ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

2017年8月

いきなりですが、これ、今から220年前に作られた三連水車。

動く水車としては日本最古なのだ!

cafe_asakura001.jpg

今回は、「上がれない2階」、「入れない客間」がある

挑戦的なカフェがあるというので、福岡県朝倉地区にやって来た。

cafe_asakura002.jpg

 

そして、僕が訪れたのは、あの豪雨被害の一週間前だった。

 

この荘厳な建物が、今回のふるカフェだ。

切り妻屋根と寄せ棟屋根を合わせた入り母屋造り。

門構えも、武家屋敷のようだ。

cafe_asakura003.jpg

店内には、広い雄勝石(おがついし)の土間があり、

その奥には小上がりがあった。

cafe_asakura004.jpg

回廊をめぐらした吹き抜け。

その中央には、味わい深い大正ガラスで作られた照明が。

cafe_asakura005.jpg

だが、見つからない。2階の回廊へ行く階段が見つからない!!

と思ったら、この引き戸の奥に階段は隠されていた。

まさに、「上がれない2階」だ!

cafe_asakura006.jpg

やっと2階に上がり最初に入ったお部屋は通し間。

この奥に特別な人しか入れない本間がある。

「入れない客間」とは、このことだったのだ。

cafe_asakura007.jpg

そして、こちらが本間。

床の間の左には、琵琶やお琴のような楽器を置く琵琶床まである。

cafe_asakura008.jpg

僕を2階へ、そして本間へと案内してくれたのは、

全国古民家再生協会福岡支部、理事長の川口さんと、

店主の滝田さんだ。

cafe_asakura009.jpg

(川口智廣さん(左)・滝田英徳さん(右))

 

この建物は明治40年に、造り酒屋がお得意さんを

歓待するために建てたものだそうだ。

隠し階段や本間は、お得意さんに特別意識を

持ってもらうための仕掛けだったのだ。

そして、この貴重な古民家を多くの人に見てもらいたいと、

滝田さんは2011年にこのカフェをオープンした。

 

存分に古民家を堪能したあとは、

濃厚なチーズケーキとハーブティーを堪能しちゃいます。

cafe_asakura010.jpg

ふんわりやわらかで、濃厚な味わいが口の中でとろけちゃいまーす!

cafe_asakura011.jpg

ハーブティーには、特別に自家製のハチミツを入れさせてもらった。

滝田さんご一家は、裏庭で日本蜜蜂の養蜂をやられていた。

cafe_asakura012.jpg

ご主人が定年退職されたあと、

日本蜜蜂の養蜂がやりたくてここに移住して来たそうだ。

山の蜂と言われる日本蜜蜂の養蜂は、

里山を守ることにもつながるのだと教えてくれたのは滝田さんの妻、洋子さんだ。

cafe_asakura013.jpg (店主の妻 滝田洋子さん)

 

また、店内には和ろうそくが置いてあった。

この原材料は、ハゼの実だ。

cafe_asakura014.jpg

ここ朝倉地区はハゼの木の一大繁殖地だったが、

多くが伐採され今では最盛期の100分の1に減少したそうだ。

cafe_asakura015.jpg

(常連客の矢野眞由美さん)

 

常連客の矢野さんは、ハゼの木を復活させようと、

和ろうそく作りの教室を開くなどしてハゼの魅力を伝えている。

cafe_asakura016.jpg

「ハゼの木は秋になると紅葉し、夕日に映えて田んぼ一面を真っ赤に染め、

それは、それは美しかった」。そう語る多田さんの家は、

江戸末期から明治にかけてハゼの実を採って櫨(はぜ)ろうを作っていたそうだ。

cafe_asakura017.jpg(常連客の多田安子さん)

 

失われつつあるこの地の原風景を再び取り戻すための挑戦を、

みなさんが続けている。

cafe_asakura018.jpg

このカフェで、自分たちが暮らす朝倉地区のために挑戦をしている人たちと出会い、

僕は元気をもらったし、応援したくなった。

cafe_asakura019.jpg

僕のブログを通して、ここ朝倉地区の魅力が一人でも多くの人に伝わればうれしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2017年08月23日 (水)

神奈川・茅ヶ崎のふるカフェ

 

ここは、神奈川県茅ヶ崎市。降り立ったのは、香川駅。

そばに海はないが、たくさんの畑がある。

cafe_chigasaki001.jpg

目の前に水着ギャルはいないが、

羽根付きの自転車に乗ったおじさんはいる。

cafe_chigasaki002.jpg

 

今回、僕が目指す、太陽のようなカフェは、この石畳の先にある。

 

cafe_chigasaki003.jpg

 

爽やかな香りがする、さわら材を使った外観。だけど、どう見ても新しい。

ここ、本当に古民家カフェ?

cafe_chigasaki004.jpgすごい!

広々とした空間に、たくさんの柱と梁(はり)が網の目のように組み合わさっている。

cafe_chigasaki005_1.jpg

これは、「相欠(あいが)き継ぎ」だ!

しかも梁が3段も組まれているじゃないか!

cafe_chigasaki006.jpg

2階席は1回以上に広々とした落ち着いた空間が広がっていた。

cafe_chigasaki007.jpg

なんと、梁が目線と同じ高さにある。

しかも、曲木(まがりぎ)ではないか!

cafe_chigasaki008.jpg

この建物は青森にあった築200年の元農家さんの古民家を移築したものだった。

「ここは老舗の蔵元で、昔からあった建物や移築した古民家などを使って、

今はいろいろなお店をやっています」とホールチーフの水島さん。

 cafe_chigasaki009.jpg

(ホールチーフの水島 功さん)

 

この店の歴史が詰まったカレーと、地元の有機野菜を使ったサラダセット。

cafe_chigasaki010.jpg サラダに入っていた生のオクラは、

歯ごたえも粘りっ気もあって、おいしー!

cafe_chigasaki011.jpg

このカレー、スパイスの中に独特の苦味があっておいしいのは、

廃業寸前になった造り酒屋を救った地ビールが入っているからだ。

cafe_chigasaki012.jpg

地元が誇る創業145年の造り酒屋を守るために

6代目を継いだ熊澤さんは、

地元・茅ヶ崎が誇れる地ビールを開発したのだった。

cafe_chigasaki013.jpg

(6代目蔵元の熊澤茂吉さん)

 

熊澤さんは、地ビール開発後、歴史ある酒蔵と地元を結びつけようと

飲食店を作ることを計画。

cafe_chigasaki014.jpg

茅ヶ崎は自分がやりたいことを表現すると、

いろいろな人たちが協力してくれるそうだ。

「太陽のように光を放つと、そこからいろいろなものがつながっていく。

まさにこのカフェが、そうだよね」と常連客の谷さん。

cafe_chigasaki015.jpg

(自転車製作職人の谷 信雪さん)

 

あれ、この顔は?と思った人は、

さすがです!羽根付きの自転車に乗っていたおじさんです。

谷さんは茅ヶ崎でオリジナル自転車を作っている職人さん。

 

太陽のように光を放つ人たちは、まだいた。

ギタリストの露木さんと、ボサノバ歌手のMIDORiさんだ。

cafe_chigasaki016.jpg

(ギタリストの露木達也さん・ボサノバ歌手のMIDORiさん)

 

MIDORiさんは、昨年45歳でデビューしたとき、

このカフェで初ライブをやったそうだ。

 

ここ茅ヶ崎には、昔から個性を尊重する文化や土壌があった。

それが、茅ヶ崎の人たちのチャレンジ精神を育ててきたのだろう。

cafe_chigasaki017.jpg

やっぱ茅ヶ崎、かっちょいー!

 

 

 

 

2017年08月16日 (水)

栃木・益子のふるカフェ

栃木県益子町へ。

益子町といえば益子焼!この町に築90年のカフェがあると聞いて、早速訪ねた。

まずは…やはり益子に来たら益子焼を見たい。

ということで、大勢の観光客を集める陶器市が開かれる通りへ。

いろんな益子焼をみていたら、「いろんな」どころではない、

バラエティー豊かな形があることに気づいた。

masiko001.png

さらに、街角の若者たちが謎の言葉を口にしていることにも気づいた。

ハマショーさんのおかげ」??なんだろう…?

