クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2016年8月24日(水)
奨学金破産の衝撃Ⅱ ~“中退続出”の危機~

奨学金破産の衝撃Ⅱ ~“中退続出”の危機~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

奨学金破産の衝撃Ⅱ ~“中退続出”の危機~

進学して学びたい。でも、親には迷惑をかけられないと、今、学生の2人に1人が奨学金を借りています。しかし、6月の放送では、卒業しても厳しい雇用環境によって奨学金を返済できず、自己破産に追い込まれる人が増えている実態をお伝えしました。その後の継続取材で見えてきたのは、奨学金を借りた学生が卒業さえできず、中退が続出している現状です。中退すると、学業の機会が閉ざされるだけではありません。就職も厳しくなり、奨学金破産の予備軍ともいえる若者たちが今、増えているのです。
今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

出演者

  • 尾木直樹さん
    (教育評論家・法政大学教授)

  • 小林雅之さん
    (東京大学教育研究センター教授)

  • 伊東敏恵
    (キャスター)

質問
コーナー

Q1

大学の授業料が突然払えなくなった場合、救済措置はあるのでしょうか

大学によって授業料の延納・分納という措置をしてくれるところがあります。しかし、中には、授業料が払えなければ即退学となるというところもあり、大学によって温度差がかなりあるという状況です。 また、親のリストラや病気などで家計が急変した場合に応急的に奨学金を出す大学も最近では増えてきています。
Q2

「給付型奨学金」は今後どのように検討が進んでいくのでしょうか

来年度から実施できるように今、議論が進んでいるところです。財源との兼ね合いで、対象者をどう線引きしていくのかというところが大きな論点となっていると言います。

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス