ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

2017年08月23日 (水)

神奈川・茅ヶ崎のふるカフェ

 

ここは、神奈川県茅ヶ崎市。降り立ったのは、香川駅。

そばに海はないが、たくさんの畑がある。

cafe_chigasaki001.jpg

目の前に水着ギャルはいないが、

羽根付きの自転車に乗ったおじさんはいる。

cafe_chigasaki002.jpg

 

今回、僕が目指す、太陽のようなカフェは、この石畳の先にある。

 

cafe_chigasaki003.jpg

 

爽やかな香りがする、さわら材を使った外観。だけど、どう見ても新しい。

ここ、本当に古民家カフェ?

cafe_chigasaki004.jpgすごい!

広々とした空間に、たくさんの柱と梁(はり)が網の目のように組み合わさっている。

cafe_chigasaki005_1.jpg

これは、「相欠(あいが)き継ぎ」だ!

しかも梁が3段も組まれているじゃないか!

cafe_chigasaki006.jpg

2階席は1回以上に広々とした落ち着いた空間が広がっていた。

cafe_chigasaki007.jpg

なんと、梁が目線と同じ高さにある。

しかも、曲木(まがりぎ)ではないか!

cafe_chigasaki008.jpg

この建物は青森にあった築200年の元農家さんの古民家を移築したものだった。

「ここは老舗の蔵元で、昔からあった建物や移築した古民家などを使って、

今はいろいろなお店をやっています」とホールチーフの水島さん。

 cafe_chigasaki009.jpg

(ホールチーフの水島 功さん)

 

この店の歴史が詰まったカレーと、地元の有機野菜を使ったサラダセット。

cafe_chigasaki010.jpg サラダに入っていた生のオクラは、

歯ごたえも粘りっ気もあって、おいしー!

cafe_chigasaki011.jpg

このカレー、スパイスの中に独特の苦味があっておいしいのは、

廃業寸前になった造り酒屋を救った地ビールが入っているからだ。

cafe_chigasaki012.jpg

地元が誇る創業145年の造り酒屋を守るために

6代目を継いだ熊澤さんは、

地元・茅ヶ崎が誇れる地ビールを開発したのだった。

cafe_chigasaki013.jpg

(6代目蔵元の熊澤茂吉さん)

 

熊澤さんは、地ビール開発後、歴史ある酒蔵と地元を結びつけようと

飲食店を作ることを計画。

cafe_chigasaki014.jpg

茅ヶ崎は自分がやりたいことを表現すると、

いろいろな人たちが協力してくれるそうだ。

「太陽のように光を放つと、そこからいろいろなものがつながっていく。

まさにこのカフェが、そうだよね」と常連客の谷さん。

cafe_chigasaki015.jpg

(自転車製作職人の谷 信雪さん)

 

あれ、この顔は?と思った人は、

さすがです!羽根付きの自転車に乗っていたおじさんです。

谷さんは茅ヶ崎でオリジナル自転車を作っている職人さん。

 

太陽のように光を放つ人たちは、まだいた。

ギタリストの露木さんと、ボサノバ歌手のMIDORiさんだ。

cafe_chigasaki016.jpg

(ギタリストの露木達也さん・ボサノバ歌手のMIDORiさん)

 

MIDORiさんは、昨年45歳でデビューしたとき、

このカフェで初ライブをやったそうだ。

 

ここ茅ヶ崎には、昔から個性を尊重する文化や土壌があった。

それが、茅ヶ崎の人たちのチャレンジ精神を育ててきたのだろう。

cafe_chigasaki017.jpg

やっぱ茅ヶ崎、かっちょいー!