クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.3406 2013年9月25日(水)
安住の地はどこに ~広がり続ける“介護移住”~

安住の地はどこに ~広がり続ける“介護移住”~

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

安住の地はどこに ~広がり続ける“介護移住”~

茨城県にある、こちらの高齢者住宅。 入居者のおよそ4割が、土地の人ではありません。 「どちらから?」 女性 「東京。」 今、都会の高齢者が地方で介護を受ける、介護移住が広がり続けています。 急速な勢いで進む、高齢化。 しかし、都会では、高齢者施設の整備が追いついていません。 東京では、4万人が特別養護老人ホームの空きを待っている状態です。 そうした状況を解消しようと、行政の中には、地方で新たな介護施設を作ろうという動きも出ています。 杉並区職員 「区域の外に作る取り組みは、前例がない。」 一方、民間では、都会の眠れる資源を利用して、高齢者が移住せずに介護を受けられる場を作ろうという模索も始まっています。 「1人あたり、約3畳です。」 空き家を利用した、ケア付き共同住宅です。 NPO法人 理事 「空いているアパートとか、たくさんありますので、各地域の創意工夫で出来ることはたくさんある。」 老いても安心して暮らせる住まいを、どうしたら手に入れることができるのか。 広がり続ける介護移住の実情を通して考えます。

出演者

  • 宮本 太郎さん
    (中央大学教授)

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス