ふるさとツアーズ3

2018年07月26日 (木)

太鼓が響き渡る日まで!"双葉町" @北村有紗

 

みなさんこんにちは!

毎週木曜日にお届けしている“ふるさとツアーズ2“。

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介しています。

 

きょうは、「双葉町」の人たちを中心に活動している太鼓の団体をご紹介しました。

その名も、「標葉(しねは)せんだん太鼓保存会」。

双葉町や大熊町などの地域が、かつて「標葉郡」と呼ばれていたこと、

双葉町の「町の木」が「せんだん」であることから、保存会の名前をつけたそうです。

 

平成4年から活動を続けている団体で、

いまは、原発事故の影響で、県内外に避難しているメンバーが、

毎月1、2回、小野町の体育館に集まって練習しています。

 

「夏」を表現したオリジナル曲を聴きましたが、疾走感あふれる楽曲!

そんなみなさんの夢は大きく…

2年後の東京オリンピック・パラリンピックに太鼓で関わること!

とっても楽しみになってきました~!!

 

みなさんの演奏は、28日(土)、南相馬市の相馬野馬追の宵祭りで聞くことができます。

そのほか、相馬盆踊りのパレードや、旭公園で開かれるステージでも演奏をするそうですよ♪

 s-IMG_1168.jpg

 「ふるさとツアーズ2」、次回は“只見町”の話題をお届けします!

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:21:24


ページの一番上へ▲