ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

近畿

2017年05月10日 (水)

京都・吉田山のふるカフェ

 

またもやって来ました。千年の都、京都! 

cafe_yoshidayama_001.jpgなぜか等間隔で座る鴨川のカップルや、京都大学を横目に、

cafe_yoshidayama_002.jpgcafe_yoshidayama_003.jpg  
  いざ、大正末期に建てられた、茶の湯にゆかりのある山荘カフェへ!

 

カフェは吉田神社の奥、吉田山の上にあった。


cafe_yoshidayama_004.jpg

 圧倒的な存在感。そして、よ〜く見ると、

建物の土台は基壇(きだん)と言われる石垣に、鴟尾(しび)と言われる屋根飾り。

cafe_yoshidayama_005.jpg

(格の高い寺院によく使われる基壇(きだん))

cafe_yoshidayama_006.jpg

(飛鳥時代に使われていた屋根飾り)

さらには、清水寺と同じ懸造り(かけづくり)だ!

cafe_yoshidayama_007.jpg

(斜面に立つ建物を支える伝統工法)

 

客席のある2階へ上がると、床にも、天井に組まれている梁(はり)にも

ヒノキが使われ、美しい光沢を放っている。

cafe_yoshidayama_008.jpgcafe_yoshidayama_009.jpg

 

この建物は元々、お茶席のときに食事を楽しむ食堂棟で、

近くには8軒の茶室があったそうだ。

それらを建てたのが、カフェオーナーの谷川次郎さんの祖父、茂次郎さん。

孫の谷川さんは、残っていた2軒の茶室を修繕し、食堂棟をカフェにしたのだ。

cafe_yoshidayama_010.jpg

(カフェオーナーの谷川次郎さん)

 

茶の湯にゆかりのカフェということで、お抹茶をオーダーしました。


cafe_yoshidayama_011.jpg上品な甘さが口の中で広がる落雁(らくがん)をいただき、
そこにお抹茶のさわやか苦味がさらに広がり、ただ、ただ、うまい!

 

ラッキーなことに、たまたま来店されていた

藪内(やぶのうち)流のお茶の先生である小澤翠さんが茶室を案内してくれることに。

cafe_yoshidayama_012.jpgcafe_yoshidayama_013.jpg

 

そこには、雅な文化を具現化した小宇宙が・・・。

cafe_yoshidayama_014.jpg
天井には、曲がり木が絡み合い、床柱にはアカマツの虫食い丸太が

さりげなく使われている。


cafe_yoshidayama_015.jpg           cafe_yoshidayama_016.jpg

 
小澤さんは、吉田山の風雅な文化を今に伝えるこの茶室で
お茶の稽古(けいこ)や一般体験会を行っているそうだ。

 

カフェに戻って、ランチをいただいた。
このときの月替りメニューは地元の湯葉を使ったあんかけ丼と、筑前煮などだ。
cafe_yoshidayama_017.jpgまるでオムライスのような湯葉丼は、かつおだしが絶妙なふんわりとした食感。
そこに、つぶつぶのあられとショウガが、いいアクセントに。

僕の後ろのテーブルでは、
京舞のなかでも篠塚流のみなさんが、舞で使う扇子を選んでいた。
cafe_yoshidayama_018.jpg(家元の篠塚瑞穂さん(中央)・瑞桜さん(左)・梅晃さん(右))

 

ここで、急展開のサプライズが!

京舞を見たことがない僕のために、なんと、梅晃さんが舞ってくださったのだ。


cafe_yoshidayama_019.jpg

 

京都・吉田山には、茶室や京舞を今に復活させた、風雅を愛する心があった。


cafe_yoshidayama_020.jpg
また、寄らせてもらいまひょ!


cafe_yoshidayama_021.jpg

 

 

 

2017年04月05日 (水)

京都・西陣のふるカフェ

 

念願叶って、やって来ました。千年の都、京都!

cafe_nishijinn_001.jpg 

cafe_nishijinn_002.jpg

 いざ向かうは、築90年!国の登録有形文化財カフェ。

どんなカフェか分からないけど、有形文化財よ、かかってきなさい!

で、向かったのは市街地の喧騒から離れた西陣地区。

cafe_nishijinn_003.jpgここで聞こえるのは機織りの音。そう、西陣といえば西陣織だ! 

ジャン!ジャジャーン!
築90年、昭和初期に建てられた、これが国の登録有形文化財カフェだ!

cafe_nishijinn_004.jpg

エッ、ヘン、ここでちょっとご説明を。
張り出した玄関の屋根、これ、唐破風(からはふ)と言って、日本独自の屋根飾り。

cafe_nishijinn_005.jpg

優美な曲線といい、手の込んだ装飾といい、
ここは、一流の宮大工が作ったかつての高級旅館に違いない!

登録有形文化財とは、いかがなるものか、いざ参る!

店内は、表の雰囲気とはガラリと変わり、華やかなタイル壁が・・・。
確かこれは・・・マ・・・マ・・・そう、マジョリカタイル。

cafe_nishijinn_006.jpgcafe_nishijinn_007.jpgそして見上げると、すごい吹き抜けが・・・

cafe_nishijinn_008.jpg

でも、旅館の明りとりにしては大き過ぎる・・・ということは旅館じゃないのか?

このカフェの人気メニューは、フルーツ牛乳らしい。しかも、腰に手を当てて・・・。

cafe_nishijinn_009.jpgそうか!謎が解けた!

番号が書かれた板はロッカー、

吹き抜けは湯気を逃がすため、

そしてフルーツ牛乳とくれば、

cafe_nishijinn_010.jpgcafe_nishijinn_011.jpg

ここは、かつての銭湯だ!

平安時代にはすでに湯屋と呼ばれる銭湯があった京都。
戦後の最盛期には350軒もあったそうだ。
このカフェは平成11に廃業した銭湯を改装したのだ。
と教えてくれたのは、店長の尾崎友哉さん。

cafe_nishijinn_012.jpg

しかし、銭湯になくてはならない湯船が見当たらない。
と思ったら、床下に!

cafe_nishijinn_013.jpg

この小さくて丸い湯船は、「おまる」と呼ばれていたそうだ。
かつては、この「おまる」をはじめ3つの湯船があったとか。

 

そして偶然にも隣の席に西陣織の職人さんたちが何やら打ち合わせを・・・。

話しかけてみると、この店のランチョンマットも作っているとのこと。

cafe_nishijinn_015.jpg

(岡本祝郎さん(左)・中島一治さん(右))

cafe_nishijinn_016.jpg

(湯浅孝重さん)

岡本さんが染料を配合して染める。

それを湯浅さんが糸の本数や長さをそろえて、中島さんの工場で織っているそうだ。

職人さんたちにとって大切なのはコミュニケーション。

かつては、銭湯でお互いの悩みを聞いたり、

仕事の相談をしたり・・・見事な西陣織は裸の付き合いから生まれていたのだ。

cafe_nishijinn_017.jpg

西陣織の街を支えていた銭湯。その姿がカフェに変わっても、

cafe_nishijinn_018.jpg

そこでは、この街の魅力を紡ぐ人たちの絆がしっかりと結ばれていた。