ふるさとツアーズ3

2020年07月15日 (水)

「モトガッコ」を"もっと"多くの人のために『石川町』 @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」

 

きょうは、石川町にある施設

「モトガッコ」の話題をお届けしました。

 

「モトガッコ」は、

旧・石川小学校の校舎を利用してできた施設です。

 

名前の由来は

「“もと”もと、小“学校”だったから」=元・学校=モトガッコ。

公募で選ばれました。

 

すると、施設の名前を聞いた引地さんは…

 

(引地さん:「モトガッコ」の「モト」って、

アルファベットで“MOTTO”って書くのですね…

もしかして「もっと」みんなに来てほしい!

っていう願いが込められているとか…?)

 

引地さん、大正解です◎ 

すばらしい目の付け所でした。

 

去年4月にオープンしました。

公民館・図書館・児童クラブ、イベントが開催できる部屋や、

キッチンスペースや、カフェなどが併設されています。

 

現在は、新型コロナウイルスの影響を受けて、

一部施設に限って、開放する状態が続いています。

 

「モトガッコ」の支援活動を行う

「サポータークラブ」のメンバー・会田泰子さんは、

「地域の皆さんが楽しめる機会を作りたい」と、奮闘しています。

 

「モトガッコ」にある、車が250台入る大きな屋外駐車場を活かして、

町の秋祭りができないか?と考えているところだそうです。

 

いわゆる「3つの密」を避けた

「新しい生活様式」でのイベント開催を模索しています。

 

会田さんは

「私たちは、モトガッコを、

町民のみなさんの生きがいづくりや、

ほっと息抜きできる“居場所”にしたいと思っています。

末永く愛されるように、そして石川町の元気につながるように、

これからも活動してまいります」と話していました。

 

県内の多くの施設が、

「イベントを開きたくても、どうしようか悩む」という状況に

直面していることでしょう。

 

それでも、明るく前を向いている会田さんの声に、

私も励まされた思いがしました。

 

1日も早く「モトガッコ」に、

周辺住民の皆さんの声が響き渡りますように。

 

そして、次回、紹介する市町村は…

s-IMG_4679.jpg

「昭和村」です。

 

8月25日(火)の福島民報の記事と、

その日の「こでらんに5」でお伝えする予定です。

お楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年07月08日 (水)

走ろう!富岡のまち『とみおか復興ロードレース大会』

 

島民報社と協力しながら、

地域で頑張る人を紹介する『ふるさとツアーズ3』。

 

きょうは、『富岡町』でこの秋開催予定

「第4回とみおか復興ロードレース大会」の話題でした。

                                                                                                                                                                       

「とみおか復興ロードレース大会」は、

富岡町の復興を、マラソンを通して感じて

もらおうと始まった大会。

アップダウンのあるコースで、

海沿いの道路や富岡の街中を走ります。

 

これまでの大会には、

富岡町出身で町外に住んでいる方をはじめ

県内外から幅広い世代の方が参加しているそう。

 

遠いところだと、九州は佐賀県から参加される方も!

 

地域の皆さんのおもてなしの心に感動すると同時に

「毎年、景色が変わっている」

「復興はまだまだなのですね」

といった声も聞かれるそうです。

 

地域の魅力を味わってもらうのはもちろんのこと

復興への歩みを県外の方に直接見ていただく機会は

貴重なことだと思います。

 

この大会を主催する、

公益社団法人富岡町さくら文化・スポーツ振興公社の

林優佑さんは

 

「ことしは、新型コロナの影響で開催が危ぶまれましたが、

できる限りの対策をとって開催しようということになりました。

皆様に楽しく安心して参加して頂き、

富岡町の状況を知っていただけるきっかけとなる大会にしていきます。

ご参加お待ちしております」

と呼びかけていました。

 

みなさんの努力が実を結び、無事に開催されて、

多くの人が富岡の地を駆け抜けることができますように!

 

* * *

 

そして、次回紹介する市町村は、こちらです。

 ええと、地図上でいうと…(引地さん探す)

s-IMG_4606.jpg

 

「ここだ!」

 

s-IMG_4607.jpg

 

『石川町』です。

この話題は、次週・14日(火)の福島民報の記事と

この番組でお伝えする予定です。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:37 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年07月01日 (水)

いいの!?そんな大盤振る舞い『喜多方市の山都そば』 @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する

「ふるさとツアーズ3」

 

今回は「喜多方市」の話題をお伝えしました。

喜多方市といえば、言わずと知れたラーメンの街。

けれど、それだけではありません。

 

山都町は「そばどころ」として知られています。

 

きょうは、7月から開かれる

「雪室熟成そばまつり」について、

山都総合支所の五十嵐雅俊さんに伺いました。

 

山都町では、毎年「3大そば祭り」を開催していて、

毎年、大勢の人が山都のそばを味わいに訪れます。

 

前の年の秋に収穫したそばの実を

「雪室」で100日以上保存・熟成させた

「雪室熟成そば」は、ファンが多いそうです。

 

しかし、ことしは、新型コロナウイルスの影響で、

これまでと同じ形で、祭りを開催することが難しい状況。

 

そこで、実行委員会の皆さんが、このお祭りをひと工夫!

「スタンプラリー形式」での開催に踏み切ったのです。

 

さらに、魅力的な(魅力的すぎる!?)特典も!

期間中に、対象の14店舗をすべて回った人に、

抽選で「お食事券」が当たります。

 

ラッキーな1人には、700円分のお食事券が100枚!

しめて70,000円分(おおー!)

 

しかも、お食事券は、地元のみなさん手作りの「木の札」

大きさは名刺くらい。1枚の厚さが1センチあります。

もし、抽選で100枚当たったとなると、

積み上げたら相当な厚みに…!(笑)

 

あまりの太っ腹な特典に、

引地さんは思わず「本当ですか!?」と、

何度も聞き返していました。笑

 

詳しいお問い合わせは、喜多方市・山都総合支所までどうぞ。

電話番号は、0241-38-3831です。

s-IMG_4565.jpg

そして、次回お伝えする市町村は『富岡町』に決定です!

お楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年06月24日 (水)

品種は「ゲキカラ」!?みんなで作る唐辛子『浪江町』

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」。

 

きょうは『浪江町』で、町民参加の「一味唐辛子づくりプロジェクト」の話題をお届けしました。

 

詳しく教えてくれたのは、「一般社団法人まちづくりなみえ」の今野 聡さんです。                                                                                                                                                                            

 

この「唐辛子プロジェクト」には、賛同した70組以上の住民や事業者が参加。

 

町に帰還し住んでいる人を中心に、避難先と町を行き来する人、復興関係で町にいる若い人や外部の人など「復興の力になりたい・町を盛り上げたい」という人たちが、各自の家庭菜園やプランター、畑などで、唐辛子を育てています。

 

ここからが、このプロジェクトのすごいところ!

 

個人で育てた唐辛子を法人に納品し、集めたたくさんの唐辛子を「一味唐辛子にしてしまおう!」というのです。

 

(引地さん:「ええー!?個人の唐辛子が、一味唐辛子に変わるの?」)

 

「町民みんなで作る一味唐辛子」。

 

「ここに、私の家で育てた唐辛子が入っているんだ!」と思うと、なんだかいとおしくなってしまいますね。

 

ちなみに、育てる苗は「ゲキカラ」という種類。名前からして辛そうではありますが、今野さんによると「甘やかして育てると、甘さが増す」ようです。笑

 

きょう現在、高さは50センチ近くに。いま、小さな緑の実がなり始めています。

 

ことしの夏、町にオープンする予定の道の駅に、秋ごろに商品として並べられたら…と計画する今野さん。一日も早く、多くの皆さんの口に入ることを願っています。

 

* * *

 

そして、次におじゃまするのは、こちらです!

 

s-IMG_4515.jpg

 

『喜多方市』です!どうぞお楽しみに。

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:11:22 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年06月17日 (水)

ブルーベリーは「○○○」に食べるべし!?『玉川村』 @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」。

きょうは、「玉川村」の話題をお伝えしました。

 

こでらーの皆さんは

「玉川村のブルーベリー農園で、つみ取り体験ができる」ことを

知っていましたか?

(恥ずかしながら、私は今回、初めて知ったのです…!)

 

ブルーベリーの収穫の時期は、毎年7月が最盛期。

まもなく、本格的なシーズンを迎えます。

 

玉川村観光物産協会の増成育恵さんによると、

いま、木につき始めている実は、色も形もさまざまだそう。

濃い紫色のものだったり、赤みの強いものだったり…。

 

気になる味は、甘味と酸味のバランスがとれているそうです。

増成さんも「見ているだけで楽しい」と話していました。

 

ふだんは、300円でつみ取り体験ができるそうですが、

この夏、新たな企画を立ち上げたそうです。

 

それは「ブルーベリー“貸し切り”つみとり園」!

 

7月4日(土)に1日1組、1時間、

家族や友達と園を貸し切って、つみ取り放題を楽しむ企画です。

 

新型コロナウィルスの感染対策として、

いわゆる「3密」を避ける必要があるなか、

特別感を味わってもらおうという逆転の発想は、お見事ですね~!

 

ブルーベリーの木に囲まれて、

お弁当を広げてピクニックをするのもよし、

写真を撮りまくるもよし!

貴重な体験ができそうです。

 

と、ここで、増成さんが、

農家さん直伝のおいしいブルーベリーの食べ方を

伝授してくださいました。

 

「やはり、ジャムにするのがいちばん」という

答えが返ってくるかと思いきや…!?

 

増成さんの口から出た答えは

「10粒くらい、一気に口に含んで食べる」こと、だったのです!

 

ええー!?そんなにいっぱい、いいのですか!?

(なんだか、悪いことをしている気になっちゃう!笑)

 

増成さんは「ブルーベリーは、

粒によって“甘い”・“酸っぱい”が、はっきり分かれています。

一気に食べることで、

口の中でバランスの良い味わいになりますよ~!」と

教えてくれました。

 

これは知らなかった…!思わず、試してみたくなりました。

 

今回の企画に関して、料金などのお問い合わせ・申し込みは、

玉川村観光物産協会 (電話)080-2834-5993

もしくはホームページまでどうぞ。

 

<次回予告>

次に紹介するのは…こちら!

s-IMG_4467.jpg 

『浪江町』です!浜通りへ向けて、出発進行~♪

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年06月10日 (水)

想像できる?3万粒の「いちご」~大熊町~

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」。

 

久しぶりの放送となった今回は「大熊町」の話題をお届けしました。

 

大川原地区で、いちご栽培に力を入れている皆さんがいます。

 

話を伺ったのは「ネクサスファームおおくま」の徳田辰吾さん。

いちごにかける情熱を語ってくれました。

 

徳田さんらが管理しているのは「1年中収穫できる、太陽光利用型の植物工場」です。

 

一般的に、いちごは、北海道や標高の高い涼しい地域でしか作られません。

 

しかし、この工場では、施設内の環境をコンピュータ制御でコントロール!夏の気温の高い時期でも、いちごが育つ環境をつくり出しているそうです。

 

夏のイチゴは、さっぱりと酸味のある味わいに。一方、冬のイチゴは大きめで、鮮やかな色と香りが特徴です。

 

いまの時期に収穫される量は、毎日400kgから500kg。粒の数でいうと、なんと、2万粒から3万粒!(いったい、いちごジャムの瓶がいくつできるのでしょう…!?)

