クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.36112015年2月4日(水)放送
“分断”の危機は避けられるか ~仏テロ 広がる波紋~

“分断”の危機は避けられるか ~仏テロ 広がる波紋~

テロ後のフランス 「自由」をめぐる摩擦

シャルリ・エブド襲撃事件から4日後。
フランス全土で370万人が参加して大規模なデモが行われました。
参加者たちが掲げた「私はシャルリ」。
表現の自由への支持の表明です。

女性
「表現の自由を守りたいからここに来ました。」

テロ事件からまもなく1か月。
今も街の至る所で私はシャルリのスローガンが掲げられています。



「私はシャルリではない。」

一方で、割り切れない思いを抱えている人たちもいます。
イスラム系移民たちです。
300人が集まり、イスラム教徒は尊重されていないと声を上げました。

シャルリ・エブドは、イスラムの教えで描くことが禁じられている預言者ムハンマドの風刺画をたびたび掲載。
告発しても、司法当局は「表現の自由」の範囲内だとして退けてきました。
事件をきっかけにイスラム教徒の不満が噴出したのです。


「反イスラム主義と私は闘う。
政府は我々を救わない。」




この表現の自由を巡る価値観の違いが、フランス社会に大きな溝を作っています。
アルジェリア出身のイスラム教徒、ユネス・シャウイさんです。
友人との会話ではシャルリ・エブドがいつも話題に上ります。

ユネス・シャウイさん
「預言者ムハンマドが裸の姿で描かれたら、それはとんでもない侮辱です。」

「でもそれを止めさせることはできない、表現の自由があるんだから。」

イスラム教徒ではない友人とは、いつも議論は平行線となります。

ユネス・シャウイさん
「そんなに過剰な“表現の自由”は必要ですか。」

「イスラム教を知らないフランス人には侮辱ではないのよ。」

ユネス・シャウイさん
「侮辱は侮辱です。」

「生っ粋のフランス人にとっては違うのよ。」

ユネス・シャウイさん
「イスラム教徒は傷つくんです。
いくら表現の自由があると言ったって…。」

イスラム教徒として譲れない価値観が理解されず、偏見の原因にもなっているといいます。

ユネス・シャウイさん
「生っ粋のフランス人とイスラム系住民には大きな壁があります。
人種差別的な出来事も経験しました。
でも、差別されたことは自分の胸におさめています。
話すことはできません。」

フランスでは、移民を社会に統合していくためのさまざまな政策を取ってきました。
その1つが、公立学校でイスラム教徒の女子生徒がスカーフをかぶることを禁じた法律です。
根幹にあるのが、公の場に宗教を持ち込まない「政教分離」の理念です。

フランス シラク大統領(当時)
「宗教の自由ということを口実に、フランスの理念に従わないのは許されない。」



「法律を変えよう!」

その結果、イスラム教徒の反発を招くことも少なくありません。
しかし政府は、学校の授業でも政教分離の理念を徹底させようとしています。


子ども
「学校では自分の宗教と関係する服装や物を身につけません。」

子ども
「生まれた肌の色を理由に無視されたり、いじめられた子もいるけど、それは無知や愚かさのせいです。
みんなが尊重しあい、差別のない学校を作っていきたいです。」

仏政府 教育関係者
「ぜひ頑張ってください。
君たちが言ったように、他人が信じるものや生き方を尊重する事こそが政教分離なのですから。」

テロ後のフランス 脅かされるイスラム教徒

「こちら反イスラム嫌悪協会です。」

テロ事件後、一般のイスラム教徒への嫌がらせが急増しています。
イスラム教徒のための相談窓口には、テロ事件以降、週に50件以上の相談が寄せられています。

“『スカーフをつけた売春婦め、殺してやる』と言われました。”

相談員
「まずは警察に届けを出してください。
何か問題があったら連絡してください。」

相談窓口の担当者は、差別行為がエスカレートするのではないかと懸念しています。

反イスラム嫌悪協会 広報担当 エルザ・レイさん
「特にスカーフをつけているイスラム教の女性は、仕事場であれ、学校であれ、休日であれ、日常的に暴力や差別の危険にさらされています。
この状況に対策を講じなければ、今後も同じような被害が続くでしょう。」

こうした状況の中でも、積極的に社会に溶け込もうとしているイスラム系の移民もいます。

モスク理事長
「皆さん、いつでもこの施設に来てください。
そして私たちに会ってください。
われわれの神は決して排他的ではありません。」


このモスクでは10年前から月に2回、モスクを開放し、イスラム教徒以外の住民との相互理解を促そうとしてきました。

地域住民
「“私たちとは対立していない”とアピールするのは良いことだと思います。」



その先頭に立ってきた、グレーヌ・ヌレッディンさんです。

モスク指導者 グレーヌ・ヌレッディンさん
「イスラム教のいいところを知ってもらう努力をしてきました。
私たちは、みなさんと一体となって生きていきたいのです。」


テロ事件後、ヌレッディンさんのモスクにはイスラム教を侮辱する落書きがされ、建設中の新しいモスクは何者かに放火されました。
共存を目指してきたヌレッディンさん。
今、無力感にさいなまれています。


モスク指導者 グレーヌ・ヌレッディンさん
「暴力をふるうのはテロリストです。
決して私たちではありません。
しかし、イスラム教徒はフランス社会から疎外されています。」

テロ後のフランス 深まる社会の溝

ゲスト渡邊啓貴さん(東京外国語大学大学院教授)

●今のフランス社会の空気をどう感じる?

今、フィルムでもありましたように、全部とは言えませんけれども、やっぱり彼らムスリムの人たちの大変な疎外感、そうした人たちの社会不満というのが1つ高まっている状況であるかと思います。
そういう意味では、今、とても不安定な状態にあると思います。
ただし、一方で普通のフランス人はイスラムをどう思っているのかといいますと、多くの人は平和主義、イスラム教徒は平和主義だということでは、過半数以上の人がそれを支持していると思います。
また、問題はどこにあるかというと、平和にフランス人と共存しているイスラム教徒の人たちと、過激派といいますか急進派の人たちですね、これはやっぱり区別すべきだという考えの人たちがフランス人の中に、マジョリティーにあると思います。
(冷静な人々も多い?)
そうですね。

●政教分離、表現の自由、多様性の尊重を掲げた同化政策 うまくいっていなかった?

そうですね。
フランスはもともとフランス革命に代表されるような、自由、平等、博愛という理念でやっぱり、国の骨格をつくってきた国です。
それと原理原則というものがだんだん、かつてのような形では維持できなくなっている。
これは一般によくいわれるように文化の多様性とか、今回で言えば、違う宗教といかに共存していくかという問題になると思います。
そういう意味で、現実社会はフランスも次第に多様化、多文化してきているにもかかわらず、制度のほうが必ずしもそれに追いついていない。
伝統的なフランスの社会、国家の在り方というものがやっぱり強く残っていると。
こうしたところで、移民の第1世代と第2世代ということになりますと、その対応や感じ方が、やっぱり違ってくるんだと思います。

●表現の自由を巡るフランス内での議論 移民への寄り添いかたは?

そのへんが、大きな今回の問題の中心的な問題だと思いますね。
というのは、フランスは今まで表現の自由といってきた、それ自体は普遍的な考え方だと思いますけれども、やはりどの文化も、やっぱりそれなりの固有性、特徴を持っているわけですから、自由といったときの、ちょっと難しい言い方になりますけれども、自由の中のスタンダードといいますか、どこまで許容範囲であるということが、今、議論されている、一番最も重要なことだと思います。
特に第2世代の人たちはフランスに溶け込もうとして、そして、そういうふうな教育を受けたにもかかわらず、やはり自分たちの出自とか宗教、特に生活に根ざした宗教ですから、非常にそういうところが受け止められにくい、あるいは適合しにくいということになります。
そういう意味で、フランスが今まで持っていた表現の自由にあるスタンダード・基準が、彼らにとっては逆に一方通行的なものになって見えるんではないかと、そういう状況ではないかと思います。

●第2世代の人々の疎外感 社会的な立場、経済的な状況も影響している?

それはやはり、第1世代が一生懸命勝ち得ようとしてきて、成功例もありますし失敗例もありますけれども、そうした中で一番大きな問題、核心にあるのは、貧困ということだと思います。
そういった社会格差、こういったところでのいわば弱者に対する対応ということになろうかと思います。
そういう意味では、今回のテロが移民系の人によって行われたということは、本来、政治的な問題であるテロの問題が、社会問題、貧困の問題と、あるいは移民の生活状況と社会的な存在感とが結び付いてきているということであろうかと思います。

ドイツに広がる移民排斥の動き

「われわれこそがドイツ国民だ。」

1万5,000人が参加した、移民排斥を訴えるデモです。
フランスのテロ事件以降、イスラム系の移民が社会に脅威を与えているとして、回を追うごとに参加者は増えてきました。

「重要なのは、ドイツはドイツ国民のための国家だ。
(移民は)私たちの寛容さにつけ込んでいる。」

これほどあからさまに反イスラムを訴えた運動は例がありません。
ナチスによるユダヤ人虐殺の歴史を背負うドイツでは、戦後、特定の民族や宗教を排斥する言動や活動はタブーとされてきたからです。


デモ参加者
「300人から始まったデモがこれだけ大規模になったのは、多くの人が不満を抱えている証拠です。」




デモを取りしきる幹部は、ヨーロッパの価値観に同調しないイスラム教徒は今こそ締め出されるべきだと訴えています。

イスラム系移民排斥運動 幹部 シルビオ・ルスラー氏
「世界で唯一問題のある集団がイスラム教徒なのです。
彼らはどの国に行っても自分たちの宗教を強要しています。
すべてのヨーロッパの国に排斥デモを広げたいと考えています。」

こうした過激な主張が、これまでデモに関心のなかった市民の間にも広がり始めています。
ティロ・ブレットシュナイダーさんです。
毎週デモに参加しています。

ティロ・ブレットシュナイダーさん
「イスラム教徒は近隣住民と交わろうとせず、周りに溶け込もうとしません。
私たちに同化しないならば、ドイツで暮らすことはできません。」

自動車整備工場を営みながら、4人の子どもと妻と暮らすブレットシュナイダーさん。
自分の税金が移民の社会保障などに使われるのは納得できないと考えてきました。

ティロ・ブレットシュナイダーさん
「移民はドイツで生活保護も受けています。
彼らの母国でも貧困層には経済支援があるだろうに、ここに一体何をしに来たのでしょうか。」

そして先月(1月)、隣国フランスで起きたテロ事件。
移民とは共存できないとの思いは確信に変わったといいます。

ティロ・ブレットシュナイダーさん
「イスラム化は着実に進んでいます。
今後この傾向は顕著になるでしょう。
親である以上、子どもたちの未来のために何かをしなければならないのです。」

移民排斥に揺れるドイツ “分断”は避けられるか

ドイツ国内に広がり始めた強硬な移民排斥の動きに対し、政府や市民は危機感を強めています。
メルケル首相は、排斥運動への参加を自粛するよう国民に異例の呼びかけを行いました。

ドイツ メルケル首相
「デモの主催者についていかないでください。
彼らの心の中にあるのは、偏見や冷たさ憎悪ですらあるのです。」


若者たちもデモを封じ込めようとする活動を始めています。

ジョニー・ブッツマンさん
「差別主義に抵抗するため一緒に抗議しましょう。」

大学生のジョニー・ブッツマンさん。
移民排斥はドイツがナチス時代に犯した過ちを繰り返しかねないと懸念を強めています。

ジョニー・ブッツマンさん
「彼らの主張は人種差別に他ならない。
社会に不安を与えるだけです。」



ブッツマンさんは移民排斥のデモが行われるたびに現場に赴き、仲間と共に抗議集会を開いています。
双方の対立は激しさを増しています。



イスラム系移民排斥・賛成派
「われわれはまたデモを開く。」

ジョニー・ブッツマンさん
「帰れ、帰れ。」

ブッツマンさんは、多様性を受け入れることで発展してきた戦後ドイツの歩みを止めてはならないと考えています。

ジョニー・ブッツマンさん
「人種差別や移民規制のない開かれた国家を作り上げなければなりません。
絶対にデモは容認できません。」

テロ事件をきっかけに、移民との共存か排斥かを巡って社会の分断があらわになっています。

仏テロ 広がる波紋 “分断”は避けられるか

●ヨーロッパ全体の状況をどう見る?

やはり、ひと言で言うと、やっぱりまだ不安定な状況は続いていると思います。
ドイツの状況は、ドイツだけではなくてフランスやそのほかの国にも、またどういう形で波及するか、また広がっていくのか、これ以上に広がっていくのか、分からない状況です。
その意味では、感情の力と理性の力が今、戦っているといいますか、全体としては私は理性の力が強いんではないか、メルケル首相の発言なんかに見られるように、そうした状況ではないかと思います。
ただし、不安定は不安定ですから、今日のようにインターネットが発達してバーチャルリアリティーが広がっている時代、ちょっとしたことで感情の力が拡大していく可能性はあると思います。

●今のヨーロッパが抱えている一番大きなジレンマは?

もともと、移民の問題、あるいは歴史的にさかのぼって植民地の問題というのは、西欧的価値観が絶対視されていた近代以降の、今日に至るまでの大きな歴史の流れだと思います。
そういった西欧的な価値観を絶対視する、そういった見方が今、揺れてきている。
別な言い方をすれば、西欧国家の在り方が自信を失いかけていると言うことができるのではないかと思います。
そういう意味では、例えばフランスなどでは、異文化を受け入れて多様化してきているけれども、その対応がまだ十分できていない。
制度的にもまだ問題があるというのが現状ではないかと思います。

●不安定な状況を改善し、社会統合を進めていくための鍵は?

結局、ひと言で言えば平凡な言い方になりますけれども、対話だと思います。
冷戦が終わったということは、ある意味で不文律ですけれども、一応、暴力で物事を解決しないと。
外交で解決する、あるいは対話で解決する、それは価値と価値のぶつかり合い、文化と文化の対立になる。
それをどう克服していくかと、少し難しい言い方になりますけれども、そういった広い意味での対話の窓口をどうわれわれは作っていくか、そういう今、時代にあるんだと思います。

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス