそういう世界だったわけです。
ところが今、インターネットが普及し、携帯電話が普及することになると、デジタル化され、そして光ファイバーのような有線の中を通っていく、そういう通信が増えてるわけですね。
これを収集するというのは、日本政府は非常に弱いんです。
それは法的な制約があるということがあって、なかなかやってこなかったんです。
逆に私自身は、オリンピックもきますし、あるいは、いろんなイベントがある時には、これを守っていけるのかということは不安だったわけですね。
しかし今回の、この明らかになった13本の文書を読んでみると、逆に日米は非常に緊密に協力をしていて、日米同盟というのが、むしろうまくいっている証拠だというふうにも受け止められるんじゃないかというふうに思いました。

では、大量に情報収集をする必要性については、どう考える?

土屋さん:これからいろいろなリスクに、グローバル化された日本というのはさらされていくわけですね。
その時に、目も見えない、耳も聞こえないという状況で、この国際政治の中で日本が生きていけるかという問題を考えた時には当然必要で、やっていかなきゃいけない、そういう活動だというふうに思っています。

しかし、安全のためにプライバシーに関わる情報を大量に収集するということが、果たしてどこまで許されるのかという議論も当然あると思うが?

池上さん:特に情報を収集するツールを得ると権力者というのは、やっぱりあらゆる情報を集めたくなるわけですね。
例えば警察の道路の情報について、Nシステムというのがあります。
もうすべての自動車のナンバーを読み取るということができるわけですね。
これをさまざまな通信やメールでも集めることができるのであれば、それをやっておこうと、そういう誘惑にかられてしまうと思うんですね。
そういう監視を、今度は国民の側から監視する。
言ってみれば、私たちの代表である国会議員が、それを監視するシステムを作らないと、エスカレートしかねないと思います。

プライバシー権というのは、人が自由であるための根源的な人権であるともいえるが?

土屋さん:このNSAの問題が出てきた後、やっぱりプライバシーとセキュリティー、どうやってバランスを取るかということが、ずっと議論されてきたわけですね。
しかし、イギリスのような所に行ってみると、プライバシーよりもセキュリティーを重視すると。
つまり、国内でテロが頻発してきた国においては、やっぱりセキュリティーというのは、どうしても、そっちの方が重要だと。
死んでしまっては意味がないという議論もあるわけですね。
しかしドイツのように、政府の行き過ぎを非常に警戒する国、戦争の歴史みたいなところがある。
そういうことを考えると、それぞれの国の歴史、文化というものが、この議論を規定していく。
日本はそこでどうするんだということは、議論していかないといけないと思います。

今回、実際にXKEYSCOREが提供されたかどうかは確認できなかった しかし、もしかしたら監視されているかもしれないという疑念があるだけでも、社会が萎縮してしまうのではないかという思いもあるが?

池上さん:十分有り得ると思うわけですね。
今、例えば電話の内容を傍受するというのは、通信傍受法という法律で必ず裁判官の令状がなければできないわけです。
ところがその一方で、行政機関の中には、そういう司法のOKではなく、行政機関が日常的に、これが傍受できるような、行政傍受という言葉があるんです。
できれば、そういうものをやりたいという誘惑に駆られている人たちがいるわけですね。
そのようなことになって、ありとあらゆることが、ひょっとすると知られているかもしれないとなると、非常に萎縮してしまう、民主主義が萎縮してしまう、そんな危険性を今、私たちは迎えているんだと思うんですね。
(そうすると、やはりセキュリティーとプライバシー、どういうふうに我々向き合っていくのか、まさに今、議論を始めるべき時だと?)
まさに、そういう時だと思いますね。

決して目をそむけてはいけないというタイミングだということです。
さあ、私たちが入手しました、この日本に関するスノーデンファイル。
すべての情報を収集するというアメリカの諜報活動が、日本と全く無縁ではなかったということが浮かび上がってきました。
このスノーデンファイルに記されたことが、一体何を意味するのか。
そして、背景に何があるのか。
引き続き、取材を続けていきたいと思います。
 

 

今回NHKが入手した、日本に関する“スノーデン・ファイル”のうち、番組で取り上げた“大量監視プログラム”に関する報告書を公開します。

NSAの“大量監視プログラム”を日本に提供したとする報告書

(このファイルはNSA・国家安全保障局の内部や一部の同盟国で共有するためにまとめられた報告書です。)