ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

2017年04月26日 (水)

東京・中野のふるカフェ

やって来たのは、東京・中野
ちょっと高い建物に上ると、もうすぐそこに新宿副都心が見渡せる。
だって、新宿から電車でたった4分ですから。

 

cafe_nakano_001.jpg

しかし、こんなにぎやかな場所に、
築およそ70年!二軒長屋を改築したカフェなんて・・・

cafe_nakano_002.jpg

 

ありました!

二軒分の長いスペースをうまく利用して、

cafe_nakano_003.jpg

 

いい感じのテラスになっている。
出迎えてくれたのは、店主の嘉山隆司さん。

cafe_nakano_004.jpg

 

店内は、二軒を仕切る壁が取っ払われて1つの空間に。

cafe_nakano_005.jpg

長屋にもともとあった障子は、なんと天井に!

cafe_nakano_006.jpg

老朽化を逆手にとったアイデアがいっぱいだ。

そして、ラッキーなことに、長屋を改築した中西さんを
店主の嘉山さんが紹介してくれた。

cafe_nakano_007.jpg(中西道也さん)

cafe_nakano_008.jpg

空き家だった二軒の長屋を2010年に中西さんがカフェに改築したのだ。

「古い建物の古さを残すのは、自然を残すのと似ているところがある」

と中西さん。名言だな。

 

オススメのカレーは店主の嘉山さんが半日かけて作ったもの。
スパイシーだけど玉ねぎのほのかな甘みもあって絶妙なおいしさだ!

cafe_nakano_009.jpg

      

テラスで何かを眺めている人がいたので、話しかけてみると、

「見ているのではなく、感じている」と意味不明な答えが・・・。

cafe_nakano_010.jpg

 (高山英男さん)

よくよく話を聞いてみると、カフェの前の通りは暗渠(あんきょ)で、
通りの下には桃園川という用水路が流れているとのこと。その流れを感じていたのだ!
ちなみに暗渠とは、上からフタをして覆い隠された川や水路のこと。

 

cafe_nakano_011.jpg

だから、通りがクネクネしていたのだ!
そして僕が入ってきた入り口は、かつて川沿いの縁側だったところだった。

もう1つ、忘れられない出会いがあった。
それは、児童文学者の森ひさしさん、御年99歳!
戦後から中野に住む、このカフェの常連客だ。

cafe_nakano_012.jpg

森さんからは、戦後の中野がどんなところだったのか?
貴重な話をたくさん聞かせてもらえました。

店主の嘉山さんと妻・明美さんには、もう1つの顔が・・・。
区役所でケースワーカーとして実績を積んだ嘉山さんは
今でもお客さんの様々な相談に乗っているそうだ。
そして、明美さんは・・・

cafe_nakano_013.jpg(沖縄芸術大学研究員の肩書きを持つ明美さん(中央))

琉球音楽の専門家なのだ。
この日は、お仲間と沖縄の歌と踊りを披露してくれました!


ユニークで人情あふれる人たちが集い、絆を深める場所。
ひょっとすると、昔の長屋もこんな感じだったのかも。

cafe_nakano_015.jpg

こぼれ話

「長屋」って、そもそも何か?
「隣の住戸と壁を共有して、数戸が連なって一棟を構成するもの」というのが答え。
各戸が前の道路に対して独立した玄関をもっているのも特徴だ。
壁が薄く、トイレや台所といった水回りも共用が多かった。その台所も手狭で、近くに食堂など飲食店が増えたり。風呂場はもちろんついていないので、銭湯が地元のコミュニティーのようになったり。つまり、生活を他人と共にすることになる。このあたりから、共に助け合う「人情長屋」みたいな気風が生まれやすかったんじゃないかなと思う。でもその一方で、床の間や長押がついている例も多かった。狭い貸家でも、これがないとやっぱり家っぽくないよな~という日本人独特のこだわりがかいま見える。
長屋から発展して、大阪では1950年代あたりから「文化住宅」という木造アパートが造られた。地方からの出稼ぎで都会にでてきた人たちの受け皿になっていく。ここではトイレやキッチンは独立して設けられ、そのことが「文化的」だったんだというわけ。
ちなみに・・・東京で文化住宅というと少し意味が違う。関東大震災以降にできた、椅子式など洋風の生活をとりいれた、和洋折衷の住まい。中流階級の上のほうのサラリーマンが住んだ。20世紀の前半には「文化」というのは「近代」や「西洋」というニュアンスをもった言葉だったことがわかるね。

参考文献:『建築大辞典』彰国社、1993
『いきている長屋 大阪市大モデルの構築』谷直樹・竹原義二編、大阪公立大学共同出版会、2013