ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

東北

2017年06月28日 (水)

福島・会津若松のふるカフェ

あれに見えるは天下の名城、鶴ヶ城!そう、ここは福島県会津若松

cafe_aidu_01.jpg

今回は、会津らしさが詰め込まれたカフェに、いざ参る!

 

でもその前に、せっかく会津まで来たのだから、鶴ヶ城は必見ですよね。

cafe_aidu_02.jpg

そして鶴ヶ城といえば、この赤瓦(あかがわら)!

鉄分が入った釉薬(ゆうやく)がかけられた瓦は、水が染み込まず、

凍っても割れないのだ。

cafe_aidu_03.jpg

古い建物にカフェのマークを発見!

cafe_aidu_04.jpg

この建物の屋根、鶴ヶ城と同じ赤瓦。しかも片方にだけ傾いている片流れだ。

cafe_aidu_05.jpg

でも、奥の建物は山型の切妻(きりづま)屋根。うん?どういうこと・・・。

 どうしても気になったので、お邪魔しちゃいました。

まず、目に飛び込んで来たのは、華やかな模様の会津漆器。

どうやら漆器屋さんらしい。

cafe_aidu_06.jpg

さらにその先には、観音開きの扉と、住まいを兼ねた座敷蔵(ざしきぐら)が!

cafe_aidu_07.jpgなるほど、お店と蔵をつないでいたから、屋根の形状が違ったのか。

cafe_aidu_08.jpg

お目当のカフェは、漆器屋さんの奥にありました!

 

店内は天井が低くて、不思議と安心できる空間。

cafe_aidu_09.jpg

元々ここは、250年前に建てられた漆を扱う作業蔵だったそうだ。

漆はホコリや紫外線を嫌うので、密閉された空間に小さな窓が1つだけ。

今回は謎解きをする前に、店主の満山さんがすべて教えてくれた。

cafe_aidu_10.jpg

 (店主の満山順一さん)

先ほどの漆器のお店と座敷蔵、そしてこのカフェは中でつながっていて、

満山さんの家は江戸時代中期から続く老舗の漆器店なのだ。

 

cafe_aidu_11.jpg

注文したのは、日替わりランチ。カツは馬肉のカツで、この日の特別メニュー!

cafe_aidu_12.jpg

(満山の妻・美智子さん)

馬肉のカツは会津の郷土料理で、

戊辰戦争で傷ついた兵士の体力回復のために振る舞われたという歴史があるそうだ。

 

コーヒーは自分で豆をすりつぶす。かつて、会津藩士たちがそうしたように。

cafe_aidu_13.jpg

店内には漆器がたくさん置かれていた。

cafe_aidu_14.jpg

中でもこれは、江戸中期に作られたとても貴重なお椀。菊の図柄が華やかだ。

cafe_aidu_15.jpg

店内に会津漆器の職人さんたちがいたので思い切って話しかけてみた。

こちらの若い女性たちは、塗師になるために修行まっ最中だそうだ。

cafe_aidu_16.jpg

(左から、塗師の菊地遥香さん・青柳彩子さん・原田麻衣さん)

そして、彼女たちの親方である冨樫さんと、蒔絵師の山内さん。

cafe_aidu_17.jpg

(蒔絵師の山内泰次さん(左) 塗師の冨樫孝男さん)

会津漆器はこれまでいろいろな窮地に陥ることもあったが、

逆境に立ち向かう会津魂によって、その技は今も大切に受け継がれているそうだ。

 

cafe_aidu_18.jpg

これは、起き上がり小法師。転んでも、転んでも起き上がる、まさに会津魂を

表現したような郷土玩具だ(店主の満山さんに1ついただいちゃいました)。

 

cafe_aidu_19.jpg

その姿をカフェに変えて、時代の流れに立ち向かいながら今も残る古い蔵や、

どんなときも伝統の技を絶やさないように後世に残そうとしている職人のみなさん。

ピンチをチャンスに変える会津魂を教えてもらった旅でした。