クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.38032016年5月11日(水)放送
暴力から逃れられない ~密着・DV対策最前線~

暴力から逃れられない ~密着・DV対策最前線~

警視庁“DV対策チーム” 積極介入で命を守れ!

警視庁の人身安全対策チームです。
捜査員は、総勢170人余り。
初めて取材に入りました。

捜査員
「DVがあって通常逮捕しましたという連絡がありました。」

DVやストーカーなど、被害者の安全確保が必要な事件が発生すれば、都内全域に駆けつけます。
当事者の間に積極的に介入し、一歩踏み込んだ対策を取ろうという試みです。

この日は、夫からDVを受けたという20代の女性を保護しました。
はだしのまま、家から逃げ出してきた女性。
酒を飲んでいた夫に「帰宅時間が遅い」ととがめられ、激しい暴行を受けたといいます。

20代の女性
「もう怖くて怖くて、とりあえずここから逃げなきゃって。」

しかし、こうした深刻な暴力を受けているにもかかわらず、被害届を出さないケースが少なくありません。

捜査員
「あなた自身や子ども、親族、同僚等に対する殺人、傷害等、重大事案に発展するおそれがあります。
(被害届を出す)決意、協力をお願いしたい。」

捜査員は、被害届を出すよう強く促しました。

20代の女性
「どうしようかな。」

女性は、夫を事件の容疑者にすることをためらっていましたが、捜査員の説得を聞き入れました。

「今、容疑者が警察署に入ってきました。」

その日の深夜、夫は傷害の容疑で逮捕されました。 DV対策チームが特に力を入れているのは、被害者を加害者から引き離し、その後の安全も確保することです。

暴力を受けている20代の女性。
夫が逮捕されている間に、親族の家に逃がすことにしました。
捜査員が自宅まで同行し、着替えなど、身の回りの品を持ち出します。

20代の女性
「衣類と必要最低限の電化製品、パソコンくらいです。」

親族の家に送り届けた後も、再び危害が加えられないよう、警察官が定期的に連絡を取ることにしています。

警視庁 人身安全対策チーム 永野雅通対策官
「恋愛感情のもつれが後にエスカレートして、重大事件に発展している。
DV事案というのは最悪の場合は、死に至るケースもある。
危険な犯罪であるということを広めていく必要がある。」

暴力から逃れられない 追い詰められる被害者

リポート:白河真梨奈(警視庁担当)

DV被害者の保護に力を入れる警察。
しかし、いったん保護した女性の半数以上が、加害者の元に戻ってしまうといいます。
なぜ、暴力から逃れることができないのか。

20代のこの女性は、体調を崩して寝ていたところ、「自分より先に寝るな」と腹を立てた交際相手に何度も殴られました。

「自分の気にくわないことがあったり、そのときに殴られたり蹴られたりされて。」

捜査員
「以前もその相手から被害を受けていますよね?」

女性は、以前にも同じ相手から暴力を受け、警察に保護されました。
しかし、頼れる家族のいない女性は経済的に困窮し、暴力を受けると分かっていながら、再び戻っていたのです。

捜査員
「これからどこか、相手の手の届かない、避難できるところはありますか?」

20代の女性
「あんまり考えられないんですけど。」

女性は、民間のシェルターに一時的に避難することになりました。
しかし、その後の生活の見通しはまだ立っていません。


さらに、暴力によって精神的に追い詰められ、長い間、助けを求めることさえできなかったという女性もいました。

去年(2015年)の春、警察に保護された40代の女性です。
大手企業の管理職だった交際相手から、繰り返し暴力を受けていました。
1日に数十通も脅迫的なメールが届き、常に恐怖から逃れられなかったといいます。
女性は、悪いのは自分だと次第に思い込むようになっていきました。

40代の女性
「とにかく『お前のせいで、お前のせいで』と言われたから、ほんとにそうなんだなと、人間として生きている価値は無いんだなくらいまで。」

女性は、職場の同僚に気付かれないよう、殴られた跡を隠すようになったといいます。

40代の女性
「もう本当に見えなくなるまで隠していく感じ。
この辺とかも青くなっていたので、全部塗って。
自分から助けてということは言えないですね。
(相手への)裏切りみたいな。
もう死ぬしかないなと思いましたね。
あれはちょっと思い出すと。」

被害者をどう守るのか 苦悩する捜査現場

加害者から離れることができない被害者たち。
その安全をどう守るのか。
警察は今、難しい課題に直面しています。

DV対策チームの捜査員、養田将一さんです。
今、気にかけている被害者の女性がいます。

この日、養田さんはその女性を呼び出し、近況を聞くことにしていました。
女性は去年、激しい暴力を受け、警察に被害を訴えました。
相手は逮捕されましたが、その後、女性が被害届を取り下げたため、すぐに釈放。
再び同居しています。
交際相手に知られずに話を聞こうとしていたやさき、女性が突然帰ると言い出しました。

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「おっと、イレギュラーですね。」

女性
「申し訳ありません。」

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「大丈夫?
彼に気付かれない?」

女性
「何も言ってなかったので、大丈夫だと思います。」

この時、女性の携帯電話には、交際相手からすぐ帰るよう、催促するメールが届いていました。
1日の行動は、すべて相手に報告することになっているといいます。

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「何かあったら連絡ちょうだいね。」

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「まあ、これが現実ですよね。
何かあった時に身を守るのは、110番だと言ってあるので、危ないと思ったら絶対連絡しろと。」

翌日。
養田さんは、改めて女性と話し合うことにしました。
実は女性は、数か月前にも交際相手に蹴られ、ろっ骨を折る大けがをしていました。
しかし、そのことを養田さんに伝えていなかったのです。

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「2回目の大けがした時の話を、もっと早く知っていればなと思った。」

女性
「その後に彼が『自分がDVだ』という自覚。
『これじゃまるでDVだね』みたいな、ひと言が出てきたので。
今までその認識すら無かったものが、初めて芽生えたので、それでよしとしようと思って。」

交際相手が、いつか暴力をやめてくれると信じている女性。
しかし、養田さんは女性が置かれている状況は、リスクが高いと見ています。

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「次は凶器、刃物だったり、武器を使わない可能性もないわけじゃないし。」

女性
「それ(凶器)を取り出したら終わりだと言ってあるので大丈夫です。
警察に行きますと。」

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「殺されたら、行けないよ警察に。
必ずこっちに、いつでもいいから、夜でも夜中でも大丈夫だから連絡してほしい。」

警視庁 人身安全対策チーム 養田将一主任
「正直限界はあると思います。
彼女の意見も尊重しつつ、警察としても最悪の事態を避けなくてはいけないので、そのためにどういう良い方法があるのかというところですね。」

暴力から逃れられない 追い詰められる被害者

ゲスト 大森美香さん(脚本家)

ゲスト 信田さよ子さん(原宿カウンセリングセンター 所長)

大森さんは、女性が主人公のドラマを数多く手がけてこられたが、VTRを見て、危険な目に何度も遭いながらも、暴力から逃れられない女性たちの姿をどう感じた?

大森さん:そうですね。
もう、ここまで追い詰められているんだという感じがしましたね。
だから、死ぬか逃げるかというか、そこまで追い詰められているっていうのは、逃げるという気持ちに、まず、なってもらうまでが大変だっていう警察の苦労とかも、ちょっと衝撃を受けましたね。

そういった状況に女性たちが追い込まれてしまう背景には何がある?

信田さん:逃げないことが批判されたりするんですけど、やっぱり逃げるという発想が持てないというか、DVというのは閉ざされた家族の中で起きるので、例えば、宇宙に出ちゃうような、逃げるということは。
自分がどこまで行っても追いかけちゃうという。
(外に出ることが、宇宙に出るくらい大変なこと?)
それくらい大変なんだと思うんですね。
だから、気軽に逃げたらとか、どうして逃げないんだって言っちゃうと、かえってその人たちを閉じ込めちゃうことになると思うんですね。

やはり多くの方が、どうして別れないの?という疑問が湧くと思うんですけれども、こちらをご覧いただきたいんです。
内閣府の調査によりますと、被害を受けたあと「相手と別れた」という人は、わずか8.7%にとどまっています。
39%以上いる、「別れたいと思ったが別れなかった」という人の理由については、こちらなんです。

最も多いのが「子ども」、そして「経済的不安」ということなんですよね。

信田さん:そうですね。
やっぱり、お子さんが理由だって方は多いんですが、ここにはもう一つの問題が起きていて、お子さんたちがDVを目撃するということで、今、「面前DV」という言葉がありますけれども、警察が駆けつけた時に子どもがそこにいると、これは心理的虐待に当たるということで、今、通報しなきゃいけないようになっているんですね。
子どもが理由で別れない。
でも、そのことで子どもが傷つくという、そういう悪循環もありますよね。

大森さん:お子さんは、見ていたにしても、見ていなくても、お母さんがそういう被害に遭っているということを知っただけでも、やっぱりすごく受けるものはあると思うんですよね。
だから、その環境がいいと思うから、別れられないというか、離れられないというのは、なんかこう、うまくいかない感じがしますよね。

もう1つ、逃げない理由ということで、中には「相手が変わると思った」、それから「相手には自分が必要だと思った」という声もあるんですよね。
視聴者の方より:「彼からDVされていると分かっていますが、別れられません。依存から抜け出すためには、どうすればいいですか?」

信田さん:これを依存というふうに考えると、ちょっと、逃げない、その人が悪いっていうことになりますけれど、やっぱりDVっていうのは、「君がああいう言い方をしなければ、僕はそんな暴力振るわないよ」って、つまり妻であるあなたが問題なんであって、僕はむしろ被害者なんだっていう意識で、語る人が多いんですね。
だから、彼女たちも、自分がもう少し気を付ければよかったんじゃないかというふうに、自分を責めちゃうということがあります。

大森さん:そんな気持ちにさせられていくということですね。

信田さん:そうですね。

今、お話にあったことが、「逆転現象」とも言えるということだが?

信田さん:暴力振るう側は、自分がむしろ被害者なんだと。
妻の方が、自分を怒らせるんだと。
妻の方は、私のやり方がまずいから、夫が暴力振るうんだと。
私の方が悪いんだっていうふうに、被害と加害が逆転する、こういうようなことが、結構、一般的に起きていますね。

被害者の心の中では、どういった変化が起きてくる?

信田さん:やっぱり、自分で選んだ人がこういうふうになったと、それは私の責任じゃないかっていう自責感とか、そういう自分を責める気持ちの方が強くなるということがあります。

大森さん:でもそうなると、また、この加害者と言ったらあれですけれども、こちらはもっとやってもいいっていう感じになっていってしまいますよね。

信田さん:そうですよね。
これだけ言ってなぜ分からない、君は頭が悪いねみたいな感じで。

大森さん:そういう感じになってきますよね。

視聴者の方より:「私は妻に暴力を振るいます。口ではかなわないからです。妻から言葉で攻撃されなければ、暴力は振るいません。」
暴力をしているという自覚はあるが、自分の考える理由としては、奥さんのほうが悪いからだと思っている?

信田さん:そうですね。
発射ボタン押したのは、あなたでしょって。
僕は発射するつもりはないんですよっていう。
聞きようによっては、ちょっとどうなんでしょうっていう感じはありますよね。

大森さん:そういう感じしますよね。
それで、けがをさせたり、自由を奪ったり、精神的な自由を奪ったり、けがを負わせたりしていいのかっていうところになると、絶対に本当はいけないわけで、そこの部分の最初の発想がやっぱり、また違ってきてしまうのかなって。

(そしてまた暴力がエスカレートしてしまう可能性もある?)

信田さん:そうですね。

警察も、女性たちが逃げようとしない中で安全を守らなければいけない対応の難しさに直面していたが?

信田さん:私は90年代から見てきて、よくここまで警察がDV被害者のために動くようになったなという、そこはすごくうれしいなっていうか、時代は変わったなという感じがするんですよね。

全国的に見たら、まだ対策が進んでいない地域もある 女性たち・被害者たちを守るためにはどんなことが必要?

信田さん:もう一つは、2001年にDV防止法が出来てから、ずっと息長く被害者支援をやってきた、被害者支援員っていうのがいるんです。
その人たちと、このような警視庁の方々が協力していただく。
そして、あとは民間団体も、私たちは民間なんですが、協力するという。
この3者がどうやって連携していくかっていうことが、すごく大事だと思います。

それぞれにできること、役割は違ってくる?

信田さん:そうですね。
(そこを結び付けて?)
思いは同じ、DV被害者を支援するのは同じということですよね。

大森さん:そこにうまく民間が入っていくと、やっぱり警察の方は、すごく一生懸命やってくださってると思うんですけれども、聞きようによっては、自分が被害を受けて、せっかく相談しても、怒られてるような気持ちになってしまったりということも。

信田さん:なんかね、3人の男性がいて。

大森さん:囲まれて、ちゃんとこうしなきゃだめだよ、だめだよっていうふうに言われてると、そういう気持ちになってしまうこともある中で、やっぱり、ただただ優しく声をかけてくれたり、そばにいてくれる人っていう、しゃべりやすい人というのが警察の方と別にいると、それは警察の方も助かることになるのではないか。

信田さん:すごく重要なポイントですよね。
カナダなどでもそうですけど、アドボケーターっていうんですけど、被害者に寄り添って、例えば、今おっしゃったように、背中をさすったりとか、発言できないときは補ったりとか、そういうことをやっていく若い女性の支援員っていうのが結構いるんですね。
そういう人たちが、日本でももう少し大勢いたらいいなと思います。

大森さん:今、見ていても、しゃべるのがすごく大変、口に出して言うことがすごく大変そうに見ていて思うので、そこの精神的な支えになる方がいるといいなって思ってしまいました。

さらに、加害者への働きかけというのも大切になってくるが?

信田さん:今、加害者はもう全然変わらない凶悪な動物みたいなことをいう方も多いんですけれども、私は12、3年、DVの加害者プログラムをやってきて、いろんな国で、加害者プログラムの効果っていうのは実績を上げてきてるんですね。
だから、できれば日本でも基準を作って、そういうDV加害者プログラムに、彼らを警視庁の方たちの力を借りて導入することができればいいなというふうに思います。

視聴者の方より:「相談をどこにしたらいいのか?」

信田さん:DV専門の窓口があるんですけれど、むしろ一般的には、どこにでもいいから電話をすると、DVのところに集約されるっていうのが一番いいと思います。

大森さん:友達でもいいから言えるっていう、少し閉ざされたのが開くようなね。

信田さん:そうですね。

今回のグラレコ

番組の内容を、「スケッチ・ノーティング」という会議などの内容をリアルタイムで可視化する手法を活かしてグラフィックにしたものです。

質問
コーナー

Q1

どこに相談すればいいか分かりません。

都道府県や市町村が設置する配偶者暴力支援センターで相談できます。また他の相談機関や、避難できる場所、利用できる制度などさまざまな情報の提供も行っています。また、内閣府男女共同参画局HPの「相談機関一覧」をご覧頂くと、相談したい内容ごとに、児童相談所や福祉事務所などの各窓口の案内も見ることができます。
Q2

男性がDVの被害を受けている実状についての対策はどうなっているのですか?

DV被害者の1割は男性です。周囲からの誤解も受けやすく、声を上げにくいと感じている被害者が多いと言われています。 臨床心理士の信田さよ子さんによると、男性被害者に対する支援は少しずつ整ってきています。男性被害者の相談対応の研修が行われたり、専門の相談窓口を置く動きも広がっているそうです。「暴力に苦しむ人すべての支援態勢の底上げが必要だ」と信田さんは指摘しています。DV被害を受けている男性の相談は配偶者暴力支援センター、警察などでも対応しています。一部の都道府県、自治体では男性被害者対象の相談窓口を設けているところもあります。例)東京都ウィメンズプラザ「男性のための悩み相談」

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス