クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2016年10月20日(木)
潜入!中国人 “爆ツアー”の無法現場

潜入!中国人 “爆ツアー”の無法現場

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

潜入!中国人 “爆ツアー”の無法現場

大勢の中国人が押し寄せる爆ツアー、その現場を追いました。空港のフロアを埋め尽くす中国からの観光客です。あちこちで荷物を広げてお土産の整理。ここ、実は沖縄の那覇空港。この3年で中国からの観光客がおよそ6倍。年間35万人に急増していて、まだまだ増えそうな勢いなんです。そんな中で、最近、到着ロビーで目立ち始めたのが、手書きの名札を持ったラフな服装の若い中国人。ロビーに出てきた観光客をつかまえると、空港の外へと連れ出しました。そして、車に客を乗せどこかへ走り去っていきました。この若者たち、実は必要な資格を取得せずに観光客を案内して稼ぎを得る違法ガイドなんです。
今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

出演者

  • 徐向東さん
    (中国市場戦略研究所代表)

  • 髙井典子さん
    (文教大学教授)

  • 鎌倉千秋
    (キャスター)

質問
コーナー

Q1

なぜ、悪質なランドオペレーターを取り締まれないの?

取り締まるための法律がなかったからです。1952年に制定された旅行業法は、消費者となる旅行者を保護するために旅行会社を監督する目的で作られました。旅行会社から依頼を受け、バスやホテル・ガイドを手配するランドオペレーターは、旅行会社との取引になるため、旅行業法の規制の対象外になります。中国人観光客の数はこの3年で5倍近く増加し、ランドオペレーターの需要が急拡大する中、法の目が届きにくい現在の法制度の隙間をつく形で、次々と悪質業者が生まれきたと見られています。番組で取り上げたバス会社やレストランへの「突然キャンセル」だけではなく、旅行客を物販店に連れ回し不当に高額な商品を買わせる「ぼったくりツアー」で大きな利益を手にする業者もあります。さらに昨今、団体ツアーから個人旅行にシフトする中で、小回りのきく移動手段として「白タク」(営業届けをしないまま乗客を車に乗せ、運賃を受け取る車)や格安の宿泊場所として「無届け民泊」を手配するなど、悪質行為を行う業者も出てきています。
Q2

国はどのような対策を取ろうとしているの?

今年になって、国はようやくランドオペレーターの実態調査に乗り出し、全国で800以上の業者があることをつきとめました。現在、旅行業法を改正して、悪質なランドオペレーターを管理監督出来る仕組み作りを進めています。しかし、その一方で、他の業種では規制緩和を進めています。たとえば、これまで外国人を有償でガイドするためには「通訳案内士」という国家資格が必要でしたが、今後は「無資格」でもガイドすることを可能にする方針を打ち出しています。また、「民泊」もこれまで禁止されていた住宅街での開設を解禁する方向です。「2020年に訪日外国人観光客4,000万人」という目標を掲げる中、入国を許可するビザの発給要件の緩和も続ける日本。様々な規制緩和の中で、いかに悪質業者の横行を防いでいくようなルールやチェック体制が出来るかが、今後の課題となっています。

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス