クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2016年8月1日(月)
「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~

「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

「死ね!バカ!」これが指導? ~広がる“ブラック部活”~

今、広がっているブラック部活。番組には、全国の中学生、高校生から切実な声が寄せられています。練習時間が、父親の仕事よりも長いとか、顧問から「死ね」「存在価値がない」と言われたなど。多少の厳しさ、つらさを乗り越えることは、将来、社会に出る上で必要なものと思う方も多いかもしれません。しかし今、生徒の人格を否定するような暴言や、体調を崩すほどの長時間拘束といった、部活ハラスメントが深刻化しています。現場で何が起きているのか、実態をご覧ください。
今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

出演者

  • 内田良さん
    (名古屋大学大学院教育発達科学研究科 准教授)

  • 為末大さん
    (元プロ陸上選手)

  • 久保田祐佳
    (キャスター)

質問
コーナー

Q1

「部活ハラスメント」の実態は?

国士舘大学法学部の入澤充教授が、今年、大学生357人を対象に、部活動中の暴力や暴言に関するアンケート調査を行いました。結果は、高校時代、全体の25%が体罰を受けたことがあり、27%が暴言を経験していました。「殴る」「蹴る」などの体罰は年々減少していますが、暴言など“間接的な暴力”が増加しているとみられています。
Q2

「暴言」や「長時間拘束」の他に、どういった言動が、部活ハラスメントに相当しますか?

他にも、「高額な楽器の購入を求められる」「坊主刈りを強制」などがあります。どこからが行き過ぎた指導なのか、線引きが曖昧なことが、解決を難しくさせているようです。

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス