ふるさとツアーズ3

2020年08月25日 (火)

食べられるの!「からむし」って『昭和村』

 

福島民報社と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する『ふるさとツアーズ3』。

 

きょうは“からむし”で有名な「昭和村」の話題でした。

 

からむし、と聞くと「織物」のイメージがありますが、

今回紹介したのは、なんと、からむしの葉を「食品」と組み合わせちゃおう!という取り組みです。

 

そもそも、からむしは、カルシウムやビタミン、食物繊維が豊富と知られていながら、繊維を取り出す茎の部分のみを利用し、葉の部分は捨ててしまっていました。

 

「せっかくの栄養成分を、なんとか利用できないか」と始まったのが、食品開発だったそうです。

 

これまで、ラーメンやドレッシング、お茶やスープなど、さまざまな商品が開発されてきましたが、ことしは「からむしうどん」が誕生!

 

からむしの葉を練りこんだ麺は、ほんのりとした緑色。目にも楽しい仕上がりです。

 

開発にあたった昭和村の道の駅スタッフ・齋藤久美子さんは

「葉っぱの青臭さはほとんどありません。いまの時期に、冷たいつけうどんで食べると最高です!」と、おすすめの食べ方を教えてくれました。

 

うどんをはじめ、からむしの加工品は、昭和村の道の駅「からむし織の里しょうわ」で手に入れることができます。

 

隣接するレストランで、からむしを使ったメニューも楽しめます♪

 

詳しいことは、道の駅「からむし織の里しょうわ」までどうぞ。

 

電話:0241(58)1655

 

* * *

 

次回紹介するのは、この町に決まりました。

 

s-IMG_4727.jpg

 

『只見町』です。

 

県内59市町村をめぐるこのコーナーも、次の只見町で「51」番目。少しずつ、ゴールが迫ってきました。次回もお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:17


ページの一番上へ▲