クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.3591 2014年12月9日(火)
子どもの性同一性障害 ~揺れる教育現場~

子どもの性同一性障害 ~揺れる教育現場~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

子どもの性同一性障害 ~揺れる教育現場~

学生服を着る中学生。 実は女の子の体で生まれましたが、幼い頃から、男の子として生きたいと訴えてきました。 性同一性障害 当事者 「あんまりみんなに分かってもらえないし、『えっ』みたいな感じで見られて、そういうのがめっちゃ嫌でした。」 心の性と体の性が一致しない、性同一性障害。 社会での認知度が高まるにつれ、今、悩みを訴える子どもたちが増えています。 国は、今年(2014年)初めて全国の学校を対象とした実態調査の結果を発表。 性同一性障害と見られる児童や生徒は、少なくとも600人以上いることが分かりました。 周囲の理解が得られず、不登校や自傷行為に苦しむ子どもの実態も明らかになってきました。 学校はどう対応するべきか。 研修会を開くなど、さまざまな模索が始まっていますが、現場では戸惑いも多いといいます。 高校 校長 「トイレの問題にしても、修学旅行の問題にしても、いろんな行事ごとが男女という切り分けの中で進んでますので。」 性別の悩みを抱える子どもたちと、どう向き合えばよいのか。 教育現場からの報告です。

出演者

  • 中塚 幹也さん
    (岡山大学大学院教授)

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス