福島放送局の沿革
昭和16年 2月 日本放送協会福島放送局 開局、郡山放送局(現 郡山支局)開局
  12月 仙台支部平臨時中継放送所(現 いわき支局)開局
     
昭和17年 5月 若松臨時放送所開所
     
昭和34年 3月 テレビ放送開始(JOFP-TV)
  12月 原町ラジオ中継所開所
     
昭和35年 11月 教育テレビ放送開始(JOFD-TV)
     
昭和38年 2月 平放送会館(現 いわき支局)運用開始
     
昭和40年 4月 福島放送会館落成
  7月 郡山放送会館運用開始
  9月 総合テレビカラー放送開始
     
昭和41年 3月 教育テレビカラー放送開始
     
昭和46年 12月 総合テレビ全面カラー放送開始
     
昭和51年 4月 総合テレビ県域番組「きょうの福島」(通称640)放送開始
     
昭和59年 8月 総合テレビ音声多重放送開始
     
昭和60年 9月 緊急警報放送開始

 

昭和21年頃 街頭録音(福島市)

昭和21年頃 街頭録音(福島市)

昭和24年頃 とんち教室

昭和24年頃 とんち教室

昭和37年夏季巡回ラジオ体操(川俣町)

昭和37年 夏期巡回ラジオ体操(川俣町)

 

平成元年 8月 衛星放送開始
     
平成3年 3月 教育テレビ音声多重放送開始
     
平成6年 11月 ハイビジョン実用化試験放送開始
     
平成12年 4月 総合テレビ県域番組「ゆうYOUふくしま」放送開始
  12月 BSデジタル放送開始
     
平成13年 4月 午後5時〜7時を福島県域番組に拡充
     
平成14年 4月 「環境キャンペーン」
     
平成17年 9月 福島新放送会館から放送スタート
  12月 地上デジタル放送開始
     
平成18年 2月 福島放送局開局65周年
     
平成21年 3月 福島放送局テレビ放送開始50周年
  4月 総合テレビ「ふくみみ」放送開始
     
平成22年 7月 福島放送局新放送会館開館5周年
     
平成23年 2月 福島放送局開局70周年
  3月 東日本大震災・原発事故発生 緊急報道に取り組む
     
平成25年 4月 ラジオ第1「ふくみみラジオ」放送開始
     
平成28年 4月 ラジオ第1「こでらんに5」放送開始
▲ ページの先頭へ