 

もともと、大熊町は「フルーツの香り漂うロマンの里」として、梨やキウイの出荷が盛んでした。東日本大震災の後、どのような形で農業を復興させるかを考え、いちごの周年栽培にチャレンジすることになったそうです。

 

品質向上の取り組みを続けた結果、ことし(2020年)4月には、国際的に安全管理の評価を得ている農産物だと認められる「グローバルGAPギャップ」認証も取得しました。

 

「原発事故で被害を受けた町でつくる農産物が、世界の基準で認められた」ということで、徳田さんの声から、その嬉しさが伝わってきました。

 

ちなみに、この工場で生産されているのは、主に業務用のいちごだそう。もしかしたら、ケーキなどで、大熊町のいちごを口にしているかもしれませんね。

 

私も、いつか出会える(食べられる)のが楽しみです…♪

 

◆ ◆ ◆

 

次回、紹介するのは、こちら!

 

s-IMG_4398.jpg

 

『玉川村』です。お楽しみに♪

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:29 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年04月29日 (水)

「まめ」いろいろ『鮫川村』

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」 。

 

今回は、「鮫川村」です。

村でとれた豆を使った「豆菓子」が人気、という話題をお届けしました。

 

その豆菓子が、こちら!

 

s-IMG_4340.jpg

 

豆!

 

s-IMG_4360.jpg

 

豆!!

 

s-IMG_4333.jpg

 

豆~~~!!!笑

 

村の農産物直売所「手・まめ・館」で販売されています。

 

ユニークなこの名前は、公募で選ばれてつけたもの。

鮫川の農家の皆さんが「てまひまかけて農作業する」「こまめに丁寧に豆を栽培する」ということから名づけられました。

 

食堂や(新型コロナウイルス感染拡大防止のため、現在はテイクアウトを実施中)直売所があり、さまざまな「豆」製品も販売されています。

 

例えば、豆腐、豆乳、味噌、油揚げ、納豆、大豆とひじきの煮物・きな粉…もう、豆づくし!笑

 

原料となる大豆は、以前から村内で作られていましたが、15~16年前から、新たな特産品を作ろうと、村をあげて豆づくりに取り組むようになったそうです。

 

とれた大豆は、よいものはもちろん、売り物にならなそうなものも「手・まめ・館」で買い取って、田畑の肥料に!余すところなく利用することで、生産者も喜んでいるそうです。

 

地域の農家の皆さんの、生きがいづくりにつながっています。

 

「手・まめ・館」副館長の阿久津健一さんは…

 

「いまは、新型コロナウイルスの影響で、お出かけがしにくいと思う。

「手・まめ・館」のウェブサイトにアクセスすると、豆菓子をはじめ、野菜やみそなどの宅配も承っています。

 

そして、状況が落ち着いたら、ぜひ遊びに来てください!」と話してくれました。

 

詳しいことは、電話番号:0247(49)2556 までお問い合わせください。

 

 

<次回、紹介する市町村は・・・!?>

 

s-IMG_4365.jpg

 

「大熊町」です!引地さん、気持ちだけは、一緒に大熊に出かけましょう!

 

この話題は、再来月・6月9日(火)にお届けする予定です。どうぞお楽しみに!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:09:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年04月22日 (水)

からだに「キク」イモ?? @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、地域の情報や頑張っている人を紹介する

「ふるさとツアーズ3」。

 

きょうは『棚倉町』!

町でよく栽培されている「菊芋」を使った商品が、

町のブランド商品に認定された、という話題をお届けしました。

 

それが…!

s-IMG_4261.jpg

『菊芋チップス』です。

 

菊芋に含まれているのが「イヌリン」という食物繊維。

お通じの改善や、血糖値のコントロールなどに効果があるといわれています。

 

私も、実際にチップスをいただいてみましたが…

s-IMG_4281.jpg 

んん!パリッと、いい音が!

