ふるさとツアーズ3

2020年09月02日 (水)

福島発の「米焼酎ハイボール」、海外へ! @佐藤彩乃

 

福島民報社と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する

「ふるさとツアーズ3」

 

きょうは、

『只見町』で作られている米焼酎「ねっか」を使った

ハイボール『NEKKA HI』が発売された、

という話題をお伝えしました。

 

焼酎やハイボールを製造・販売している会社の代表社員、脇坂斉弘さんに、

電話で詳しく教えてもらいました。

                                                

「ねっか」とは、只見町や南会津町の南郷地区で使われる方言で、

「まったく」、「ぜんぜん」を意味する言葉。

 

たとえば・・・

「大丈夫!」「気にしなくてよい」という方言の

「さすけねぇ」「ねっか」をつければ、

“ねっかさすけねぇー”

=No problem at all(全く心配することはないよ!)という意味に。

 

脇坂さんたちは、このお酒に

「可能性を否定せず、前向きな気持ちでものごとをとらえよう」

という思いを込めたそうです。

 

甘くてフルーティな焼酎で、

もともと県内外にファンが多いお酒ですが、

「海外の方にも飲んでいただきたい」と作ったのが、

今回紹介した“ハイボール”です。

 

日本と海外とで異なる、水の硬度などの研究を重ねたり、

パッケージに工夫を凝らしたりして、納得の逸品ができました。

 

現在、オーストラリアや台湾など、

販売先を広げるために奮闘する脇坂さんたち。

 

日本酒のみならず

「福島発の米焼酎ハイボール」も話題になったら、うれしいですよね。

今後の広がりにも注目していこうと思います。

 

このハイボールは、

県内のスーパーマーケットや酒屋などで買うことができます。

お酒が好きなみなさんは、ぜひ!

 

~次回の市町村は…?~

s-IMG_4792.jpg

「いわき市」です!会津から浜通りにひとっとび!

 

次回、8日(火)の福島民報の記事と

『こでらんに5』での放送を、お楽しみに♪♪

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00


ページの一番上へ▲