そんなことを考えつつ、目指すカフェへ。

んん?ひさしが、異常なほどに長い!

masiko002.png

中に入ってみると、1階には不思議な十文字のはりがあり、

2階にはコの型の廊下のようなスペースが・・・? 

聞いてみたら、実はここ、もともと大正時代にたばこ農家が

乾燥用につかっていた納屋だったとのこと。

さらに、「ハマショーさん」の謎も。

常連たちの話から、たばこ栽培が停滞しはじめた頃、街を新たな名物で救った、

「益子焼の父」濱田庄司さんのことだとわかった。

ふるカフェは、建物が歴史あるだけではない。

町が生きてきた歴史も、建物に刻まれているんだね。

 

 

 

 

2017年08月09日 (水)

茨城・大子町のふるカフェ

茨城県の北端、久慈郡大子町

そしてここは、日本三名瀑(めいばく)の一つとも言われる、袋田の滝。

fulucafe_daigo_001.jpg

この滝を見たくて、見たくてやって来た、わけじゃなくて呼ばれちゃったんです。

じつは、大子町にはコミュニティFMがあり、そこで僕のことが紹介されたそうで、

fulucafe_daigo_002.jpg

(大子町コミュニティFM DJの玉守ヒロトさん)

 

それを聞いたある女性から「ハルさーーーん♡うちの町にも来て、来て!」という

メールが届きました。呼ばれたら、なるべく行く!それが真田ハルです!

 

今回おじゃましたのは、築100年・大子町で1・2を争う商家カフェ。

fulucafe_daigo_003.jpg

ちなみに、ここで、メールをくれた女性と待ち合わせしています。

店内は開放感のある気持ちいい空間が広がっていた。

fulucafe_daigo_004.jpg

 このカフェで、古民家好きの僕がまず気になったのは天井だ。

和室によく用いられる「竿縁(さおぶち)天井」、

fulucafe_daigo_005.jpg

工場(こうば)や商店などに使われる「根太天井」、

fulucafe_daigo_006.jpg

そして土間などによくある「野地板現(のじいたあらわ)し」だ。

fulucafe_daigo_007.jpg

ということは、ここは住居兼店舗だったのか・・・

と推理を働かせていると

店主の笠井さんが声をかけてくれた。

ここは、大正5年に建てられた呉服屋だったそうだ。

fulucafe_daigo_008.jpg

(店主の笠井 英雄さん)

 

およそ30年空き家だったのを、笠井さんが1年をかけて

ほぼ1人で改修し、2013年にこのカフェをオープンさせた。

 

ちなみにこのカウンターは、上がり框(かまち)を再利用したものだ。

fulucafe_daigo_009.jpg

(上がり框とは、玄関などの上り口に取り付ける横木のことです)

 そして、この女性が僕にメールをくれた野内さん。

fulucafe_daigo_010.jpg

(常連客の野内 菜々さん)

 

おしとやかな女性という印象だが、野内さんは4年前から

無農薬栽培で野菜を作っている「農ギャル」だった。

fulucafe_daigo_011.jpg

りんごが大好きな僕が注文したのは、りんごのスイーツとアップルティー。

fulucafe_daigo_012.jpg

スイートポテトの中にりんごが入っているんです。

しっとりとしたスイートポテトと、

シャリっとしたりんごの歯ごたえと爽やかな酸味が

たまりませーーーん。

 

店主の笠井さんと、100年続く陶器屋さんの跡取りである小﨑さんは、

大子町の町おこしのために、様々なイベントを企画しているそうだ。

fulucafe_daigo_013.jpg

(笠井さんと町の活性化に取り組んでいる小﨑武広さん)

 

そしてもう1人。占い師の吉原さん。

なんと占いで、町おこしに貢献しているそうだ。

fulucafe_daigo_014.jpg

(町おこしに協力したいと東京から移り住んで来た吉原 和伸さん)

 

そんな話を聞いていたら、

とれたてのわさびを生産農家の戸邊さんが持って来てくれた。

ラッキーなことに、わさび丼、ごちそうになっちゃいました!

fulucafe_daigo_015.jpg新鮮なわさびが手に入ったときだけしか食べられないのだ

 

香りもいいし、アボガドと玄米との相性も抜群でした。

fulucafe_daigo_016.jpg

おいしいものは、それだけで人を幸せにしてくれる。

fulucafe_daigo_017.jpg

 僕を大子町に呼んでくれた野内さん、本当にありがとう!

 

 

 

 

2017年08月02日 (水)

福岡・八女のふるカフェ

 

今回は、福岡県八女市にやって来ました。

白壁の古民家が軒を連ねる町並みは、うっとりするくらい美しい。

cafe_yame_001.jpgcafe_yame_002.jpg

八女は、静岡や京都と並ぶお茶の名産地。

きっと、おいしいお茶が僕を持っているはずだ!

ここが、「芸があるカフェ」!

cafe_yame_003.jpg

屋根の形は、昭和初期に役場などによく使われていた半切り妻屋根、

でも外壁は学校の校舎によくある下見板張りだ。

cafe_yame_004.jpgcafe_yame_005.jpg

鬼瓦には「福券」と書いてある。

cafe_yame_006.jpg

一体ここは、元々何だったんだろう?

「芸があるカフェ」の「芸」って何のことだ?

 店内は、ゆとりのある開放的な空間。

庭も見えて、超気持ちいぃぃぃ!

cafe_yame_007.jpgcafe_yame_008.jpg

床の間もあるし、古典的な日本家屋だと思うけど・・・

「芸」はどこに?

cafe_yame_009.jpg

 その答えは、2階にあった!それが下の写真だ。

cafe_yame_010.jpg

このステージは、昔、芸妓さんたちが稽古(けいこ)していた場所。

ここは芸妓さんたちの取り次ぎをする「券番」と言われた事務所で、

「芸」は芸妓さんたちの「芸」だったのだ。

cafe_yame_011.jpg

(オーナーの矢部 秀成さん)

 

ちなみに、屋根の鬼瓦に書いてあった「福券」は、

福島町(当時)にある「券番」という意味とのこと。

cafe_yame_012.jpg

(この界隈(かいわい)の歴史に詳しい松鵜 右さん)

 

男がパフェを注文するのは恥ずかしいことなのか?

いやいや、男だって甘いものが好きだ!抹茶パフェが大好きだ!

cafe_yame_013.jpg

八女茶を使った抹茶パフェには、紅茶のゼリーも。これも、清涼感があって絶品!

cafe_yame_014.jpg

 

昔、八女でも紅茶が作られていたが海外の安い紅茶が押し寄せてきて衰退。

それを復活させたのが、老舗製茶問屋の当主である許斐さんだ。

cafe_yame_015.jpg

(舗製茶問屋の6代目、許斐健一さん)

 

「昔の人の紅茶の忘れ形見というのがあって、

それを後世に残したいと思ったんです」と許斐さん。

cafe_yame_016.jpg

(許斐さんの家は150年前に建てられた、九州で最も古いお茶や問屋)

 

八女のお茶には、人々の熱い思いが受け継がれている。

そして、八女のお茶は、猫が運んでいる???

cafe_yame_017.jpg

 

これ、からくり人形アーティストの森音さんの作品。

古い文化が当たり前のように息づいている八女の魅力にひかれて

6年前に京都から移住して来たそうだ。

cafe_yame_018.jpg

 

オーナーの矢部さんご夫婦も柳川市から移住組。

8年前にこのカフェをオープンさせた。

cafe_yame_019.jpg

(オーナーの矢部さんと妻の千恵さん)

 

移住して来て、誰も知り合いがいなかった矢部さんご夫婦に

力を貸してくれたのが、八女の町並み保存活動に取り組んでいる

北島さんと中島さんだ。

cafe_yame_020.jpg

(北島力さん(左)・中島孝行さん(右))

 

「古民家はこの町の文化であり、歴史。だからしっかり残したい。

ホンモノは1度壊すともう2度と作ることができないから」と中島さん。

 

「芸」に対する心意気。「お茶」に対する熱い思い。「日本文化」への尊敬の念。

そして、先人たちが残してきたホンモノと、このカフェで出会えた。

cafe_yame_021.jpg

「八女にまた、おいで!」と言われている気がした。