クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.39172017年1月16日(月)放送
最年少VS.最年長 ~“天才”少年棋士 鮮烈デビュー~

最年少VS.最年長 ~“天才”少年棋士 鮮烈デビュー~

日本中が注目! “天才”中学生 鮮烈デビュー

中学2年生の藤井聡太四段。
14歳2か月でプロ昇進を果たし、歴史を塗り替えた天才です。

今夜は、対戦相手となった現役最年長、かつて天才少年と呼ばれた「ひふみん」こと、加藤一二三九段が生出演。
天才が語る新たな天才誕生の物語です。

激突!最年少VS.最年長 “天才”中学生 鮮烈デビュー

対局当日。
メディアも熱い視線を注ぐ中、午前10時、対局が始まりました。
序盤、加藤九段は金と銀を王の前に並べて守る戦法「矢倉囲い」へと駒を進めます。
これに対して、藤井四段も矢倉囲いで応戦。
「相矢倉」と呼ばれる形になりました。
長年、加藤九段が最も得意としてきた、相矢倉。
なんと、その全く同じ戦法で真っ向勝負を挑んだのです。

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「加藤先生が相矢倉を得意にされているので、その将棋で教わりたい。」

対局の様子をインターネットで見ていた、もう一人の天才がいました。

これまで5人しかいない中学生プロデビューを果たした一人、羽生善治三冠です。

プロ棋士 羽生善治三冠(46)
「相矢倉の戦型は、加藤先生がもっとも得意としている。
もっとも経験値のある戦型。
そこに真正面からぶつかっていったというのは、非常に好感を持てましたし、印象的でした。」

そして、対局開始から3時間が経過。

ここで藤井四段は意外な一手を指します。
50手目、8五歩。
これを指したのは、加藤九段の攻撃が藤井四段の陣地に近づいていた時です。
守りに専念してもおかしくない場面で、攻めの準備に貴重な一手を使ったのです。
プロの対局では、わずか一手の指し間違いが命取りになりかねません。

「ん?
おかしい。」


観戦に来ていたプロ棋士たちも、この一手が藤井四段のピンチを招くと予想しました。

プロ棋士 渡辺明竜王(32)
「結構、攻められますから、藤井君は、ここから。
大変ですよ、(攻撃を)受けきるのは。」

プロ棋士 羽生善治三冠(46)
「この手を指すと加藤先生から、ほぼ100パーセント猛攻される。
『8五歩』とついて大丈夫という判断については聞いてみたい。」

一方、藤井四段の考えは名棋士たちと異なりました。

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「『8五歩』で悪くなることはないかなと思いました。
読みきっていたわけではなく、感覚が大きい。」

対局開始から6時間。

終盤にさしかかった時のことでした。

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「かばんからチーズを取り出して、食べていました。
対局中にチーズを食べる方は初めて見たので、チーズというのは…、斬新な新手筋ではないかと思いました。」

加藤九段のペースで進む対局。
周囲の予想どおり、藤井四段は激しく攻め込まれていきます。
しかし、その攻撃が緩んだ瞬間、藤井四段の手が動きました。
84手目に打った「桂馬」。
あの8五歩の1つ前。
「歩」がなければ、簡単に取られてしまう位置です。

この一手が加藤九段の顔色を一変させました。
自分の王が先に取られる流れだと気付いたのです。

プロ棋士 加藤一二三九段(77)
「『8六桂』を見て、一手負けと分かった。」

プロ棋士 加藤一二三九段(77)
「あと何分?」

「37分です。」

それでもミスをすれば、形勢逆転もありえる最終盤。

プロ棋士 加藤一二三九段(77)
「あと何分?」

「16分です。」

あの8五歩を起点に、加藤九段の王を陣地から引っ張り出しました。
そして、対局開始から10時間43分。

プロ棋士 加藤一二三九段(77)
「負けました。」

攻めが一手遅れていれば、逆に加藤九段が勝っていた、この対局。
勝利を引き寄せた、あの「8五歩」。
決着の60手も前に指した一手でした。

プロ棋士 羽生善治三冠(46)
「かなり大胆というか、思いきった手。
といってもまだ14歳ですからね。
これからが非常に楽しみ。」

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「もちろん初戦で勝てたというのは、大変うれしい。
ほっとする間もないというか。
これからどんどん対局がはじまるので、気を引き締め直してやっていきたい。」

激突!最年少VS.最年長 加藤九段が語る

ゲスト 加藤一二三さん(“現役最年長”プロ棋士・九段)
ゲスト 中村太地さん(プロ棋士・六段)

中学生でプロ棋士になったのは、藤井四段で史上5人目。
羽生三冠など、タイトルを数多く獲得した名棋士ばかりです。
そして、その第1号は、加藤一二三九段です。
今回は、いわば新旧の天才少年対決とも言えた対局でした。
対局前に、「どちらが頭の回転が速いか楽しみだ」とおっしゃっていたが、実際に体験してみて、どうだった?

