ふるさとツアーズ3

2019年12月04日 (水)

知っていましたか?○○の数字『福島市』

 

福島民報社と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する『ふるさとツアーズ3』。

今回は『福島市』の話題でした。

 

突然ですが、みなさんは、ふだん「食品表示」ってご覧になりますか?

ジュースやお菓子など、加工食品のパッケージの裏側に書いてある

「どんな栄養素がどれくらい含まれているか」がわかる、数値表示のことです。

(引地さん:「ああ!僕もよく見ますよ!」)

 

現在、福島市にある福島学院大学では、

「学生たちが栄養成分の検査をして、県内の中小企業の役に立てよう」とする

プロジェクトが進められています。

 

来年4月1日から、加工食品などへの栄養成分の表示が法律で義務化されます。

エネルギーは何キロカロリー、たんぱく質は何グラム…といった表示なしに

商品を販売することは、原則できなくなるのです。

 

しかし、県内の中小企業の多くは、

検査の大変さや費用などの面から、まだまだ追いついていないのが現状。

 

そこで、大学が持っている技術と知識、学生たちの力をフルに活用して、

中小企業の商品に成分表示をつけるお手伝いをしようというのです。 

 

大学にある栄養成分を正確に分析できる特別な機械を使い、

学生たちは、12月半ばから始まる本格的な検査に向けて

訓練に打ち込んでいるとのこと。

 

ふだん何気なく見ていた食品成分表示。

福島市発の取り組みと学生たちの頑張りが県内に広がっていくと思うと、

誇らしい気持ちになりますね。

 

4月以降、皆さんが手に取った県産商品の成分表示は、

もしかしたら、学生たちの手によってはじき出されたものかもしれません。

 

学生たちの指導にあたる、福島学院大学、食物栄養学科教授の桑田彰さんは

「大学が持っている専門的な機械や知識を、

県内の企業のために活かしていきたい」と話していました。

 

さて、次回紹介する市町村は…

s-IMG_3523.jpg 

『北塩原村』です!次回放送予定は、12月10日(火)です。お楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:42


ページの一番上へ▲