ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

信越

2017年07月05日 (水)

長野・奈良井のふるカフェ

ここは、中山道の宿場町として栄えた長野県塩尻市奈良井

cafe_narai001.jpg

古民家好きの僕としては、ここは、まさにパラダイス。

「奈良井千軒」と謳われるだけあって、行けども、行けども

古民家!古民家!古民家!

cafe_narai002.jpgcafe_narai003.jpgcafe_narai004.jpg

(間口が狭く、奥に長い。町家に多い「うなぎの寝床」。)

 

こんな夢のようなまち並みが1キロに渡って続いているのだ。

cafe_narai005.jpg

今回、訪れたのは、築180年!凹(ぼこ)っとしているカフェ。

うん、確かに屋根の位置が周りの建物と比べて凹(へこ)んでいる。

cafe_narai006.jpg

しかもこの古民家は、1階の天井の梁が外まで突き出ていて、

2階が少しせり出している「出梁(だしばり)造り」だ。

cafe_narai007.jpg

店内は、歴史が感じられる古民具がいっぱいで、いい雰囲気。

はじめて来たのに、落ち着くなあ・・・。

cafe_narai008.jpg

マスターの今井さんによると、これらの古民具は家の蔵にあったものだとか。

cafe_narai009.jpg

(マスターの今井昭憲さん)

 

その中でも、最も古いのが、これらの塗り櫛(くし)。

cafe_narai010.jpg

 今井さんの家は、江戸時代から続く塗り櫛問屋だったのだ。

 

この建物が建てられたのは江戸時代。

当時は、木曽の山々で濫伐(らんばつ)が進み、

尾張藩は伐採を制限。

そのため長い木材が手に入りにくくなり、仕方なく低い家が建てられた。

これが、この家が低く、周りと比べて凹(ぼこ)っとしている理由だ。

cafe_narai011.jpg

さて、今回いただいたのは、ぜんざい。

しかも、お椀も小皿も江戸時代のもの。

おいしさだけでなく、器でももてなしてくれた。

cafe_narai012.jpg

こちらは、この古民家をカフェに改修した翁像(おきなぞう)さん。

cafe_narai013.jpg(大工の翁像明さん)

 

じつは、東京から実家に戻って来た今井さんは老朽化した家を新築しようとした。

でも、この地区は重要伝統的建造物群保存地区に選定されていたので、

通りに面した部分を残して後ろだけを新築。そして、残した部分をカフェに。

そのときに力になってくれたのが大工の翁像さんってわけだ。

cafe_narai014.jpg

元々この箱階段は、蔵にあったもの。

それをカフェのメインにしようと今のように設計したそうだ。

 

この元気いっぱいの女性は、ご近所の主婦・瀧澤さん。

奈良井のこれからの名物にしたいと試作した

「トウブキの砂糖菓子」を持って来てくれた。

cafe_narai015.jpg

(店主の今井洋子さん(左)・地元の主婦の瀧澤孝子さん)

 

「トウブキ」とは、このあたりにある大きなフキで、

それを煮て砂糖でコーティングしたそうだ。

cafe_narai016.jpg

独特の苦味と砂糖の食感がマッチして、うん!おいしい。

 

生まれ育った古民家、蔵にあった古民具、畑に生えているトウブキ。

みなさんが当たり前のように近くにあるものを大切にしながら暮らしている。

cafe_narai017.jpgcafe_narai018.jpg

cafe_narai019.jpg

 本当に大切なものって、案外近くにあるんだな。

そして、「家は育っている。その育っている家が家族を育ててくれている」

という翁像さんの言葉も胸にしみたなあ。

 

cafe_narai020.jpg

最後は、みなさんが見送ってくれた。ありがとうございます!

今度来るときは、「トウブキの砂糖菓子」が奈良井の名物になっているかも?

 

 

 

 

2017年04月01日 (土)

長野・軽井沢のふるカフェ

東京から、新幹線で1時間。憧れの避暑地・軽井沢

お目当ては築90年、別荘カフェで味わえる、贅沢モーニング!
セレブな別荘地を抜け細い森陰の小道を行くと、かなり質素な山小屋ふうの建物が見えてくる。アルファベットの表札が、以前は外国の人が住んでいたことをしのばせる。

karuizawa_cafe1.png

そもそも軽井沢は、江戸時代、旧中山道の宿場町。避暑地に生まれ変わったのは、明治21年、カナダ人のアレキサンダー・クロフト・ショーが別荘を建ててからのこと。
宣教師だったショーは、お金のかからない質素な作りを心がけ、空き家になっていた旅籠を移築して再利用するという工夫をした。その後ショーが仲間を呼び寄せたこともあり、明治の終わりには滞在者の7割近くが外国人に!彼らが住む別荘が次々と建てられていった。この建物も旅籠を再利用。煙突は下水用の素焼きの土管で、質素な精神がうかがえる。お目当てのスペシャルモーニングはでソーセージにびっくり。実はソーセージ作りも外国人たちがこの地に持ち込んだもの。日本らしいサクラの木のチップを使って燻製にしたものだ。日本の風土と外国人が出会って生まれたのが軽井沢文化なのだ。

karuizawa_cafe5.png

2階には書斎があって、万年筆に原稿用紙が残る。実はここ、作家・森瑤子さんがイギリス人の夫、それに3人の子供達と夏を過ごした別荘だった。子ども達にはイギリスでポピュラーな野菜ルバーブのパイをよく作ってあげていたという。森さんが52歳の若さで亡くなったあと、娘のヘザーさんたちがここを訪れることもなくなり、一時は空き家になっていたが、軽井沢を愛する有志が保存活動を進め、国の登録有形文化財に指定。2012年、カフェとして生まれ変わった。ご遺族も再びこの思い出の場所に足を運ぶようになった。