ふるさとツアーズ3

2017年12月19日 (火)

たまねぎの街にしたい!"南相馬市"@北村有紗

 

みなさんこんにちは!

火曜日は、社会学者の開沼博さんとお届けしています。

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ2」。

きょうは、南相馬市の話題です!

 

南相馬市を“たまねぎ”の生産地にしたいと活動している生産農家の豊田雅夫さんに話を伺いました!

東京で経営コンサルタントをしていた豊田さん、去年の秋に南相馬市に移住しました。

 

きっかけは、東日本大震災。

放射性物質を吸収しにくいとされる“たまねぎ”を作ることで、

被災地の農業復興の可能性を見い出そうと始めたそうです。

 

たまねぎ栽培、ほかにこんなメリットもあるんです。

南相馬市での“たまねぎ”の収穫時期は6月・7月~。

たまねぎの一大産地・北海道だと8~9月、本州では4~6月が一般的。

他が収穫をしていない時期に、収穫できるという強みが!

 

「たまねぎといえば、福島県の南相馬市だよね!」といわれる日も近いかも!?

楽しみです!!

 

「ふるさとツアーズ2」、次回は“北塩原村”!

s-IMG_0175.jpg

どうぞお楽しみに♪

投稿者:北村有紗 | 投稿時間:19:44


ページの一番上へ▲