加藤九段:藤井四段の対戦は、ゴールの近くで初めて、私の顔をちらっと藤井四段が見たんですよ。
その時に、たぶん藤井四段は、私の顔を見て、「先生、私の勝ちですよ」と言ったんですよね。
その大局観が正しかったことを僕はその時、気付かなかったけれども、しばらく考えたら、「あ、藤井四段が自信を持ったな」というのは確信できました。
さっさと浮いた手なんだけれども、それから先は私に勝ち目がありません。
彼はそれに気付いて、私の顔をちらっと見たんですよ。
(目で語っていた?)
はい。
「もう私が勝ちましたよ」って。
だから、そこはやっぱり、すごい強いなと思いました。

今回、解説を注目の若手棋士、中村太地六段にお願いします。
決め手となった「8五歩」を藤井聡太四段はなんと、およそ2分で指したということだが、つまり2分で60手先まで見えていた?

中村六段:さすがにそうではないと思うんですね。
将棋の手の可能性というのは、「10の220乗」あると言われていまして、プロ棋士でも全部を読むことは不可能です。
実戦で、この8五歩がすごい手だったんですけれども、加藤先生の銀と歩が前に来ているので、守りたくなるところなんですね。
なのに、歩をじっと前にやったと。
これが実際、数十手に攻めの礎となって生きて勝ったんです。
これがたまたまなんですけど、でも本当のたまたまではなくて、経験や知識に裏付けされた直観で指したと藤井四段もおっしゃっておられて、それが生きたので、藤井四段の直観の正確さというのが、この場面に表れたと思います。
将棋界には、「長考に好手なし」という格言がありまして、考えれば考えるほど、いい手が指せるというわけではなく、早くぱっと浮かんだ、直観に基づいた指し手の方がいい手が指せることがあると、直観がそれほど大事ということが、この格言で示されています。
(藤井四段は、その直観にたどりつくまでの正確さが尋常ではないと?)
独特の感性、読みに裏付けられたものがあるかもしれません。

加藤九段:特に終始、非常に落ち着いていますよね。
長時間対じしていても、極めて落ち着いています。

加藤九段ご自身と比べて、タイプが違うなと思った?

加藤九段:たぶん、彼はよく研究するタイプで、現に本人も、私たちの将棋調べていると言っていますから、すばらしい才能の上に、研究をしています。
私なんかは若いころ、そんなにいろんな人の棋譜を調べたわけではありませんけど。
だから、はっきり言って、今の若い棋士たちよりは、たぶん研究量は半分ですよね。

中村六段:今は、データとかも蓄積されていて、研究しやすい環境になってはいると思います。

視聴者の方より:「好きなものだけど、才能って開花するのは、何か特別なトレーニング方法があるのか」
確かに、生まれもっての才能だと思いがちなんですが、実はそうではない、それだけでは決してなかったようなんです。

“天才”を育てるには 史上最年少棋士の秘密

藤井四段は名古屋市の郊外、愛知県瀬戸市で生まれ育ちました。
父親は会社員。
母親と、高校生の兄がいます。
好きな科目は、数学と体育。
テレビやゲームには興味がありません。

母親 藤井裕子さん
「聡ちゃん、ピザパン食べる?
あと、あれもらってきた。
聡ちゃんの好きな野菜ジュース。
これ好きなんですよ。」

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「僕が好きなのはそれじゃないよ。」

母親 藤井裕子さん
「あっ、本当だ。
これじゃない。
間違えている。」

中学校から帰ると、欠かさず将棋盤と向き合います。
休日には、7時間以上没頭することもあるといいます。

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「たくさんの候補の中から最善の手をさがすのが、本当に単純に楽しい。」

母親の裕子さんです。
幼いころの藤井四段に驚いたことがあります。

3歳の時に遊んでいた立体パズルです。
それぞれのブロックに溝や穴があり、うまく積み上げれば、ビー玉が通る迷路のような道を作ることができます。

母親 藤井裕子さん
「これはつながって…。
あっ、だめだ。
私はつくれない。」

これは、藤井四段が3歳の時に作ったものです。
大人でも難しい出来栄えでした。

母親 藤井裕子さん
「何回も何回もつくって、飽きずによくやるなと。
たくさんのパターンをよくつくれるなと感心してました。
考えることが好きというのは、小さいときからあった。」

将棋を始めたのは、5歳の時。
大好きな祖父から教わったのがきっかけでした。

藤井四段が通っていた将棋教室です。
当時から、あるトレーニングに力を入れています。

将棋教室の先生 文本力雄さん
「はい、いくよ。」

それは、詰め将棋。
王を取るまでの道筋を考える練習問題です。

これは最もシンプルな問題の1つ。
最短で相手の王を取る道筋が1つだけあります。

この場合、まず竜で王手。
相手の王は逃げ場がなく、これを取る以外、生き残る道はありません。

そこへ角で王手。
赤い範囲はすべて押さえました。
仮に角が取られても、最後に銀で王を取る。
これが解答です。

将棋教室の先生 文本力雄さん
「5分以内に解いて。
はじめ。」

この教室のやり方は、制限時間を設けて、たくさんの問題をこなすことです。

対戦相手もいないため、嫌がる子どもも多い中、藤井四段は飽きることなく解き続けたといいます。

将棋教室の先生 文本力雄さん
「聡太は一生懸命、解いて、本当に、はやかった。
『まだ(問題が)ありますか』と催促して、用意したプリントを全部解いてしまった。
後にも先にも『藤井聡太』ひとりでした。」

