ふるさとツアーズ3

2019年09月25日 (水)

次はいったい、何が出てくるでしょう「川俣町」 @佐藤彩乃

 

毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

今回は、川俣町の話題をお届けしました。

 

古民家「高橋家」を修繕し、

町民が利用できるコミュニティースペースとして再利用しようとしている「高橋家住宅保存会」について、

中心メンバーの木暮典子さんに話を伺いました。

 

(引地さん:「高橋家って、どういう建物なんですか?」)

木暮さんによると、高橋家住宅は江戸時代からある古い民家で、長い敷地の中に建てられています。

元々は商家で、通り庭や中庭があり、20畳程の居間がメインの部屋になっています。

加えて、和室や板の間、中二階の部屋…など、出るわ出るわ、たくさんの部屋。

さらに、離れの座敷や土蔵の3階建ての蔵があることからも、相当広いことが想像できます。

 

もともと、この住宅には、美術の先生をしていた90代の女性が住んでいました。

その女性が生前口にしていた

「この建物を残して、人が集まるような場所にしていければ…」という意思を継いだ木暮さんたちは

「高橋家住宅保存会」を結成。10人ほどで活動しています。

 

片づけをしていく中で、びっくりすることがあると木暮さんは話します。

木暮さん:「歴史ある建物なので、中には“これはなんだろう?”というものがたくさん出てきます。

年配の方に聞いてみたところ、海軍兵が使っていた弁当箱が出てきたこともあったのですよ」

 

それを聴いた引地さんは「すごい!僕も高橋家の人になっていろいろなものを見つけたい!」と大興奮!(笑)

まるで、当時にタイムスリップしたような感覚を覚えそうです。

 

高橋家住宅は、月に一度、一般開放をしています。

来月は、川俣町で44年前から開催されている中南米の民族音楽のお祭り

「コスキン・エン・ハポン2019」のサブ会場として開放されます。

 

10月13日(日)、午前10時から午後5時までで、入場無料です。

詳しいことは、「高橋家住宅保存会」のSNSをご覧ください。

 

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」は、この市町村の話題です。

s-IMG_0924-02.jpg 

『下郷町』です!次回放送予定は、10月1日(火)です。どうぞお楽しみに!

 

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:38


ページの一番上へ▲