ふるさとツアーズ4

2021年03月02日 (火)

山ぶどうを町の特産に『石川町』

 

福島民報社と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ4」。

 

きょうは、石川町の「石川山葡萄愛好会」(やまぶどう)の活動をとりあげました。

 

愛好会の皆さんは、耕作放棄地を活用して山ぶどうを育て、

町の特産品にしようと頑張っています。

 

山ぶどうの見た目は、デラウェアなどよりもひと回り小さめ。赤紫色をしています。

 

ポリフェノールや鉄分、ビタミンなど、栄養価も高い果実で

さらに、一次加工後のしぼりかすまで、有効に活用することができる果物です。

 

プロジェクトリーダーの角田信さんによると、

今シーズンは天候不順で、前年と比べると甘味・糖度が低くなったそう。

 

しかし、せっかく得た自然の恵みを最大限に活かそうと、

ジュースやジャム、それから「甘酒」へと形を変えて、商品化したそうです。

 

特に、100パーセント山ぶどうジュースと

県内で生産された甘酒を混ぜた「山ぶどう甘酒」は、

ワインレッドの華やかな見た目が印象的です。

 

飲んだ人からは「麹の味がまろやかになって、飲みやすい」と好評だそうですよ。

 

角田さんは

「山ぶどうの栽培は、自然相手。

思うように上手くいかないことが、かえって面白いです。

 石川町は、寒冷地と温暖地の南と北の境目の地域で、

なんでも栽培できるという立地。

 愛好会メンバーとともに、

県内の皆さんに“石川町の山ぶどう”の存在を広めていきたい」

と話していました。

 

 

<次回の『ふるさとツアーズ4』は…>

 

「南相馬市」をとりあげます。

 

3月9日(火)の福島民報の記事と、

その日の「こでらんに5」でお伝えする予定です。

お楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:42


ページの一番上へ▲