 

s-IMG_4284.jpg

噛めば噛むほど、味わいが深まっていき、ついついもう1枚…笑

 

味は、ゴボウに似ているでしょうか。

菊芋には初挑戦でしたが、おいしくいただけました。

 

こでらーさんからも

「おいしそう!食べてみた~い!」という反応をいただきましたよ。

 

この商品を開発した棚倉町の会社の代表、小田八洲雄さんは

「私も、25年前から、菊芋を育て続けています。

地元の野菜を有効に活用することで、みなさんの健康につなげていきたい」と

意気込みを話してくれました。

 

小田さんは、チップスのほかにも、

ドレッシングやピクルスなどの加工品も開発・製造しているとのこと。

 

これからも、地域の皆さんのために、

たくさんの「菊芋商品」を作り続けていってくださいね。

 

さて、次回、28日(火)に紹介する市町村は…『鮫川村』に決定です!

外に出かけにくい日が続いていますが、「耳で」県内を旅しましょう~♪

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年04月15日 (水)

チューリップ祭りを守る @田中朋樹

 

福島民報社と協力して、

地域で頑張っている人や地域の魅力を紹介している

「ふるさとツアーズ3」。

 

新地町の「チューリップ祭り」について、

新地城址会事務局の加藤春男さんに、電話で話を伺いました。

 

3つの「密」を避ける形で、チューリップ祭りを開催するのは、

20年ほど前にスタートした祭りを絶やしたくない、

新地城跡の景観を守りたいという思いがあるということを、

優しく話してくださいました。

 

IMG_4223-01.jpg

次回の「ふるさとツアーズ3」は、

丹野さん初の抽選により「棚倉町」に決定!

 

離れた位置から見ていた私にも、丹野さんの緊張ぶりが伝わってきて、

ちょっぴり微笑ましかったです。

来週も、どうぞお楽しみに!

投稿者:田中朋樹 | 投稿時間:10:00 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


2020年02月19日 (水)

引地さん 地元トークで 盛り上がる「南会津町」 @佐藤彩乃

 

「福島民報社」と協力しながら、

地域の情報や頑張っている人を紹介する「ふるさとツアーズ3」。

今回は「南会津町」の話題でした。

 

なんと、小学校高学年のとき、南会津に住んでいたという引地さん!

電話で話を伺った、南会津町観光物産協会事務局の五十嵐隆三さんと

「地元トーク」で盛り上がりました。

 

五十嵐さんに詳しく教えてもらったのは、

4月に行われる「南山の桜と歴史めぐりウォーク」についてです。

 

このウォーキング大会は「見て」「歴史を知って」「食べて」楽しむイベント。

南山の桜を見ながら、南会津町を歩いて歴史を学び、

さらには、地域の郷土料理も食べてしまおう!という、盛りだくさんの内容です。

 

4キロ、7キロ、13キロ、17キロのコースに分かれているそうで、

一番人気の4キロコースは、歴史のガイドつきです。

毎年7月に行われる「会津田島祇園祭」の歴史などを学びます。

(30~40人ほどの花嫁が町を練り歩くのが印象的な「七行器行列」で有名ですね)。

 

中には、7月のお祭り当日に「見に来たよ!」と、

再び、町を訪れる人もいるそうです。

 

五十嵐さんは「何度も南会津に来てくれることがうれしい。

魅力いっぱいの町なので、ぜひ足を運んで」と呼びかけていました。

 

ことしの「南山の桜と歴史めぐりウォーク」は、4月25日(土)開催です。

詳しいお問い合わせは、

「南会津町桜ウォーク実行委員会事務局」の南会津町観光物産協会までどうぞ。

電話番号:0241-62―3000

 

さて、次回の「ふるツア」

(こでらんに5のスタッフは、愛称としてこんなふうに呼びます)の話題は、こちら!

s-IMG_3953.jpg 

「須賀川市」です。

引地さん、しばらく続いた会津にお別れです!中通りに向けて、出発~!

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:14:17 | カテゴリ:ふるさとツアーズ3 | 固定リンク


ページの一番上へ▲