ふるさとツアーズ4

2021年02月09日 (火)

「ありがたい花火」をお手元に『浅川町』 @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する

「ふるさとツアーズ4」

 

きょうは、浅川町。

「小さな花火」の話題でした。

 

「花火の里」として知られる浅川町。

 

皆さんは

「花火大会の翌日に、

河川敷に花火のカラを拾いに行った」ことは

ありますか?

 

その破片は、どんな色をしていたでしょうか?

 

私は「色をつけていない紙袋」のような、

茶色っぽいイメージがありました。

 

浅川町で打ち上げられている

「魔除花火」には、

その殻に「神社の白色のお札」が

張り付けられているものがあるそう。

 

紙が貴重だった時代の名残で、

翌日には、子供たちが

こぞって拾いに行ったといいます。

 

そんな「ありがたい花火」が、

小さくなって、令和の時代に登場!

 

その名も「身に魔除花火」です。

 

ちいさな、という意味で「ミニ」と、

「身に着けてもらえるように」という、

2つの意味が込められています。

 

花火のカラに見立てた、

丸い玉を利用して作ったストラップで、

最も小さいものは、なんと、直径12ミリ!

 

制作にかかわる

浅川町商工会の荒井千賀子さんは、

「12ミリの魔除花火には、

1ミリ幅の古文書の写しを

張り付ける作業があります。

文字が被ってはいけないので、

細かくて、貼る作業が大変!」と、苦労話も。

 

それでも、受け取った人の反応を楽しみに、

頑張って作業に取り組んでいるそうです。

 

コロナ禍のいま、

浅川町の「魔除け花火」は、

パワーを発揮してくれそうです。

 

購入、問い合わせなどは、

浅川町商工会までお願いします。

0247-36-2161

 

~次々回の「ふるさとツアーズ4」は~

DSC00148.JPG

『石川町』を紹介します。

 

・2月16日(火)…三春町

・2月23日(火)…祝日のためお休み

・3月2日(火)…石川町

 

どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:03


ページの一番上へ▲