膨大な手の中から最善の一手を瞬時に導き出す直観。
詰め将棋を繰り返したことで養われたという研究者がいます。

脳科学を専門にする、田中啓治さんです。
プロ棋士とアマチュアに詰め将棋の問題を見せた時、脳の、どの部分を使って答えを探すか調べました。
その結果です。

アマチュアの場合、人間が意識して考える時に使う、黄色で囲んだ部分に反応がありました。

一方、プロ棋士は無意識の行動をする時に使う部分に、強い反応がありました。
プロ棋士の答えは深く考えるのではなく無意識、直観から生み出されていたのです。

これを可能にするには1日3〜4時間、10年のトレーニングが必要と考えられています。
藤井四段の場合、5歳で始めた詰め将棋を10年間ほぼ毎日続けてきました。
この間に解いた数は1万を超えます。
その膨大な反復が脳に蓄積され、史上最年少でプロになれる直観を生み出したと田中さんは見ています。

理化学研究所 田中啓治さん
「訓練の成果が脳に結集していった。
14歳でここ(のレベル)にきている。
脳は訓練すればするほど、優れたものになる。
早く高みに達していれば、さらに訓練を続けて、さらに高みに達することができる。」

プロになった今でも詰め将棋を続けている藤井四段。

「サインをお願いしてもいいですか。」

色紙に書き始めたのは、自作の詰め将棋の問題です。

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「すみません、下手くそな字で。」

最後に、藤井四段が将棋以外で得意なことは何なのか。
質問をぶつけてみました。

「2番目に得意なことは何?」

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「それは将棋と詰め将棋の次ですか。
実は1位が詰め将棋かもしれませんが。」

「3位は?」

プロ棋士 藤井聡太四段(14)
「詰め将棋をつくることです。」

激突!最年少VS.最年長 “天才”中学生 鮮烈デビュー

全部将棋じゃないですか。

加藤九段:そうですね。

好きなことを3つ挙げてもらったら。
どこまで将棋が好きなんだろうという。

中村六段:そうでないと天才じゃないんですかね。

では、元天才少年の加藤九段の好きなものも、3つ挙げていただきましょう。

加藤九段:1つ目は「クラシック音楽」です。
特に40歳を過ぎてから、対局前に聴くのが好きになって、要するに、将棋の対局の前にクラシック音楽聴くと、いい緊張感とか、楽しみとか、やっぱりクラシック音楽のようにいい将棋を指したいなという気持ちが次第に高まってくるので一番です。
(2つ目の「旅行」 この理由は?)
これは、今までイスラエルに2回旅行したんですが、2回ともイスラエルに行って帰ってきたら、十段になり、王位になりましたので、私は旅行に行くごとに、たぶん精神の活性化が図られるのだと思っています。
(3つ目の「負けた将棋」とは?)
これは今でも、例えばこの前の藤井四段に負けた将棋も、かれこれ、その後、3日間は敗因を研究しまして、負けた将棋はよく若いころから、3日間とか1週間かけて、よく繰り返し、研究しています。
というのは、やっぱりどこで負けたか分からないと嫌ですから。

中村六段:負けたのを思い出すのは結構つらいので、大変な作業だと思います。

中村六段は敗因を研究する?

中村六段:僕は1日ぐらいしかできないですね。

加藤九段:だって、途中で答えが出ないと嫌でしょ?

中村六段:おっしゃるとおりです。

せっかくの機会ですから、ぜひ、中村六段からも大先輩に質問を。

中村六段:加藤先生は長く第一線で活躍されていますけれども、きらめく才能を継続させて輝かせるための秘けつというのを教えていただきたいです。

加藤九段:私は30歳を過ぎた時に行き詰まったんですけど、行き詰まった時に、自分の、いわゆる物事の考え方で乗り切って、その後、名人にもなりました。
だから、実は若い時よりも30歳を過ぎてからの方が、私はいい将棋を指しています。
それはやっぱりものの考え方だと思うんです。
あるいは人生観といってもいいかもしれないですね。

中村六段:いろいろ経験するのが、将棋にも生きてくるということですか?

加藤九段:経験ではなく、ものの考え方だと思います。
つまり、簡単に言うと、バックボーンがしっかりすれば、将棋がしっかりしてくると思います。
将棋一本でいくというタイプもいると思うけれども、私の場合は、将棋一本よりは、例えば音楽とか、視野を広くいって、僕は一応成功しました。

いろんな幅広い人生の積み重ねから、好きなものを開花させていく、そこを刺激するということですね。

加藤九段:2つの派があると思うけれども。

加藤九段ご自身のこれからの目標は?

加藤九段:ひと言で言ったら、今までどおり、やる気を失わないで頑張ります。

今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス