クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
2016年6月14日(火)
緊急報告 アメリカ銃乱射事件

緊急報告 アメリカ銃乱射事件

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

緊急報告 アメリカ銃乱射事件

日本時間の一昨日(12日)、フロリダのナイトクラブで発生した、史上最悪の銃乱射事件。49人が亡くなり、アメリカ全土をしんかんさせています。ついにここまで痛ましい事件が起きてしまったが?デーブさん:大変な恐怖感があるんですが、容疑者はアメリカで生まれ育ってるのに、アメリカの自由を愛せない、それはなぜなのか理解できないですよね。中山さんは、どんな印象を持った?中山さん:またかという印象ですね。ただ、今回の事件というのは、これまでとは違った意味合いもたくさん含んでいるので、より複雑なアメリカの構図が浮かび上がってきているのかなという気がします。

出演者

  • デーブ・スペクターさん
    (放送プロデューサー)

  • 中山俊宏さん
    (慶應義塾大学教授)

  • 久保田祐佳
    (キャスター)

質問
コーナー

Q1

今回の事件はなぜ大統領選挙に影響を与えるのでしょうか?

「移民の受け入れや多様性」「銃をめぐる問題」はアメリカが抱える問題として深刻であり、今回の過去最悪の乱射事件は、まさにその問題を突いたものでした。そして大統領候補として指名獲得を確実にしたクリントン、トランプ両氏の主張は対立を深めています。アメリカが分断の危機にあることがより鮮明になったのです。選挙戦が本格化する中で起きた事件の影響で、両氏の主張のどちらが市民の支持を集めるのかはまだはっきりはわかりませんが、市民の選択に大きな影響を及ぼす可能性が指摘されています。
Q2

なぜ銃規制ができないのでしょうか?

銃を完全禁止することは難しいというのが今や当たり前の考え方になっているそうです。こうした事件が相次ぐ中、“自衛”のために銃が必要だという市民の考えが前提になりますが、その一方で銃がアメリカ建国以来、国民の生活と切っては切り離せない存在であることも大きく影響しています。銃を扱えるようになることが大人への第一歩だという考え方が根強くあることもまた事実なのです。

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス