ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

東海

2017年04月01日 (土)

静岡・沼津のふるカフェ

東京から1時間強、やってきたのは静岡県沼津市。築100年、見どころ満載の港町カフェがあるという。路地に残る古い蔵がそのカフェ。

漆喰で覆われた壁の上の方は、ノミのあとが残る石がむき出しに。耐火性にすぐれ、かつて江戸城の石垣にも使われていた地元産の伊豆石だ。天井は板が外され、梁がむき出しに。丸太の反りを利用して、より重さに耐えられるようにしている、日本伝統の和小屋組だ。

numazu_cafe6.png

その正体は、大正時代に作られた船道具屋の蔵。沼津は、静岡有数の港町として明治、大正、昭和と繁栄を極めていた。狩野川沿いの港には、魚や資材を積んだ船が集結し、川岸には蔵がずらりと立ち並んでいた。戦後は、関東に近い交通の便のよさから、企業の進出が活発化。この蔵も一時はダンスホールに改装!連日多くの若者が列をなした。

しかし、高度経済成長期が終わる頃になると、近隣の三島や富士市に新幹線の駅ができて人の流れが変わる。街から商業施設が次々撤退、かつての賑わいを失っていく。この蔵も20年近く借り手が見つからず、空家になっていた。しかし「富士山のふもとに住みたい」と東京から移住してきた店主を地元の人々が物心両面で応援、カフェとして再生したのだ。堪能するグルメは、アジの干物の生産量が日本一の沼津らしく、沼津産豆アジのフライ!

numazu_cafe4.png