ふるカフェ系 ハルさんの休日

古民家や古建築のカフェを紹介するブログです。

本放送:毎週水曜 午後11時00分~ NHK Eテレ

再放送:毎週日曜 午後6時30分~ NHK Eテレ

にて放送中。ドラマも合わせてお楽しみください!

2017年7月

2017年07月26日 (水)

宮城・富谷のふるカフェ

 

伊達政宗公に、会いに来ました!そう、ここは宮城県仙台市

cafe_tomiya_001.jpg

仙台市内からバスに揺られて奥州街道を北へ約20キロ。

到着したのは、富谷市。

cafe_tomiya_002.jpg

ここは、政宗公の命によって誕生したかつての宿場町だ。

もしかすると、政宗公もここを通っていたりして・・・。

cafe_tomiya_003.jpg

cafe_tomiya_004.jpg

お目当てのカフェは、平屋と2階建てが組み合わさった木造建築だった。

cafe_tomiya_005.jpg

 

玄関が建物から張り出していて、まるで門のようだ。

cafe_tomiya_006.jpg

cafe_tomiya_007.jpg

扇型の窓も凝っているし、裏の壁は僕が大好きな鎧(よろい)張りだ。 

cafe_tomiya_008.jpg

店内に入ると、やさしい日の光が差し込む縁側が・・・

cafe_tomiya_009.jpg

その先に広がっていたのは二間続きの広間。

のんびりと落ち着けそうな雰囲気だ。

 cafe_tomiya_010.jpg

cafe_tomiya_011.jpg

壁抜きの欄間(らんま)は高級感があるし、

床の間の天袋は、ふすまの縁を丸く加工した

「隅丸(すみまる)」ではないか。

cafe_tomiya_012.jpg

cafe_tomiya_013.jpg

こちらの欄間も凝っている。

三国志の蜀から伝わる蜀江(しょっこう)という格調高い文様だ。

壁に映る影までが繊細で美しい。

 

ここは、大正末期に建てられた元裁縫学校。

ここで裁縫を教えていたのは、富谷の女傑と言われた菅野つるさん。

cafe_tomiya_014.jpg

店主の梅津さんによれば、つるさんは手に職をつけることで

女性たちの自立を支援。「自分の道は自分で切りひらく」

というチャレンジ精神の持ち主だったそうだ。

 

今回、僕が注文したのは、富谷の特産品であるブルーベリーを使ったマフィン。

cafe_tomiya_015.jpg

ブルーベリーの酸味とクリームの程よい甘みにうっとりしていると、

何やら隣のテーブルから熱い視線が・・・。

cafe_tomiya_016.jpg

(ブルーベリー農家の佐藤一夫さんと息子の剛さん)

 

ブルーベリー農家の佐藤さん親子だった。

今では、ブルーベリーは富谷の特産品だが、約30年前に佐藤さんたちが

無農薬栽培にチャレンジしたのがはじまりだったそうだ。

 

店主の梅津さんがこの建物に出会ったのは40歳のころ。

そこで、地元の人たちに喜ばれるカフェをオープンさせようと決意。

cafe_tomiya_017.jpg

(店主の梅津英紀さん(中央)・父の慶一さん(左)・母の光子さん(右))

 

当初は、安定した職についてほしいとお父さんは猛反対。

でも今は、自分の畑で採れた野菜を持って来てくれるなど応援してくれているそうだ。

 

農家の集まりである「おんないん会」の会長さんである小松さんは、

地元の野菜をもっと知ってもらおうと朝市に挑戦するなど、さまざまな活動を。

cafe_tomiya_018.jpg

(「おんないん会」会長の小松明巳さん)

 

ちなみに「おんないん」とは、「寄ってらっしゃい」という意味だ。

 

富谷で誰もやったことのないことをやろうと、

はちみつ作りに挑戦しているみなさんもいた。

今は自分たちだけで天然のはちみつを作っているとのこと。

cafe_tomiya_019.jpg

((左から)及川和子さん・福井公美子さん・村上幸枝さん)

 

元裁縫学校のカフェ。この建物にも、ここに集まる人たちにも、

菅野つるさんの「自分の道は自分で切りひらく」という精神が息づいている。

cafe_tomiya_020.jpg

なんか、皆さんに会えてたくさんの刺激を受けちゃったなあ。

よっしゃ、僕も「ふるカフェ」の道をもっと切り開いていくぜ!

