クローズアップ現代

毎週月曜から木曜 総合 午後10:00

Menu
No.3351 2013年5月22日(水)
人生のディナーを召し上がれ

人生のディナーを召し上がれ

ダイジェスト 放送した内容をご覧いただけます

photo

人生のディナーを召し上がれ

もし、あなたの命の時間が残り僅かだと知らされたら、人生の最期に何を食べたいですか? 「母が作った、レアチーズケーキ。 誕生日のときにレアチーズケーキを作ってくれた。」 「お母ちゃんの作った卵焼き。 ちょっとパサパサなんだけど、他では食べられなかった味。」 栄養士 「何か召し上がりたいものはないですか。」 患者 「バッテラ。」 今、終末期医療の現場で、こうした私たちの食べることへのこだわりを心のケアに生かそうという取り組みが始まっています。 去年(2012年)、開設された大阪のホスピスでは、週に1度、患者が希望する食事をなんでもかなえることにしました。 出されるのは、患者たちの大好物や人生の思い出の食事です。 この患者が希望したのは、子どもの頃、家でお姉さんが作ってくれた、少し硬めのお好み焼き。 患者 「硬さええわ、完食や。」 ホスピス 医師 「食べることと生きることは、密接につながりあって人間は生きている。 これまでの医療の常識にとらわれないで、提供出来るようになれば。」 食事を患者たちの心のケアに利用しようという、終末期医療の新たな試みを取材しました。

出演者

  • 池永 昌之さん
    (ホスピス・こどもホスピス病院 副院長)

みんなのコメント 

あわせて読みたい

PVランキング

注目のトピックス