クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.39012016年12月1日(木)放送
“白いダイヤ“ウナギ密輸ルートを追え!

“白いダイヤ“ウナギ密輸ルートを追え!

ウナギ高騰なぜ!? 絶滅危機・闇取引も

さかなクン:私たちがふだん頂いているウナギの99%は養殖のウナギなんですね。
「シラスウナギ」と呼ばれる稚魚を育てています。
ところが今、このシラスウナギ、とっても値段が高くなってしまって、“白いダイヤ”とも呼ばれています。

ウナギの値段がここまで上がっている最大の原因は、そもそもウナギの数が激減していることなんです。
私たちが口にしてきたウナギのうち、ヨーロッパウナギは2009年から輸出が段階的に禁止され、今、東アジアに生息しているニホンウナギにその需要が集中して、その結果、値段が上がっているんです。

さらに、そこに拍車をかける事態も起きているんです。
このニホンウナギに関しては、稚魚であるシラスウナギを高値で取り引きする“不透明な流通ルート”が存在すると指摘されているんです。
今、国際社会も注目するシラスウナギの不透明な国際取り引きの実態を、NHKが徹底追跡しました。

“白いダイヤ” 高騰するウナギの稚魚

三重県松阪市にあるウナギ養殖場です。
経営者の野口茂司さんが頭を悩ませているのは、養殖に使うウナギの稚魚シラスウナギの値上がりです。

うなぎ養殖業者 野口茂司さん
「1億3千9百万円振り込めでしょ。
これは5千7百万円振り込めでしょ。」

11月から12月にかけて主に仕入れているのは、香港からのシラスウナギ。
この5年間で3倍以上になっているのです。

うなぎ養殖業者 野口茂司さん
「値段が高騰していくとたまらない、ついていけない。」

不透明な取り引きの実態とはどのようなものなのか。
まず香港で取材を始めました。
香港有数の漁港ではこの時期、さまざまな魚介類が水揚げされています。
しかし、シラスウナギの姿はどこにもありません。
香港近海では取れないと言います。

取材を進めると、市街地から車で40分ほどの郊外にシラスウナギの輸出を行っている施設があることが分かりました。
詳しい場所を明かさないことを条件に内部に入ることができました。

敷地内に並ぶのは大型の水槽。
取材に訪れた日は中国へ送られるというウナギの稚魚が大量に泳いでいました。
日本向けのものも近いうちに届くと言います。

香港で取れないはずのシラスウナギをどうやって入手しているのか業者に尋ねました。

輸出業者
「いろんなルートから来ています。
他の地域の業者がとったものを何らかの方法で送ってくることもあります。
具体的なことについてはよく知らないです。」

「密輸のシラスウナギが含まれている可能性はないのか?」

輸出業者
「こちらから取引先に出どころを聞いても量しか教えてくれません。
だから、あえて知る必要はないです。
注文を受けたらその要求どおりにやるのが私たちの仕事なのです。」

“白いダイヤ” ウナギ密輸ルートを追え!

シラスウナギはどこから来ているのか。
その手がかりが日本の貿易統計にありました。
9年連続で2,000キロ以上の輸出が続く香港。
しかし、2007年以前はほとんど輸出を行っていません。
一方、このころ大量に輸出していたのは台湾でした。

輸出量が入れ代わった2007年。
この年に起きたのは、台湾が資源保護のために行った輸出の禁止です。
この数字の入れ代わりに意味があるのではないか。
確認のため台湾に向かいました。

台湾北東部にある漁港です。
11月にシラスウナギ漁が解禁され、漁師たちでにぎわっていました。

漁師
「300~400匹。」

この日の取り引き価格は、この1袋でおよそ10万円。
10年で相場が7倍に高騰していると言います。

「毎年もうかりますか?」

漁師
「もうかりますよ。」

水揚げされたシラスウナギ。
輸出は禁止されているため、台湾内で育てて流通させます。

仲買人
♪“39、44、47で、52で、そして57”

仲買人が歌っているのは、古くから伝わるシラスウナギの数え歌。
数え間違いを防ぐためだと言います。
買い集めたシラスウナギはどこに行くのか尋ねました。

仲買人
「売ったあとのことは知りません。
どこへ行くのか、私たちは知りません。」

買い手が誰かを探りましたが、確かめることができませんでした。

そこで取材班は、台湾のウナギ業界に詳しい人物を訪ねました。
ウナギの養殖業者や流通業者で作る団体の元代表、郭瓊英(かく・けいえい)さんです。
郭さんは驚くべき事実を教えてくれました。
本来、台湾の中で流通しているはずのシラスウナギの大部分が行方不明になっているというのです。

示されたのは、業界団体で調査した2012年のデータ。
漁獲されたシラスウナギが3.2トンあるのに対し、台湾で養殖に使われた量は僅か0.8トン。
郭さんは、消えたシラスウナギの多くは海外に密輸されていると見ています。

台湾区鰻魚発展基金会 前董事長 郭瓊英さん
「どのくらいの業者が密輸に関わっているか、私たちも知るよしもない。
しかし、多くの人がやっているのは明らかです。」

さらに取材を進め、密輸に関わっている人物にようやくたどりつきました。
匿名を条件に取材に応じた男性。
台湾からの輸出が禁じられているにもかかわらず、シラスウナギを求めてくるのは日本人だと明かしました。

密輸に関わる男性
「ほとんど、すべてのシラスウナギが日本に輸出されます。
日本人が電話で値段交渉してくるのです。
それを香港を経由して日本に売るのです。」

男性は、複数あるという密輸ルートの1つについて具体的に話しました。

密輸に関わる男性
「台湾、金門。」

金門島。
中国大陸の近くにある台湾の離島です。

密輸に関わる男性
「台湾から金門島にシラスウナギを運び、金門島から船に乗り換えて、一般の観光客と同じように手荷物として持ち込み、中国のアモイまで行きます。
手荷物として運びます。
ですから、チェックもなく通過できます。」

アモイに運んだものは陸路で香港へ。
そこから日本へ輸出していると証言しました。
男性の証言を検証するため、金門島へ向かいました。
中国大陸まで僅か2キロ。

かつては軍事対立の最前線だった金門島。
最近は交流が盛んになり、大陸側から年間30万人以上が訪れるようになりました。
男性の証言どおり船を使って荷物を運ぶ際、チェックを受けることはないのか確かめることにしました。

用意したのは、シラスウナギに見立てた樹脂製の擬似餌。
少量の水を加えて袋に入れます。
乗船のルールに反しない方法で台湾のスタッフが運びます。

ターミナルには、預け入れ荷物に生き物を入れることを禁止するという表示がありました。
手荷物の場合はどんな制限があるのか確認しました。

「荷物に何か特別な制限はありますか?」

「手荷物には制限はありません。」

「スーツケースも手荷物として持っていっていい?」

「ええ、どうぞ。」

乗客の手荷物はX線の検査装置を通します。
1時間余り観察を続けましたが、乗客の荷物を開けて検査する様子は確認できませんでした。

取材班の荷物も開けられることなく乗船することができました。
密輸業者は1回につきおよそ20キロ、数千万円に相当するシラスウナギを持ち込むと言います。

今回の取材では、密輸に関わっている男性の証言どおり厳しいチェックはありませんでした。

先週、シラスウナギの密輸の氷山の一角が明らかになりました。
台湾北部の空港で32万匹、6,000万円相当のシラスウナギが摘発されたのです。
当局によると、香港行きの飛行機の預け入れ荷物から発見されました。
一般客に紛れてシラスウナギが密輸されている実態が浮かんできたのです。

“白いダイヤ” ウナギ密輸ルートを追え!

ゲスト さかなクン(東京海洋大学名誉博士)
黒瀬総一郎記者(科学文化部)

シラスウナギの不透明な取り引きがあったが?

さかなクン:こんなことが行われていたんですね。
シラスウナギが、まさに私たちが“シラスシラスのうちに”こんな事態になってたとは。
まさに白いダイヤですね。
シラスウナギの数え歌が、なんとも本当に一匹一匹、大切にされているんだなと。
だけど、私たちが頂くからこそ、こういったことが行われちゃってるんですね。

私たちが食べているウナギの中に密輸で入ってきたウナギも交じっているのか?

黒瀬記者:どれだけの量が関わっているか、全体像は分からないんですけれども、私たちが口にしている可能性はあります。

かつて漁が盛んだった台湾ですけれども、2007年に資源保護を理由に輸出が禁止されました。
そしたら、今度は台湾から香港に密輸するルートができました。
香港を経由して、今度は日本に運びますが、そこは合法になるんです。
(これは言ってみれば、ロンダリング?)
そう言える状態だと思います。
(ここから日本にもたくさん入ってきているということ?)
全体の今、輸入されているシラスウナギのおおよそ8割が香港から来ていると言われています。

スーパーで国産ウナギを見かけるが、実は稚魚自体は海外から買っているものも含まれる?

さかなクン:日本で養殖されますと、もう国産ということになるんです。
(どこから来たウナギなのか知らずに食べている?)
まさに、シラスウナギちゃんだけに“シラスシラズ”。
(知らず知らずのうちに食べているという状況でもあると。)

不透明だからこそ価格にも影響が出ている?

黒瀬記者:今回、取材した密輸に関わっている男性は、今日は1キロ100万円だったものが、3日後には300万円になっていると。

さかなクン:ぎょぎょっ!ですね。

黒瀬記者:闇取引ですから、輸出の際に摘発されるリスクがあるということで、そういった分も少し上乗せされるということがあるようです。

国際社会もこうした東アジアでの不透明な取り引きに注目していて、今年(2016年)10月、ワシントン条約の国際会議で“イリーガルトレード”だとして実態調査を行うことが決まりました。
このまま状況が改善しない場合、3年後にはニホンウナギの国際取り引きが事実上、全面禁止という規制が行われるかもしれないとも言われています。
これは、どれくらい深刻だと考えればいいんですか?

さかなクン:今、ニホンウナギは特に絶滅の危険が迫っているわけです。
絶滅危惧種ですので、ジャイアントパンダ並みに大切にしないと、もういなくなってしまうと言われているわけです。
今までは漁師さんが長年の勘と経験でとってきてくださったわけなんですけど、そこから養殖が行われ、ただ、ウナギの養殖というのは、天然資源をとってこなければいけませんので、そういった資源量をしっかりと把握しないといけないわけです。
今の時代は科学的な調査によって、どれだけの資源量で、どれだけを守らなければいけないかということが科学的に分かっておりますので、この量をしっかりと定めて、しっかり守るということが大切だと思います。

だからこそ、闇のルートは改善しないといけないわけですけれども、なぜ横行しているのか。
台湾の密輸業者は“日本人が欲しいと言うから売っている”とも言っていましたが?

黒瀬記者:すべての業者が関わっているわけではないんですけれども、日本の消費、“土用の丑(うし)の日”に大きな関わりがあるんです。
去年(2015年)のウナギのかば焼きへの支出金額ですけれども、7月に突出して消費が伸びています。
皆さんが丑の日に食べると。

こちらは、シラスウナギが台湾、中国、日本にやって来る順番ですけれども、台湾では大体11月から12月にたくさん取れて、日本では1月から2月にたくさん取れます。

ただ、丑の日に間に合わせる形での養殖というのが、やっぱり日本では盛んなんですけれども、今、盛んなのは、特に半年で育てる方法です。
その場合、7月の出荷に間に合わせるためには、半年前ですから、この1月上旬には遅くとも入れなくちゃいけない。

少しでも早くということで、香港から仕入れて半年で間に合わせるサイクルが出来上がってしまっているという構図なんですね。
実は近年、こういった偏った流通の構図に対して疑問を持つ人も出始めていて、日本国内でウナギを扱ってきた養殖業者やウナギ料理店などの現場では“土用丑の日”に合わせた消費サイクルを見直そうという動きが始まっています。

脱“土用丑の日” 始まった模索

シラスウナギの値段の高騰に頭を悩ませている養殖業者です。
今年から養殖の開始を一部2月から3月の時期に遅らせました。
このやり方だと土用の丑(うし)の日のあとの出荷になるため、売値は2割ほど下がりますが採算は取れると見込んでいます。

うなぎ養殖業者 野口茂司さん
「2月、3月になってくるとシラスウナギが余ってくるので、値段も半値の額になるんです。
それだったら安心してゆっくり(養殖が)できる。」

土用の丑の日にこだわる営業をやめた専門店もあります。
この店では、以前は土用の丑の日に普段の3倍の量のウナギを仕入れていました。

しかし3年前から取り扱うウナギの量を増やすことをやめ、店内でPRすることも控えています。
土用の丑の日の前後は、仕入れ値が2割ほど高くなるにもかかわらず品質が落ちるものが少なくないと感じたためです。

今、この店では品質的に納得できるウナギだけを提供することにしています。

そのためにウナギの仕入れを減らし、以前は夜8時までだった営業時間を大幅に短縮しました。
ウナギの資源が減少する中、伝統の食文化を守るにはウナギの消費の仕方を見直す必要があると考えたからです。

うなぎ専門店 店主 関野忠明さん
「やはり一匹一匹を大切にするというようなものの考え方になってくる。
言い方を変えれば絶滅危惧種を売る店の責任というものにつながっていくのかなと。
日本の伝統料理であるうなぎのかば焼き、やはり後世に伝えていかなきゃいけないのは専門店の責任だと思う。」

脱“土用丑の日” 始まった模索

土用丑の日にこだわらず、ゆっくり育てようという取り組みについてどう見るか?

さかなクン:ウナギというお魚は、非常に長く時間をかけて育つお魚なんです。
5年から10年ぐらいかけて育つとも言われています。
ですので、半年で一気に大きくさせるというのは、ウナギにとってもかなり負荷をかけちゃってるのかなと思います。
やっぱり長くじっくり育てると、地鶏のようにおいしく育つと思うんです。
(そういうのが逆に売りになってもいいんじゃないかと?)
付加価値がつくと、私たちもその分、ありがたく頂きたいと思います。

業界はどう考えているのか?

黒瀬記者:業界も土用の丑の日に高まる需要に応える必要があるということは言ってるんですけれども、不透明な国際取り引きは、このまま放置はできないと認識していて“襟を正さないといけないと思っている”と話しています。

ジャイアントパンダやトキと並び絶滅危惧種だという話もあったが、やはりウナギは貴重な魚?

さかなクン:貴重なお魚で、シラスウナギも何千キロメートルも旅してやって来るんです。
ですので、そんなことにも思いをはせて、1匹のウナギを大切にしなければならない。

このままいくと、国際的な規制がかけられてウナギが食べられなくなる事態も起こりうるかもしれない。
そうならないために何が必要なのか?

黒瀬記者:透明化です。
国際社会の視線は厳しくなっています。
漁獲や流通を透明化することが何よりも重要だと思います。

さかなクン:私もやっぱりウナギのことをもっとよく知って、ウナギの長い姿と同じように末永く、ウナギと地球の仲間としてもぎょ一緒していきたいなと思っています。
ウナギから幸せたくさん頂いてますので、もっともっと大切に感謝して頂きたいと思います。

いつでも食べられるようになった喜びはありますけれども、本当に少なくなっているということを意識しないといけない?

さかなクン:そうですね、もっともっとウナギのことも知って。
(どこから来て、それを口にしているのかということを知ることも大切かもしれない。)
本当たくさん学ばせていただきました。
ありがとうございます。

今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

質問
コーナー

Q1

早急に規制するべき問題だと感じていますがなぜ放置されているのでしょうか。

今回の取材の中で、ウナギの専門店や養殖業者の中には、現状に対して問題意識を感じている人は、複数いました。業界団体は、「業界としては、土用の丑の日に高まる需要に応える必要がある」としながらも、不透明な国際取引をこのまま放置することはできないことは認識していて、「襟を正さなければならない」としています。 ニホンウナギは回遊魚で、稚魚のシラスウナギは東アジア一帯に生息するため、資源を管理していくためには、ニホンウナギがとれる東アジア全体で取り組むことが必要で、業界団体レベルでも、行政レベルでも、東アジア全体での国際的な議論が始まっています。
Q2

日本人が食べるから売っているのか、それとも売っているのか食べるのか。

日本は世界最大のウナギの消費国です。流通は需要と供給によって決まるものですが、資源保護の観点から、消費国・日本が、ウナギの保護についてどのような責任を果たすのか、国際社会の視線は厳しくなっています。

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス