ふるさとツアーズ3

2019年04月23日 (火)

地域の人たちと「こころ」通わす場所を『泉崎村』 @佐藤彩乃

 

今月から、毎週火曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ3“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

きょうは「泉崎村」の話題をお伝えしました。

 

白河市の隣にある泉崎村は、

東北自動車道と国道4号線が通り、交通の利便性がよい場所。

毎年、桜の時期には樹齢230年を超える“しだれ桜”をはじめ、

3000本ほどの桜が楽しめます。

 

そんな泉崎村には、季節の野菜や果物、卵の販売を、

地域で暮らす障害者のみなさんと一緒に取り組んでいる施設

「直売・カフェ こころや」があります。

 

きょうは、「こころや」の所長、鈴木寛(すずき・ひろし)さんに伺いました。

「こころや」では、生活を営む上で一番大切な「食」をテーマに、

白河市や矢吹町など、県南地区で作られた

農薬や添加物の少ない農産物、加工品を作ったり、販売したりしています。

鈴木さんイチオシの野菜は「トマト」!冬に入荷する糖度の高いトマトが大人気だそうです。

 

「こころや」には、おいしい商品を提供するほかにも、大事な使命があります。

それは「障害のある人たちが、地域の人たちとふれあって仕事をする機会を作り出す、

社会参加のきっかけを作る」ということです。

 

「こころや」で働いたスタッフが店を卒業し、一般企業に就職しているとのことで、

鈴木さんは、久しぶりに訪ねてきた卒業生が「頑張ってやっている!」という報告を聞くのを

うれしく感じているそうです。

 

鈴木さんは「これからも、日々の生活に欠かせない”食“の大切さを地域の人たちに伝え続け、

それを支えていく仕組みづくりに力を入れたい」と語ってくれました。

 

<農産物直売所「直売・カフェ こころや」>

営業時間:直売所/午前10時~午後6時、カフェ/午前11時~午後2時

定休日:日曜日

アクセス:車の場合は東北自動車道・矢吹ICから10分ほど

     電車の場合は、JR泉崎駅から徒歩で15分ほど

問い合わせ:電話 0248-53-5568

 

そして!次回の「ふるさとツアーズ3」でお届けするのは・・・!じゃじゃーん!

s-IMG_2536.jpg 

【郡山市】の話題です!どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:20:36


ページの一番上へ▲