2020年03月06日 (金)

みんなでみんなで楽しく、ジャンジャカジャン♪

 

こでらーの皆様、こんにちは!佐藤彩乃です。

 

「笑い」をお届けする金曜日は、たんぽぽの白鳥久美子さんが登場!

 

「こんなお見合いはいやだ!」をお題にお送りした「こでら―大喜利」も、盛り上がりました。

 

そして、部活動やサークル活動に励むみなさんを紹介する『こでらー部』には、一風変わったサークルが登場。

 

郡山市を拠点に活動している「スコップ三味線 さくら組」です。

 

(白鳥さん:「おっ、それ、見たことありますよ~!」)

 

こでら―のみなさんは、見たことありますか?

 

「スコップ三味線」は、土や雪を掘ったり、移動させたりするときに使う「スコップ」を三味線に見立てて、栓抜きでリズムよく叩いて音を奏でます。

 

もともとは、青森の津軽地方で、宴会の余興として親しまれてきました。

 

「さくら組」は、郡山市在住のメンバーを中心に、月に2回、郡山市内の音楽室で活動しています。

 

代表の松坂八州子さんは「手元がずれると、とたんに”騒音“になっちゃう!笑 なので、防音設備をしっかり備えた音楽室で、気兼ねなく、楽しく練習しています」と話していました。

 

中には「スコップ三味線に救われた」というエピソードを持つメンバーもいます。

 

左半身まひになり、寝たきりの状態で入っていた施設に、松坂さんたちがスコップを持って演奏に。

 

そこで聴いた演奏に感激し『スコップ三味線の演奏をしたい』という一心で、徐々に回復し、起き上がれるようになりました。

 

いまでは、タイミングが合えば演奏に参加しているとのこと。一生懸命に演奏に取り組む姿に、その場にいるみんなが元気になるそうです。

 

白鳥さんは「すごいね!スコップ三味線には、人を元気にする力があるのでしょうね

!」と、感慨深げに話していました。

 

「さくら組」のみなさん、これからも元気に演奏を続けていってくださいね!

 

◆ ◆ ◆

 

さて、『こでらんに5』は、来週から大相撲春場所の模様をお送りする予定のため、しばらくおやすみです。

 

次回放送は、今月23日(月)の予定です。

 

いまなお続く、新型コロナウイルスの拡大が心配ですが、番組が再開される頃には、少しでも状況が落ち着いていることを願っています。

 

年度末も迫り、慌ただしい日々が続くでしょう。

 

しっかり手洗い・体調管理をして、ときにはラジオをおともにゆるりと過ごして

 

2週間後、また、元気にお会いしましょう!

 

s-IMG_40841.jpg

 

なりきり「音」さん!(笑)『こでらんに5』でも、ますます応援していきます!

 

 

~♪きょうの音楽♪~

 ・愛を叫べ/嵐

 ・恋心 / 相川七瀬(「ゆいか」さんから、父へのエールソング)

・PRAYING RUN / UVERworld(「暁AKATSUKI」さんから、自分へのエールソング)

・旅人よ~The Longest Journey / 爆風スランプ

投稿者:佐藤彩乃 | 投稿時間:19:43


ページの一番上へ▲