 

 

 

 

 

2017年07月19日 (水)

埼玉・川口のふるカフェ

埼玉県川口市へ。

なにやら「広大な敷地を生かしたいっぷう変わったカフェ」があるとのこと。むむ。

訪ねてみたらそこは、築50年の民家。

よく見たら、今では珍しくなった鉄骨のベランダがあったりや、

さまざまな時代の建具を巧妙にはめこんでいたりと、味わい深い。

kawaguchi_cafe.png

実はここは、もともと植木屋さんの一家が住み慣れた家。

広い敷地には自動車修理工場やコーヒー豆店が建ち並ぶ不思議な空間が。

そこからは、明暦の大火後、植木の出荷地として隆盛を極め、

今また往年の技術を後生に残そうと努力を続ける

川口400年の物語が浮かび上がってきた。

隠れた地元の名産・ハマボウフウも!

kawaguchi_cafeyasai.png

 

 

 

2017年07月12日 (水)

千葉・流山のふるカフェ

森の精霊たち!?の秘密基地カフェ」って何だそれ?

と思いながらやって来たのは、千葉県流山市にある運河駅。

cafe_nagareyama000.jpg

 ここに来てまず出会ったのは、運河と、老舗の酒蔵と、

 

cafe_nagareyama001.jpgcafe_nagareyama002.jpg

 

なぜかヤギ!

cafe_nagareyama003.jpg

おっ、何だか精霊がいそうな森ではないか。

cafe_nagareyama004.jpg

人間界と精霊界の境界線が、このゲートなのか?

cafe_nagareyama005.jpg

 そして、森の奥で見つけたのが、このカフェだ。

cafe_nagareyama006.jpg

 

うーん、何だか西洋のおとぎ話に出てきそうな雰囲気。

すべり台や三輪車が草花の中にさりげなく置かれていて、

精霊たちの秘密基地っていうのが分かる気がする。

cafe_nagareyama007.jpg

cafe_nagareyama008.jpg

 

 店内は、シックな色でまとめられていた。

店員さんたちは、みんな白の衣装でちょっと精霊チックかも(笑)。

cafe_nagareyama009.jpg

cafe_nagareyama010.jpg

鉄の階段を上がった先には、白壁に板張りの床。壁は、あえての「塗り残し」だ! 

cafe_nagareyama011.jpg

 はしごのオブジェや、水が入った丸いガラス。

何だかアーティスティックなものばかりだ。

cafe_nagareyama012.jpg

cafe_nagareyama013.jpg

上を見上げれば、天井をはがして梁(はり)の上に明かり取り窓が・・・。

cafe_nagareyama014.jpg

わざわざサビた鉄を使ったベランダには、あえて鉢植えを使わずに

自然にはえているようなガーデニング。

うん、どこもかしこもこだわっている。

cafe_nagareyama015.jpg

このカフェは、オーナーの川鍋さんとその仲間たちが作ったものだった。

cafe_nagareyama016.jpg

((左から)オーナーの川鍋正人さん・木工職人の古川 斉さん・木工職人の宇井 孝さん)

 

川鍋さんの本業は庭師。自分の理想とする庭造りをしたいと考えていたとき、

利根運河のそばにあるこの広い庭付きの空き家を見つけたそうだ。

cafe_nagareyama017.jpg

((左から)鉄工職人の伊香賀大祐さん・大工の星野春樹さん) 

 

信頼できる職人たちを巻き込んで大幅な改築。

そして完成させたのが、遊び心いっぱいの秘密基地のようなカフェというわけだ。

 

オーダーしたのは、ランチのセット。

アツアツの土鍋には新鮮な野菜がたっぷり。

cafe_nagareyama018.jpg

cafe_nagareyama019.jpg

シェフの仙洞田(せんどうた)さんによると、 

cafe_nagareyama020.jpg

(シェフの仙洞田恵子さん)

 

それらは地元で有機野菜を作っている吉田さんの野菜だそうだ。

cafe_nagareyama021.jpg

(農家の吉田 篤さんと相棒のヤギ)

 

 

これは、こぼれ梅のマフィン。

cafe_nagareyama022.jpg

「こぼれ梅」と言っても梅が入っているわけではありません。

「こぼれ梅」とは、みりんの搾(しぼ)りかすのこと。

みなさん、くれぐれも「梅が入っていないんですけど」とか言わないように!

 

利根運河近くの森のカフェは、職人たちの秘密基地だった。

そして、オーナーの川鍋さんは今、ツリーハウスを計画中だそうだ。

cafe_nagareyama023.jpg

 

魅力的な人たちに出会い、まるで夢のような時間を過ごせた。

 

cafe_nagareyama024.jpg 

それしても、有機野菜も、こぼれ梅のマフィンも

メエ〜かったなあ!

cafe_nagareyama026.jpg

 

 

 

 

 

2017年07月05日 (水)

長野・奈良井のふるカフェ

ここは、中山道の宿場町として栄えた長野県塩尻市奈良井

cafe_narai001.jpg

古民家好きの僕としては、ここは、まさにパラダイス。

「奈良井千軒」と謳われるだけあって、行けども、行けども

古民家!古民家!古民家!

cafe_narai002.jpgcafe_narai003.jpgcafe_narai004.jpg

(間口が狭く、奥に長い。町家に多い「うなぎの寝床」。)

 

こんな夢のようなまち並みが1キロに渡って続いているのだ。

cafe_narai005.jpg

今回、訪れたのは、築180年!凹(ぼこ)っとしているカフェ。

うん、確かに屋根の位置が周りの建物と比べて凹(へこ)んでいる。

cafe_narai006.jpg

しかもこの古民家は、1階の天井の梁が外まで突き出ていて、

2階が少しせり出している「出梁(だしばり)造り」だ。

cafe_narai007.jpg

店内は、歴史が感じられる古民具がいっぱいで、いい雰囲気。

はじめて来たのに、落ち着くなあ・・・。

cafe_narai008.jpg

マスターの今井さんによると、これらの古民具は家の蔵にあったものだとか。

cafe_narai009.jpg

(マスターの今井昭憲さん)

 

その中でも、最も古いのが、これらの塗り櫛(くし)。

cafe_narai010.jpg

 今井さんの家は、江戸時代から続く塗り櫛問屋だったのだ。

 

この建物が建てられたのは江戸時代。

当時は、木曽の山々で濫伐(らんばつ)が進み、

尾張藩は伐採を制限。

そのため長い木材が手に入りにくくなり、仕方なく低い家が建てられた。

これが、この家が低く、周りと比べて凹(ぼこ)っとしている理由だ。

cafe_narai011.jpg

さて、今回いただいたのは、ぜんざい。

しかも、お椀も小皿も江戸時代のもの。

おいしさだけでなく、器でももてなしてくれた。

cafe_narai012.jpg

こちらは、この古民家をカフェに改修した翁像(おきなぞう)さん。

cafe_narai013.jpg(大工の翁像明さん)

 

じつは、東京から実家に戻って来た今井さんは老朽化した家を新築しようとした。

でも、この地区は重要伝統的建造物群保存地区に選定されていたので、

通りに面した部分を残して後ろだけを新築。そして、残した部分をカフェに。

そのときに力になってくれたのが大工の翁像さんってわけだ。

cafe_narai014.jpg

元々この箱階段は、蔵にあったもの。

それをカフェのメインにしようと今のように設計したそうだ。

 

この元気いっぱいの女性は、ご近所の主婦・瀧澤さん。

奈良井のこれからの名物にしたいと試作した

「トウブキの砂糖菓子」を持って来てくれた。

cafe_narai015.jpg

(店主の今井洋子さん(左)・地元の主婦の瀧澤孝子さん)

 

「トウブキ」とは、このあたりにある大きなフキで、

それを煮て砂糖でコーティングしたそうだ。

cafe_narai016.jpg

独特の苦味と砂糖の食感がマッチして、うん!おいしい。

 

生まれ育った古民家、蔵にあった古民具、畑に生えているトウブキ。

みなさんが当たり前のように近くにあるものを大切にしながら暮らしている。

cafe_narai017.jpgcafe_narai018.jpg

cafe_narai019.jpg

 本当に大切なものって、案外近くにあるんだな。

そして、「家は育っている。その育っている家が家族を育ててくれている」

という翁像さんの言葉も胸にしみたなあ。

 

cafe_narai020.jpg

最後は、みなさんが見送ってくれた。ありがとうございます!

今度来るときは、「トウブキの砂糖菓子」が奈良井の名物になっているかも?