ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

2017年05月31日 (水)

東京・浅草のふるカフェ

 

今回の舞台は、活気と下町人情にあふれる東京は浅草

fulucafe_asakusa_001.jpg

今では世界中から、この江戸情緒を感じに大勢の人たちがやって来る。

fulucafe_asakusa_002.jpgfulucafe_asakusa_003.jpg

 

目指すは、奥浅草の“ひっこみじあん”なカフェ。

“ひっこみじあん”っていうのがちょっと気になるが、

まあ、行ってみますか!

と、思ったら突然の雨。でも、ここは下町人情あふれる浅草。

親切なおばさまが傘を貸してくれた上に、道まで教えてくれた。

fulucafe_asakusa_004.jpg

 

 

 

あった!

うん?建物が奥まったところにあるから、“ひっこみじあん”ってことか?

fulucafe_asakusa_005.jpg

木造モルタル一軒家。飾り気のない外観も“ひっこみじあん”?

fulucafe_asakusa_006.jpg

 

店内の中央には渡り廊下。その両側は、かつて部屋だったはずだ。

fulucafe_asakusa_007.jpg

頭上には、昔はあった2階の床板をはがした開放的な吹き抜けが。

fulucafe_asakusa_008.jpg 思っていた雰囲気とちょっと違うぞ。お店の人は黙々と働いているし、

お客さんも自分たちの世界に閉じこもっているって感じ。

どこに行ったんだ?浅草の陽気な下町人情は!

fulucafe_asakusa_009.jpg

2階も1階と同じ造りで、真ん中に渡り廊下があって、

その両側に部屋があった形跡が・・・。

fulucafe_asakusa_010.jpg

廊下の突き当たりには洗面所。そしてその右にはかつてトイレだった場所が・・・。

fulucafe_asakusa_011.jpg

間違いない!ここは、戦後すぐに建てられた共同住宅、アパートだったんだ!

 

建物の謎を解明したところで、注文した甘酒と黒豆を堪能。

fulucafe_asakusa_012.jpgfulucafe_asakusa_013.jpg

黒豆の上にのっているクリームには甘酒が入っているそうだ。

さっぱりしてて、あとをひく味。器のおちょこも、かわいい!

 

黒豆のやさしい甘さにメロメロになっていたら、

この建物の大家さんが、伯父さんとお兄さんを連れてやって来た。

fulucafe_asakusa_014.jpg(大家の松村七雄さん(右) 兄の松村輝彦さん(中央) 伯父の川村仁さん(左))

 

そして、なんと、伯父さんの川村さんは、かつてこの共同住宅の住人だったのだ!

fulucafe_asakusa_015.jpg

薄い板1枚の壁だったので、当時は隣の部屋の話し声まで聞こえたそうだ。

でも、お互いにそれを聞こえないふりをした。

そう、聞こえても、聞こえないふり・・・。

fulucafe_asakusa_016.jpg

相手をおもんばかる“ひっこみじあん”も立派な人情だったのだ!

 

店主の室伏将成さんと妻の志保さんは、かつて共同住宅だったこの建物を、

ほぼ手作業で1年かけて改修。2015年にこのカフェをオープンさせた。

fulucafe_asakusa_017.jpg

「僕はお客さんに長居してほしいと思っている。

そして、今日はじっくり自分と向き合おうっていうお客さんがいると、

お店にもいい空気が流れるんですよ」と将成さん。

水がセルフサービスなのも、お客さんのペースで時間を過ごしてほしいから。

最初、そっけないカフェだなと思っていた自分を殴ってやりたい気分だ。

 

閉店後、お客さんとして来ていた俳優の奥居元雅さんも交えて映画の上映会になった。

このノリは、やっぱり下町。

fulucafe_asakusa_018.jpg

見えないところでお互いを思いやる浅草の人たち。

本当の人情って、さらっとしていて、ほんのり甘いものなのかもしれないな。

 

 

 

 

 

 

 

こぼれ話

石で、かなりボコボコしたコンクリートが出てきたね。これは砂利ではなく大きめの小石を粗骨材として使っているため、
コンクリートがまわりきらなくて、ああいうことになってるみたい。この風合いを、おしゃれとして意図的に作っちゃうこともあるって知ってるかな?一方で、きれいな砂利や骨材を使ったコンクリートでは、これをうまくつかって、コンクリートの表情にも変化をつけるんだ。
それが「洗い出し仕上げ」というもの。コンクリートが表面まで完全に固まってしまう前に、表面をブラシで洗ったり、水を強い勢いでふきつけたりして、骨材を露出させる表現だ。コンクリート打ちっぱなしにはない「表情」が与えられる。俳優で言えば、性格派俳優みたいな感じ?またコンクリートの打ちっぱなしは白っぽい色になるけど、洗い出しは少し落ち着いた暗い色になるというのもある。俳優で言えば、いぶし銀って感じ?さらにこれを応用して、洗い出し用に表面に砂利とセメントを混ぜたものを塗りつけた上で洗い出すこともする。ガラスやビー玉、あるいは色石、貝殻などを入れると、装飾的で洋風な雰囲気にすることもできるよ。