クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.3773 2016年2月22日(月)
広がる“労働崩壊”~公共サービスの担い手に何が~

広がる“労働崩壊”~公共サービスの担い手に何が~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

広がる“労働崩壊”~公共サービスの担い手に何が~

京都市内にある保育所。 30年以上のベテランなど、契約保育士全員が雇い止めを通告されました。 保育士 北垣光代さん 「こういう形で去らなければいけないことは、ものすごくつらいです。」 今、保育や介護、公共工事など、公共サービスを担う現場で、低賃金で過酷な労働に苦しむ労働者が増えています。 保育士 北垣光代さん 「手取りで13~14万くらいですね。」 国や自治体が効率化とコスト削減を進める陰で、そのしわ寄せがさまざまな現場に及んでいるのです。 建築業者 「何しろ安く安くだから、若い人が育たないですね。」 4年前に起きた重大な事故。 それをきっかけに始まった対策の中で、過度なコスト削減や熟練労働者の不足が浮き彫りになり、国は警鐘を鳴らしています。 国土交通省 建設業課長 北村知久さん 「この流れを食い止めないと、将来大変な事になる。」 公共サービスの現場に広がる担い手の崩壊。 追い詰められる労働の現場からの報告です。

出演者

  • 大内 裕和さん
    (中京大学教授)

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス